スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

関ヶ原戦記(飛翔篇)

「信長の野望・天道PK」で追加された群雄覇権モードの「関ヶ原決戦」をやってみました。
つい一昔前は戦国時代の決戦といえば「川中島の戦い」でしたが、最近とんと聞かなくなりましたね。
信長の野望シリーズだってその前身は「川中島の戦い」を舞台にした
同人ソフトのFD販売だったりするんですが…まぁ、時代は移ろうものです。

狸と茶坊主

さて、関ヶ原の戦いといえば石田三成率いる西軍(総大将は毛利輝元ですが)と徳川家康率いる東軍とが
1600年10月21日に美濃(現在の岐阜県)あたりで行われた天下分け目の大戦。
ゲームではこのどちらかの勢力を選べるわけですが、史実においては僅か一日で
東軍が西軍を破り、徳川幕府の覇権を位置づけたこともあって、東軍超有利な設定になってます。
まぁ、しかたないね。

勢力を選択する段階では西軍・東軍ともに兵力88,000で、武将数が西軍がやや少ない代わりに
本城の数は西軍3に対し東軍が2なので、ほぼ互角じゃん!と思って選択すると
OPデモでいきなり小早川秀秋ら霧山城の25,000が寝返りするので
人材・国力・技術が揃った徳川軍120,000に対し、寄せ集め集団の西軍60,000で挑む羽目に。
これはひどいゲームですね。
当時の石田三成の絶望感をイヤというほど味わえる秀逸なフォーマットと言えます。
しかし「采配のゆくえ」をクリアした俺に隙はない!

【西軍OPデモ】

三成「な…小早川秀秋殿が、裏切りだと!?」
SAKON「はっ、他にも数名がこれに呼応。霧山城は徳川方の手に落ちました」
三成「馬鹿な…秀秋殿は秀吉様の実の甥。まして一時は養子でもあった御仁ぞ。
それが、家康に手を貸すなど…」
吉継「落ち着いてくだされ、殿。清興殿が嘘を申すとでも?」
三成「そうは思わぬ、思わぬが…」
SAKON「家康に脅された、という噂もありまする。ただ、これが「流れ」にございましょう…。
勝算は、かなり薄くなったと見ます」
吉継「…とは言え…屈するつもりはないのでしょう、殿?」
三成「…勝算は、屈する理由にならぬ。
天下を豊臣家から奪おうとする男に我らが屈さねばならぬ道理などない!」
吉継「…その潔癖さが殿の魅力であり…大きな欠点、にございまするな」
三成「なんとでも言うが良い。たとえこの三成が最後の一兵んあろうと膝を屈するつもりはない」
吉継「…」
三成「いかに保身のためとはいえ理由なきものに従う以上の悪はなく
己が信念を折る以上の不義はない。
秀吉様に恩のある身として…家康を許す理由など、あろうはずがないのだ」
SAKON「…たとえ早春の薄氷が如き勝機でもこの清興が必ずや見つけ出し殿にお見せいたしましょうぞ」
吉継「そのような殿だからこそ、この吉継はこれにありまする。
殿の汚れなき信念に、命を懸けましょう」
三成「…済まぬ」
吉継「ふっ…謝られる理由とて、ありませぬ」

たとえ死んだとてあの世で父祖にこう言える

闘って死んだと

家族を守ろうと死んだと

女房を取り返せ

子を取り返せ

国を取り返せ

己を取り返せ

続きを読む


web拍手 by FC2
スポンサーサイト
時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2011年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。