スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

今週の雁夜おじさん ♯09 グラニア様が見てる

Fate/zeroの真のヒロインであるグラニア姫。
ヒロインが主人公以外のキャラに気のある素振りをみせるだけでビッチ呼ばわりされる昨今
グラニア様を知るということは真のビッチとは何か知る大きな手がかりになるのではないか。
そう思いまとめてみました。
あくまでこれはケルト神話におけるストーリーなので、ZEROの設定は違うかも知れません。ご了承を。

グラニア様が見てる①
グラニア(このひげキメぇ…)

●隣のヒゲ
フィン・マックール。
フィオナ騎士団の団長。つまりディルムッド達の上司。
妻を失って性欲を持て余していたので、息子のオーシンに「なんか若くてピチピチの嫁いねぇ?」と
相談したら「オヤジwwwwエロすぎwww自重しろwっwでも任せてwwww」と言われて
紹介されたのがグラニア様。不幸の歴史はここから始まった。
ケルト神話の中では立派な英雄。
原作小説ではディルを許してたけど、ギリギリのところで嫉妬心に負けた模様。
アニメでは最初からだまし討ちする気満々だったみたい。ひでぇヒゲだ。

●フィオナ騎士団
フィオナ騎士団の活躍が描かれている「ケルト神話」は大きく4つの時代(サイクル)に分かれていて
時系列順に以下のとおり表される。

1.神話サイクル … 神々の物語を扱うサイクル
2.アルスターサイクル … 英雄クー・フーリンの活躍を中心とするサイクル
3.フェニアンサイクル … フィン・マックールと彼の率いるフィアナ騎士団を中心とするサイクル
4.歴史サイクル … 歴代のアイルランドの君主を扱うサイクル
(wikipediaより転載)

フィオナ騎士団は3のフェニアンサイクルに当たり、ケルト神話の大英雄クー・フーリンが活躍した
「赤枝の騎士団」から300年後のお話。
武骨者揃いだった「赤枝の騎士団」から時代に沿って、体系化・組織化されたのがフィオナ騎士団。
赤枝の時代は「強けりゃOK!」的なガテン気質の集団だったけど
フィオナ騎士団の時代は「特技:槍ってwww資格とか持ってないんですかwww」
とか言われて面接で弾かれるエリート集団。

●グラニア様の経緯
コルマック王(冒頭でみんなにスピーチしてた人)の娘。
フィンが若くて聡明で身分の高い嫁を探していてところ
「あ、うちの娘とかどうです?」ってことでほいほい話がまとまった。
多分オヤジは後で公開処刑されてる。

●ディルムッドの出生
父親の名前はドン、母親の名前は不明。
この母親がなかなかのビッチで、ロクという男と不倫して息子がいた。
(つまりディルムッドにとっては異父弟にあたる)
しかしドンさんがそれを知って大激怒。生まれたばかりの義理の息子を猟犬の中に放り込んで殺害。
それを知ったロクさんは息子の死骸から魔のイノシシを作成。
「この恨みはらさでおくべきか…!いずれこの息子から生まれた猪が
お前の息子のディルムッドを殺すだろう!」と予言して去っていった。
よく考えなくても、ディルムッドはとばっちりを受けただけ。てか悪いのはロクさんとビッチ。
ディルムッドは生まれた時からビッチに苦しめられる運命だったんやな…。

グラニア様が見てる②
男を捕まえるコツは、押して押して押しまくる!

●駆け落ち
婚姻して後日。
フィンの息子のオシーンとディルムッドのところにグラニア様が登場。
「もうあんなエロオヤジには耐え切れません!どっちか私を連れて逃げてください!」と
正気とは思えないことを言ってのける。

オシーン「ちょwwwおまwww俺フィンの息子なんだけどwwwムリwww殺されるwっw」

グラニア「そうですか…残念です…(てめぇには最初から聞いてねぇよ)
あー、私を連れて逃げてくれるイケメンな騎士様はいないかしら…(チラッ)

ディルムッド「(ちょww俺かよwww)あ…私もちょっと持病の癪が…
あと両親の面倒を見ないといけないので残念ですが…」

グラニア「そんな…ひどい…」
    → はい
      いいえ

ディルムッド「いやだからムリで…」

グラニア「そんな…ひどい…」
    → はい
      いいえ

オシーン「ちょwwwローラ姫かよwwwムリだから諦めろwww」

グラニア「何度言ってもダメですか…ところでわたくし小耳に挟んだのですが
ディルムッド様ってフィオナ騎士団に入団する時にとても素敵な誓約(ゲッシュ)を誓っただとか。
私に教えてくれませんか?」

ディルムッド「(ようやく諦めたか…)ああ、いいですよ。えーと…なんでしたっけね…
確か…ァァァ!!?」

グラニア「( ̄ー ̄)ニヤリッ  ディルムッド様、はーやーくー♪」

ディルムッド「…えーと…「電源を切るときはリセットボタンを同時に押す」ですけど…」

グラニア「うふふ、ディルムッド様ったら冗談がお上手♪
本当は「婦女子の頼みを断らない」ですよね♪」

ディルムッド(なんでこの女、そんなことまでリサーチしてるんだよ!!!)

オシーン(やばいwwwこの女手ごわすぎるwwwディルムッド諦めろwww)

グラニア「ねぇ、ディルムッド様、騎士として私と駆け落ちしてくださいませんか?」

ディルムッド「……かしこまりました」

グラニア「キャー!やっぱりディルムッド様って素敵だわ~♪」

城内の人間に睡眠薬を盛って、その日の夜に脱走したのであった。
ディルムッド…強く生きろ…。

グラニア様が見てる③
グラニア「ダーリン、捕まえたッチャ♪」
ディル「人生オワタ!」

●逃亡者
新妻と部下が不倫して駆け落ちしたことを知ったフィンは当然大激怒。

フィン「あの腐れチン●がぁぁ!!見つけ次第ブチ殺せぇッ!」

部下「(うわぁ、部下に女寝取られてダセぇ…)かしこまりました!」

追手を差し向けるものの、ディルムッドは元同僚だし、事情も知ってるのであまり戦いたくない。
ディルムッドも当然戦いたくない。
なので、基本的には戦わずに見逃してもらったような形で逃亡に成功。
でもアニメの中では結構ガチで戦っている。ちょっと原作と違う?
まぁ、Zeroのディルムッドだと、例え上のような経緯でもグラニアを守るために元同僚と
命がけで戦ったって方が似合ってるので、こっちのがいい気がする。

グラニア様が見てる④
16年後のグラニア様

●あ、今許されたな…
長い長い逃亡生活の末、ようやく他の団員の執り成しに寄ってフィンと和解が成立し
フィオナ騎士団に戻れることになったディルムッド。
アニメの中だとお互い若いままだから、あまりそんな感じがしないけど
その間16年。福田和子もびっくりの逃亡人生である。
まぁ彼らは神話の住人なので、普通に200年くらい生きるのかも知れない。

聖人君子然としてディルムッドさんもやることはしっかりやってて
グラニア様との間に生まれた子供はなんと4人。
性欲を持て余していたのはこっちだった!!
ディルムッド君も最初は「グラニアに指一本触れないぞ!」と誓っていたけど
ある日道中で川が氾濫していてグラニア様が渡れなかったので、仕方なくおんぶをすることに。
一度触れてしまったが最後、あれよあれよという間に深い仲になってしまったという塩梅。
一件、微笑ましいエピソードに思えるけど、そもそも駆け落ちをした経緯を思い出すと
この川の氾濫さえグラニア様が仕組んだ罠だったんじゃないかと疑いたくなる。

ディルムッドの「喜べグラニア!フィンが俺たちのことを認めてくれたぞ!」の嬉しそうな声を聞くと
始まりは誤りであったかも知れないけど、いつしか二人の間には真実の愛が生まれたのだと信じたい。

●あ、やっぱり許されてなかった
フェンと和解して二人で狩りに出かけたディルムッド。

ディルムッド「団長、あの時はごめんね♪」
フィン「HAHAHAHA、気にするなよボーイ。俺も(16年間も)頭に血が昇っちゃってたZE☆」

昔のことは水に流して、和気藹々と狩りをする二人。
そこに突っ込んでくる一匹の大イノシシ。
これこそが冒頭で出てきた「予言のイノシシ」であった。見事な伏線回収だと思うがどこもおかしくないな。
畑を荒らすイノシシ程度に遅れをとるディルムッドではないけど
こいつはディルムッドを殺すためだけにロクに改造された悪魔もぶっ飛ぶモンスター。
哀れ、ディルムッドは角に貫かれて重症を負う。異父弟に殺されるとか悲しすぎる。

一緒に狩りをしていたフィンは「手に汲んだ水を万能の治療薬に変える」という魔術が使えたので
本当なら助かるところだったんですが、手に水を汲んでディルムッドの前まで来たところで
グラニアを寝取られたことを思い出して怒りで手が震えて水をこぼしてしまう。しかも二度も。
結局、許してないじゃないですか、ヤダーッ!
3回目に来た時には既にディルムッドの息は止まっていたのだった。
あれって間接的とはいえ殺人罪と同様だろ…。

●グラニア・アフターストーリー
愛のない結婚に悲しむ自分を救うために、裏切りの騎士の汚名を背負って出奔したディルムッド。
16年間連れ添った最愛の夫を失ったグラニアは最初は悲しみに暮れるが
哀しみから立ち直った後は孤児院を設立し、戦乱で家族を失った子供たちを引き取り育てた。
そしてディルムッドとの幸せな日々を思い出しながら天寿を全うしたのであった…

…なんていい話で締めならまだ救われたんですけどね。
本当の地獄はこれからだった。

●真グラニア・アフターストーリー
愛のない結婚に悲しむ自分を救うために、裏切りの騎士の汚名を背負って出奔したディルムッド。
16年間連れ添った最愛の夫を失ったグラニアは最初は悲しみに暮れるが
傷心の自分を気遣ってくれたフィンに心を許し、いつしか同情は愛に代わり
フィンのプロポーズを受けて再婚。最愛の夫フィンと共に宮廷で幸せに暮らしたのだった…

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

嘘みたいだろ?


                            やつを追う前に言っておくッ!
                    おれは今、自分の没後のグラニアの様子をちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはフィンの嫁を寝とったと思ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにかフィンに嫁を寝取られていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    尻軽ビッチだとか元鞘だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


結論
ディルムッドは犬死。
お、お前ってやつは…(´;ω;`)

これで「俺は誰も恨んでなどいない。ただ運命の巡り合わせが悪すぎただけなんだ」と言える
ディルムッドはもはや悟りの境地。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。