スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

力と魔法と不条理と その10


□これまでのあらすじ□



オープニング

 ↓

PT結成

 ↓

ソーピガル地下でジャモジさんから手紙を貰う

ジャモジ「この手紙をアガール君に届けてね。報酬?アガ公がくれるよ」

 ↓

エルキューンでアガールに手紙を届ける

アガール「ついでにダスクの町に行ってこいや?。報酬?シラネ」

 ↓

市民のパスポートを盗掘

「ジョースターさん、あなたはお人好しすぎます!」

Lvを上げて「飛行」を習得

 ↓

ダスクに到着

「住民みんな死んでるんですけど?」

 ↓

ドナルド=マクドナルドを発見

「お前ら、ちょっと人捜ししろ」

 ↓

ポートスミスでザムからメッセージを貰う

アルガリーで高橋名人からメッセージを貰う

 ↓

ゴールデンバウム付近でルビーの笛を入手

魔法の砦にて金の鍵を入手

「EXPやるからデューム城いってこい」

 ↓

デューム城で兵士と会話

キルバーン王を発見

「もうダメポ」

 ↓

E-2で宇宙船&ロボットを発見

(;゚ Д゚) …!?

 ↓

ソーピガルで窃盗【黒歴史】

「――――投影、開始」【黒歴史】

 ↓

三島平八に面会

 ↓

オクリムを撃破。"B"QUEEN IDOLを入手

「そんなうまい話があると思うか?おまえのようなやつに」



連作シリーズ「力と魔法と不条理と」第10回です。

このペースでいくと、これを含めて3、4回くらいで完結になりそうです。

web拍手 by FC2
前回、預言者オグ(平仮名なので"予言者"か"預言者"なのか判断し辛いが)の魔力を

取り戻すために、黒のクイーンと真名を奪還した主人公一行。

今回はチェスの片割れ白のクイーンを求めて旅に向かいます。



白のクイーンがあるのはE-4。マップの大部分が湿地帯になっている不毛の地で

モンスターの強さもフィールド屈指です。

白のクイーンが眠っているダンジョン「エルドラド」の入り口は(10.5)

あんまり物見遊山気分でふらふらせずにさっさとダンジョンに入ることをオススメします。

うっかりエルドラド入り口付近をうろうろしてるとこんなものが。





そんな噂は初耳ですが、なんだか冒険者達の間で話題になっていたらしいドラゴンの町。

「やわらか戦車」みたいなものでしょう、きっと。

これまで何度も経験したあのお馴染みの匂い、そう「全滅臭」をそこはかとなく感じます。

濃度で言うと約98M(M=マイト。全滅の危険度を表す単位)

ドラゴンの町、といっても実際に町に入るわけではなく

ドラゴン系の敵が出現するだけのイベントです。

ある程度のレベルに達すると、所詮通常攻撃とブレスしかダメージソースのないドラゴンなど

羽虫以下の存在なんですが、問題はドラゴン軍団の後ろに控えている

アークデビルとデーモンロード。





あばばばばばばばば。

これこそがマイト&マジック中の最凶攻撃「根絶」パンチ。

ゲーム中で4匹しか持ってない稀少属性なんですが、この「根絶」属性の攻撃を食らうと

HPがいくらあっても一撃で灰状態というルール破りの極悪スキル。

しかもこのゲーム、ある程度の強さまで行くと攻撃が確実に命中するので

物理攻撃がきたら根絶確率100%です。回避する方法など一切ないので

ズバリ殺られる前に殺れ、です。



君子危うき近寄らず、というわけでさっさとエルドラドに突入。

エルドラドとは元々、南米に伝わる伝説の黄金郷伝説のことを指します。

モンタナ・ジョーンズでなくとも、どんな財宝が眠っているのかと

動悸が止まらなくなる魅惑のフレーズ。

♪果てしなき浪漫へ誘う? GOLD RUSH!100万$でも時は止まらない、だからいくのさ?

■モンタナ・ジョーンズOP「冒険者たち」【動画】

冒険者たちはマジ名曲。ちなみにモンタナのEDテーマが「エルドラド」だったりする。

がしかし、その実こっちのエルドラドはたいした財宝もイベントもない伽藍堂なので

さっさと最下層B4Fに到達して白のクイーンだけ頂きましょう。





お馴染みのチェッカー柄の壁(どうみても一面紫ですが)があるのでここでSerch。

ようやく白のクイーンを入手です。

これさえとってしまえばもうこんなあばら屋には用はないので

言われなくてもスタコラサッサだぜ。



オグのいるところはD-4にあるオグの島。

D-4といえば、高橋名人のいるアルガリーの町がある場所で、ついでにいうと

ペガサスに騙されて暗殺者の真っ只中に放り込まれ殺害。

死ぬのは貴様だ!とばかりに挑んだら何の脈絡もなく「空のビースト」に変身して

二度殺害された曰く付きの地です。

只の縮緬問屋の隠居だと思ってたら、いきなり「私は水戸のご老公です」とか

言われた悪代官や廻船問屋もこんな気分なんだろうな、と思ってみたりする。

き、聞いてねぇぇぇーっ!!



それはともかく、オグに白黒クイーンを渡すと無事魔力が戻るんですが

オクリムに真名を奪われちゃったから呪文が使えないんです、てへ☆とか抜かします。

だめだ、このジジイ。早く何とかしないと・・・

本来はクイーンを揃えてこのメッセージを出して、再びオクリムのあばら屋を捜索・・・

という流れになってるんでしょうけど、時間のロスなので割愛しました。

名前入力画面になるので「シャイヨル」と入力。





すると「デューム城の中央に捕らわれた王様が助けを待ってるよ」という預言をくれます。

苦労の割にうっすい情報だな、おい。そもそも"預言"でもなんでもねぇー。

このイベントをこなさないと王様を助けられない、といったこともないので

実際の所、10人中9人はこのイベントを無視したままクリアします。

自由度高ッけ?!!



そんなわけで、いよいよ物語も核心に。

囚われの王様を助けにA-1デューム城に突入、と行きたいところですが

その前に偽物の王様に会いに行く必要があります。

今まで3人の王様(ノース・サウス・三島平八)に会ってきましたが

この世界にはもう一人アラマー王という王様がいます。

いかにも宇宙人に捕まりそうなうっかり者の名前ですが、この王様「王の中の王」と呼ばれる

ゲーム中一番の権力者なので、彼の城に入る条件が他に城よりも厳しくなってます。

まず入り口のところでパスワードを入力し、その後城内で面会するには

「市民のパス」とは別に「貴族のパス」が必要になります。

面倒ですが、この面会室は最終奥義「通過」をもってしても抜けられないので

取りに行く必要があります。



そんなわけで、やってきましたA-2。

フィールドマップの外周部ということでエンカウントモンスターもなかなかの強さですが

経験を積んで(バグ技だけど)グレードアップした我々の敵ではありません。

さて、肝心の貴族のパスは(0.15)にいるパルセラという名前のドルイド僧。

何でも彼は昔、アラマー王に使えていた貴族だったそうですが

火の玉が墜ちて以降、人が変わったようになったアラマー王を恐れてこんな辺鄙なところに

隠遁しているそうです。けッ、腰抜けが。





初対面の人間にいきなり「あなたは悪魔に立ち向かう勇気はありますか?」ときたもんだ。

悪魔というなら、ちょっと前に立ち向かって根絶させられたばかりなんですが。

見てませんでした?あの華麗な戦いぶり。知りませんか、そうですか。

嘘でもいいので「YES,I am!」と答えて貴族のパスを貰っとけばいいんですが

このsigenは、完璧なものを直角に曲げて答えを出す!返事はNoだ。





き、聞いてねぇーっ!なにこの超展開。

シドスネッターの奥でガクガクブルブルしてるヘタレメガネといい

ドルイドと名のつく手合いにはロクなやつがいませんね。

低レベルならまず間違いなく全滅確定のドラゴン軍団ですが、お犬様の神通力により

穏やかな心を持ちながら怒りによって覚醒した伝説の戦士へと成長した主人公一行にとっては

赤子の首を捻るより楽勝。あ、間違えた手ね、手。

ドラゴン軍団を殲滅してから再びパルセラに会いに行くと、まったく悪びれることなく

「あなたは悪魔に立ち向かう勇気はありますか?」とぬかしました。

おまえが本物の悪魔だろ。



さて、貴族のパスをせしめたら、いよいよE-3にあるアラマー城。

前述の通り、城の入り口付近にパスワードを入力する箇所(12.6)があるんですが

そのパスワードは入力地点から僅か7歩のポイント(9.3)にいるハレーショという男が

あっさり教えてくれるので、そいつに聞けば簡単にパスできます。

どういう防衛体制をしてるんだこの国は。軍事機密だだ漏れ。



さて、アラマー城に入り込んだわけですが面会以外には特にイベントがないので

さっさと王様の元にいきましょう。





誰が呼んだか知りませんが、王の中の王ことアラマー王。

漂ってくるオーラが他の王様とは一味違います。顔は全く見分けがつきませんが。

出会ってから開口一番「カーメンのクリプト」なるアイテムを探索するクエストを

任じてきますが、これは偽クエスト。そんなアイテムはバーン大陸の

どこを探しても見つかりません。なんとも胡散臭い王様です。

パルセラの言を信じるなら、こいつこそが宇宙人の変装した姿に違いないようです。

とはいえ、それもこれも全て状況証拠。正体を暴くためには確固たる手がかりが必要です。

確固たる証拠・・・例えば本人を探し当てるとか、ですね。



というわけで早速デューム城に向かいたいところですが、もう少しだけ先にやらないと

いけないことがあるので少々お待ちを。

せっかく、なかなか入れないアラマー城に入ったということで城内を見て回ることに。

するとカギのついた部屋の奥で大変なものを見つけてしまいました。





う、美しい少女が拘束具をつけられてとんでもない目に・・・!ゆるさーん!!

お父さんは許しませんよ!俺も混ぜこんな罪のない少女をこんな目に遭わせるとは

アラマー王、てめぇの血は何色だぁーっ!うらやまし

今、お兄さんが助けてやるから待ってるんだぞ。そして将来は二人の子供を作って

スイスに建てた別荘でシベリアンハスキーを飼いつつスローライフを送ろう。

かーッ、ロマンチックが止まらないね!





あ、間違えた。

もう?、この手がいけないんですよ、メッ!

というか、なんでこのゲームはごく自然に「拷問」なんてコマンドが用意されてますか?



この囚人イベントはアラマー城だけでなく、この世界にある6つの城全てにあって

全ての囚人を解放すると、E-1の巨人の秤にて報酬を貰えます。





てっきり、アラマー城での不適切な行為を難詰されるんじゃないかと思い

体中から変な汗を流して巨人の言葉を聞いていましたが、節穴の目に定評のある巨人は

「お前達は、正しい心を持っている」と言ってくれました。

どうやらあの少女は巨人にチクらなかったようです。あの女、俺にホレたな。

そして唐突に自分の恋愛論を語り出す巨人、ウザッ!どこの江原啓之だ、お前は。

合コンとかで酒が入ると、ビールジョッキを指さして「例えばこれも愛なんだよ!」とか

訳の分からないことを言い出すタイプですね。

まぁ、一応このメッセージはあとあとのヒントになります。

ならなかったら只の変人ですしね。



預言者オグの魔力を取り戻し、真のアラマー王の居場所を突き止めた一行。

次回はついにデューム城に向かい、最終局面に突入か?

・・・の前に、次回を使ってもう一つの必須クエストを終わらせます。

というわけで第11回に続く。



□次回予告□

対戦相手 火山の神(VOLCANO GOD)

蒐集対象 キーカード(KEY CARD)

決戦舞台 C-4ヴォルカノ神殿






前回 第9回「"B"QUEEN&Magician」

次回 第11回「オーラの泉」



[ PR ]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。