スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

燃え尽きない流星


2Pカラー?



合言葉は「教えて著作拳!」sigenです。

この辺のカオスさがいかにもニッチ産業って感じでいいですよね。

所詮マイナー稼業はどこまで取り繕ってもマイナー稼業みたいな。

最初からコンシューマ化を想定してヌルく設計してるエロゲなど神が許しても俺が許さん。

そういえばハルヒは一体どこにいったんだろう?

告知だけで一向に続きも出ないようだし、もうこれが第二期でいいよ。



さて、ついにイリア最後の新MAPザルディン地方が公開されました。





致死性の硫黄が地割れから噴出し、灼熱のマグマが火口から溢れ出す。

そして大空をドラゴンが闊歩するこのエリアはまさに人知を越えたエリン最後のザ・ナドゥ。

マンモスやらイエティやらが飛び出す極寒の大地ピシスから門を一つくぐると火山地帯って

この世界の気候分布図は一体どんな愉快なことになっているんだろう。

そういえば、熱帯雨林のクルクレ地方ももピシスの隣だったような。

現実世界で考えるとアマゾンの原生林の隣がシベリア大雪原みたいなものか。

この世界の住人は一つ隣の地方に旅をするだけで命がけですね。



さて、G8「イリアのドラゴン」開幕ということで

しばらくメインクエストのリポートを書いていこうかと思います。

web拍手 by FC2
神が見捨てた大地ザルディン地方探索の拠点になるのはカリダ探検キャンプ。

町や村のような規模の拠点でなく、イリアベースキャンプと同じく

最低限のNPCとテントしかない殺伐とした前線基地です。

武器屋兼道具屋のケルピー青年、ヒーラー兼化石鑑定人のベリタ姐さん。

それと銀行屋を営んでいるアルネンだかアホネンだか、退廃的な雰囲気のヒゲ男。

人が生きていくにはあまりに厳しい気候もそうなんですが、異常進化を遂げた

ミュータントみたいなモンスターがその辺を普通に彷徨いてるデンジャラスゾーンなので

地方全体が殺伐というか世紀末的な雰囲気を醸し出している。

累計1000オーバーの8人PTなら大丈夫だろうと思っていたら、蛮刀を持ったバルログの群れ

20匹に襲われた、それがザルディンクオリティ。

「エリンのヨハネスブルグ」の名は伊達じゃない。





サルディン地方の紅一点ベリタさん、もといベリタ姐さん。

ポリゴンモデルでは雨上がり決死隊の背の低い方みたいなユニークな髪型をしてますが

2Dモデルでは無造作に前髪を掻き分けた妙齢の美女。ブラックディリスって感じですね。

姐さんは元々王立地質学会所属の学者だったんですが、活火山の研究をするため

ここザルディンに派遣されたそうです。(本人談

ザルディンに向かう気球に乗ってる最中に、いきなりワイバーンの群れに襲われて

任地に着く前に死にかけた、とか話していたような気がするので

中央からすれば。ほとんど島流し同然の辞令だったものと思われる。

こんな僻地に島流しされるって、中央で一体どんな不始末をやらかしたんだ、この人は。



本職の化石調査の他にヒーラーの仕事もこなしており、風貌も相まってティルコネイルの

ディリスを彷彿とさせるんですが、男性不信のディリスと違ってこっちの黒い方は

世間擦れしていて男性諸君には抵抗がない様子。

周りにいるのがもやし小僧とアホネンだけなので熟れた肉体を毎晩持て余しているに違いない。



楽しいか?



姐さん、黒すぎ。

全ての男は消耗品ということですね。分かります。

絶対この人サキュバスだってばよ。

ケルピーの目に生気がないのは、絶対この人のせいだよ。

余談ですが、ベリタのテーマソングは結構いい。最後まで聞いてみてください。





ザルディン地方の目玉は、なんと言っても気球による空中戦。

ケルピーが販売している気球セットを使用すると、最大8人まで乗ることの出来る

大型自動式石弓(バリスタ)搭載の大気球で大空を駆けることが可能。

上空には各種ワイバーンが彷徨いており、それを倒すと☆が入るので

所定の数を集めてケルピーに持って行くと豪華賞品と交換して貰えるシステム。

ザルディン地方全体を使ってやるクルクレのイカダと思って貰えば間違いないです。

イカダと違うのは、気球自体にもHPが設定されていて乗員がダメージを受けるごとに

気球HPが減少、0になると墜落してしまうこと。

どうも気球のHP自体は何人で乗っても変わらないっぽいので、乗員が多ければ多いほど

的が増える分すぐに気球HPが減少するみたいです。

8人PTでライトニングワイバーンの雷球とか食らうと清々しい程の勢いで

気球HPがごりごり減っていくので注意。

人員が少ないと火力に不安が残るし、多いと気球が保たないので頭を悩ませるところです。

どうでもいいけど、現実の気球って風向きに逆らって任意の方向に飛ばすことって可能なのか?



さて、久しぶり(2005/12/15以来)にメインストリームの続き

G8「イリアのドラゴン」が始まったということで、久しぶりにエリンに活気が出てきたような。

G3のラストで消息を絶っていたルエリがドラゴンを従えてこの地にいるということで

あいつの噂でチャンバもはーしーるー、タラララン。



話がいきなりぶっ飛んで難ですが

ギルメンの一人がG8ラストバトルまで辿り着いたということで加勢することに。

G8のラスボスはレッドドラゴンの長「クルメナ」

テイルアタック・突進・火炎ブレスはもとより、隕石召還、落雷といった強力なスキルを所持し

G3のラスボス・クロウクルアフを遙かに凌ぎ、イリア巨大フィールドボスにも匹敵する強敵。

前回6人PTでゾンビオンラインを経験があったので、今回は万全を期して

熟練プレイヤーを集めて確実に勝ちたいところですね。



ギルメンの募集に快く応じて、決戦の地レネス島に到着。

大空洞の入り口には募集を掛けた件のギルメンが一人いるだけで、まだ他には誰も来てない様子。

遅刻常習犯の管理人ですが、今回は珍しく他の募集者に先駆けて到着したようです。

早速PTに合流。それじゃ他の募集者が来るのをゆっくり待とうかな・・・

リーダー「そろそろ突入するけど、準備はいい?」





ちょwwおまwww参加者2人だけっすかww

そこはそれ同じギルドの人間関係というのもあるので、やんわりとオブラートに包んで

この人数じゃ厳しいですよ?と忠告してみる。



お前は何を言ってるんだ



ダメだこいつ・・・早く何とかしないと・・・。

それどころか、6人で苦労するところを2人で倒したなら伝説になれるから

むしろ得とか言う始末。どういう理屈だ、それは。

ママー・・・ボク、ポンポンいたい・・・





というわけでやってきましたラストバトル。

久しぶりに専用の音楽が用意されていて好印象。

レナス島にある天然の大空洞が戦闘の舞台で、フィールドはかなり広めで

前述の通りマップ兵器みたいな強力スキルをガンガン使ってくるので

フィールド全体を馬で失踪しながら戦うことになります。

なお、焚き火と鳥による飛行は不可。この二つがあったら回避が簡単過ぎですしね。



ぱっと見た目、G3のクロウクルアフを思い出すんですが、自動戦闘で勝てるあちらと違って

今回は当たり判定が割としっかりしていて、ドラゴンも機敏に動くので

相手の行動に合わせた対応をすることが求められます。

まぁ、それでも力押しで何とかなったりするんですが。

やっぱG1のギブネン戦はすごかったなぁと。女神スクロールを一斉に燃やす瞬間の興奮は異常。





クルメナ最強の奥義メテオストーム。パオト信者的にはMUALA。

上空に隕石を召還し、辺り一帯に流星雨を降らせるという大技。いいですとも!

地面にぶつかると爆風を撒き散らしながら破裂。

直撃はもとより爆風にも当たり判定があり、ダメージは3000。

なんというエターナルフォースブリザード。相手は死ぬ。



ジオン公国のコロニー落とし並みに凶悪な技ですが

上空を見ると隕石が集まっているのが目視できるので、軌道を確かめながら

馬で落下点から離れれば回避することが可能。

一子相伝の暗殺拳シゲン神拳の前では飛来する隕石など止まった岩に過ぎん。

そう考えていた時期が・・・俺にもありました。

空から流星雨が降り注ぐこのタイミングでまさかのペット硬直。

ちょwwwおまwwwアリエナスwww

俺・・・ドラゴンを倒したら結婚するんだ・・・





流星雨の真っ只中でメテオストームの連打を浴びて即死。

あんだけ隕石の直撃を浴びたら原型すら留めてなさそうなものですが

羽さえ使えば原子単位からでも蘇生出来るのがミレシアンクオリティ。

落ち込んだりもするけど私は元気です。



さて、次回からはG8をリポート。

なんか色々と説明不足なメインストリームですが精一杯こじつけてみたいと思います。





[ PR ]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。