スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ルーセントハート一日体験記


ママでも金。sigenです。



ついこの間まで真夏日だなんだと言っていたのに、10月に入った途端に

急に冷え込んでくるわ、日照時間は短くなるわ、すっかり冬模様です。

身も心も冷え込んでくると、唐突に「時空勇伝デビアス」クラスのクソゲがやりたくなるのは

おいらの体内で一体どんな自虐遺伝子が活性化してるんだろうか。

ちなみに前述のゲームは、新品購入時の特典付録がないとクリア不可能という

恐ろしく小学生の懐に優しくないゲームでした。

カセットだけ友人に貸して貰ったんだよ、こんちくしょう。






■イチローがWBC監督問題に辛口言及



NPB必殺のナベツネ主導身内人事発動で、星野就任、日本球界オワタと思いきや

思わぬところから援護射撃が入りました。イチローって・・・面白ッ!



 大切なのは足並みをそろえること。(惨敗の)北京の流れから

 (WBCを)リベンジの場ととらえている空気があるとしたら

 チームが足並みをそろえることなど不可能でしょう


上記発言にはやや婉曲表現が含まれているので敢えて直訳すると



 大切なのはお前等の政治を勝負の世界に持ち込まないこと。

 (星野が)WBCを汚名返上の機会と捉えて監督に居座るなら

 俺たちは参加しませんから。


正論過ぎて吹いた。

言うまでもなくこのイチローの発言は非常に重要。

星野が北京で醜態を晒して尚、WBC監督を打診されるのは、NPB首脳陣受けがいいのもありますが

一番は知名度・それに付随する集客力・スポンサー受けを期待してのこと。

例え、張り子の虎でも客を呼べて利益を引っ張ってくれば正義なのが世の常。

ただ、それもこれもイチローはじめとする「客を呼べる選手」が参加することが前提。

生命線のスポンサーが果たして星野とイチローのどちらを選択するか。

おそらく、横槍が入って星野辞退の流れになるんじゃないかと予想。ワクワク?。




先日18日に蒼月ギルド結成3周年記念ということで、ギルドイベントを開催しました。

ギルド外からも参加者を招待していたようで、ギルド内参加者の倍くらい部外者がいました。

それってギルドイベント的にどうなんだろう。





上のような招待状を出していたかどうかはよく分かりませんが

空手健児先生の勇姿を見たい人はこちらから。







なんで空手先生はこんな他人事みたいな手紙を書くん?

空手先生の満月斬は格ゲー屈指の超性能飛び道具。



前置きとは一切関係なく、巷で噂の「ルーセントハート」を体験プレイしてみました。

web拍手 by FC2


http://lh.gamania.co.jp/index.aspx



ルーセントハートは「ガマニア」自社開発のMMO。

特段興味があったわけでもないんですが、5chティルコネイルの広場付近に吹き溜まってる連中が

揃いも揃って上のゲームに移行しているみたいなので、ちょっと試してみるか、的な。



かるーい気持ちで決めたはいいけど、DLするのに15分。インストールするのに15分。

ユーザー登録するのに10分。システムチェックするのに30分。は、始まらNEEEE!!!

ゲーム開始する前から一仕事終わった気分だ。



1時間程経過して、ようやくゲーム準備が整う。

最初はとりあえずキャラメイキング。

マビみたくぶっ飛んだポリゴンモデルがないので、どう組み合わせても場末のホストみたいな

輪郭の歪んだ美形キャラになるのはガマニアのイヤガラセじゃろうかー。

MMOのキャラメイキングとしては非常にユニークな要素として生年月日の入力欄も存在。

なんだか分からないけど、とりあえず2050年生まれを標榜することにする。

2050年代とかマクロスFの時代じゃん。こんな訳の分からないゲームやってる場合じゃないよ。



さて肝心の命名。

いつものようにHNの「sigen」を使おうかと思いましたが、他ゲーをしてるのを

知り合いに噂とかされると恥ずかしいし、敢えてここは偽名プレイ。





3、4秒ほど熟考した結果、謙虚で有名な伝説のナイトの名前を拝借することにする。

ちなみに「ブロント」「ブロントさん」は使用済みでした。

目指すは当然ナイト。リアルではモンクタイプだけどな。





ワールドにINすると、唐突に今日の星座占い。

なにこれ。これ何て銭天牛プロデュース?

とりあえず今日は恋愛運と仕事運がバッチリらしい。島耕作が聞いたら喜びそうな結果だ。

ちなみに細々と書かれている「今週の運勢解析」ですが・・・。





 今週満月がしし座の学習宮に形成している。

太陽はコミュニケーション宮にいるため、今週人とコミュニケーションを取るとき

新しいシチュエーションが発生する。一方、しし座の応対能力の

技量をテストしながら一方も出来事に学習してください。

しし座の危険回避に上昇するために働き、適時に他人の協力をもらうことができる。

金運の向上なら、ひつじ座と交流して、運をもらってください。

戦闘力の向上なら、さそり座から補足ができる。




何このエキサイト翻訳。やる気あるのガマニア?

『コミュケーションは取る』『しし座の応対能力の技量もテストする』。

“両方”やらなくっちゃあならないってのが“ルーセントハート”の辛いところだな。

覚悟はいいか?オ レ は で き て る。

とりあえず羊座から金をせびろってことだけは分かった。オッケーオッケー。



いきなり火星の荒野みたいなところに飛ばされて何がなんだか分からないんですが

簡単にストーリーを説明すると、この火星みたいなところで主人公サイドと魔物が抗争中。

主人公は元々はスーパーソルジャーだったけど死にそうな目に遭った後、奇跡の復活。

しかし今は力を失って凡人以下になってしまったので、足手まといと言う設定らしい。

「お前の力を隊長が必要としているぞ!」とか言われたので隊長に会いに行くと

「じゃあ、そこの雑魚10匹を倒しとけよ」とすげない言葉。俺の怒りが有頂天。

リアルじゃなくてよかったな。リアルだったらお前もう死んでるぞ。





言われるままにメガザルロックをチクチク殴る主人公。何だこのゲーム。



クエストアイテムの火銀星の鉱石を集めて隊長に持って行くと

次はゲートキーパーに会いに行けと言われる。GKってソニー工作員ですか?





相変わらず何を言ってるかさっぱり分からない。

ゼウスがアカディアの世界を支えてるって何のこっちゃ。

メンズナックルの新しいテンプレかよ。

「ゼウスが俺にもっとアカディアを支えろと囁いている」by GK(age24)





ゲートキーパーに話しかけた後、転送門をくぐると中央都市トリーアに到着。

キタワー!!娑婆の空気うめぇ!

とりあえずぐるっと一週しようと思ったんですが、無駄に街が広い上

地図が異常に見にくいので、どこに何の施設があるのかさっぱり分からない。

2008年のMMOとは思えないぐらい不親切な設計で逆に感動してきた。





ビジュアル志向のゲームの割に、あんまりポリゴンモデルが綺麗じゃないのも気になるな?・・・。

キャラの顔はともかくして、何だそのペラペラの花篭は。造花かよ。



一応一番人のいそうなサーバの1chを選んだんですが、あんまり動いてる人がいなくて意外。

まぁ、マビノギで言うティルコネイルみたいなところですし、ダンバみたいな大都市に

人と物資が既に集中してるのかも知れないですね。





ゴーストタウンみたいな街を徘徊するのも飽きたので、草原に繰り出してみる。

一歩門の外に出ると。緑色の球根やチビウルフといった見た目からファンシーなモンスターが

異常な数で草原を席巻。火星のピンチを救うために人間界に修行しにきた主人公だけど

なんか先に人間界の方が滅ぶんじゃないかという気がしてきた。

それにしてもこの緊張感のないモンスターを見ると、マビってああ見えてかなり

硬派なモンスターデザインだったんだなと思えてくる。





ショッカーに捕まってそのまま脳改造を受けた間抜けな本郷猛みたいな敵もうじゃうじゃ。

うはwwwきめぇwww。



戦闘システムはものすごい基本に忠実なクリックゲー。

というか一回敵にクリックして放っておけば、どちらかが死ぬまで殴り続けるので

うちみたくマビノギが最初のMMOという人間にとっては、ゲームとして成立してるか

どうかもよく分からない親切設計。

MOBの索敵システムもマビノギで言うノンアクティブで、こちらが攻撃するまで

基本的に何もしてこないので、棒立ちしてHP回復したらMOBを殴って

また棒立ちしての繰り返しで、チクチクとレベリング作業。





そんな平和なひとときを過ごしていると、突如後ろから斬りかかられる。

振り向くとそこにはピエロ。こいつは自動索敵機能付きらしく、紳士協定に反して

いきなり凶刃を振るってきやがったわけです。汚いさすがピエロきたない。

とりあえずお前ハイスラでボコるわ。



一見出来る雰囲気を醸し出してるピエロですが被ダメは狼と同じ5とか6とか。

所詮、選ばれしナイトの前ではピエロなど道化に過ぎん。

チクチク殴り合いを続けると、突然ピエロが妙なモーションを・・・

あ、ファイアーボールが飛んできた。



ダメージ20





げー、なんだそりゃー!?

いや今のハメでしょ?俺のシマじゃ今のノーカンだから。



とりあえず、この後レベルを1上げてピエロにリベンジを果たしました。

個人的にはまぁこのゲームでやることはやりきった感じです。

おい、やめろ馬鹿。このゲームは早くも終了ですね。








*1[時空勇伝デビアス]

1987年にナムコが発売したFC用アクションゲーム。

基本的には何の変哲もない横スクロールACTでクソゲー強度は相当高い。

特徴的なのはアドバイザー的役割を果たす「アーロン」コマンドの存在。

ゲーム内の謎がほぼノーヒントなので、手がかりはこのアーロンに伺いを立てて逐一ヒントを聞く必要がある。

しかし、このアーロンの回答は基本的に意味不明の記号で

これを解明するには、新品を購入時に付録で付いてくる「アーロンのお守り」というグッズが必須。

矢印のついた回転する文字盤のような形状になっていて、アーロンコマンドを使った際に出てくる

矢印の向きと記号とを実際に手元の円盤を回転して合わせると、正しい数字が出てくるという寸法。

要するに一種の暗号解読になっているわけである。

普通に数字を一文字言えばいいところを、なんのイヤガラセでアーロン氏がこんな回りくどい答え方をしているかは未だに謎。

ランダムで答えが変わる四択の扉とかあるので、文字盤無しでクリアするには鉄の忍耐力が必須である。




[ PR ]
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。