スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

世界樹のリポート ♯7

「もしオリジナルでありたかったらどこまでも自分に忠実であるように」と
ドストエフスキーは言いましたが

私は私らしさが分からない。
自分らしさが掴めない。

だからもうオリジナルでありたいというおこがましさもいらない。
ピアノを弾く事によって何かを期待したりしない。

エゴや打算や意味や権力などをすべて飛び越えて
ただそこにある音色に魂を感じたいだけです。
(極東学園天国より)

■シュワルツェネッガー主演「コマンドー」リメイクへ


            ヽ、    ヽ     ヽ 、   ヽ
   )ヽ、_,,,..._    ヽ、_,   げえッ───────!!!
   iー-、::_: `、ゝ_,,-  ノ  (    ) 、     )
   ノ::`ー_-_ノ ノ ノ_,-"イ /    ` 、ノ  `i  (   l
,-、 |::::.ヽ _。ヽ:: /_。フ' |ノ   ヽ、      i、   ノ
|6`i/:::. ,,-.―'' /i|.ー-、. |
ヽ ::: i ::    ⌒  : |  <…げ、原作レイプの予感!?
ヽ`l | ::    /ニ`i   /
 `|:. ヽ、   i_,,,、/  /     ,へ___
  ,|:::._ヽ___/   _//`ー--、ニ=--―,
  | ̄ ̄ ̄ ̄||| ̄|    / / / __     ̄ ̄`¬
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ヽ | // /   / 三三三  /

オリジナルが足りないのは市井に生きる個人や音楽業界だけではなくて
ハリウッドもそうらしく、B級映画の金字塔「コマンドー」もリメイクの毒牙に。
あの完璧な作品のどこにリメイクをする余地が。



知らない人のためのコマンドー名言集。
というかもはや本編。
吹き替えは邪道!っていう人は多いけど、この作品だけは吹き替え版がオリジナル。

世界樹の迷宮Ⅲ公式

「世界樹の迷宮 星海の来訪者」だらだらと7回目。
4階層はイベントもないし、一気に終わらせるかな。
web拍手 by FC2
【大体あってるこれまでのあらすじ】
かって(100年前ぐらい)海都アーモロードは隆盛を誇っていましたが
いきなり海の底からクトゥルー軍団が現れてさぁ大変。
仕方ないので、アーモロードの最高相談役の世界樹氏(年齢不詳)にお伺いを立ててみる王様ですが
「その崖っぷちが最高のチャンスなんだぜ!?自分の全ての力を出し切れるんだから!」
と、無責任なことを言ってきたのを真に受けて、徹底抗戦を決意。
クトゥルー軍団は「うしおととら」の白面の者と同じく
人間の恐怖を吸い取って成長する典型的なラスボス体質だったので
どういう原理化さっぱり分かりませんが、アーモロードを二つに分けて
一方を海の底に沈めて「深都」とし、少数精鋭で今もクトゥルーと
戦い続けているのでした。完

そんなわけで、深都側と海都側はかっては身体を一つにしていた比翼連理の
輩でしたが、今は二つに分かれて「フカビト」という共通の敵と戦いながらも
しかし立場の違いから対立し合っているという状況。
海都側は「協力してフカビトを倒しそうぜ!」と鼻息荒いですが
深都側は「封印してるだけで手一杯ですしおすし」と海都の蛮勇に冷ややかなスタンス。
プレイヤーはこの水と油と言っていい両者の間を取り持つ界面活性剤のような立場。
界面活性剤とはつまり石鹸のこと。確かに身をすり減らす仕事だ。

【B12F】
さて、第4階層に続く扉の前にはゲートキーパーという深都側の防衛兵器が配備されています。
ここにきてミッション発動。
海都側は「ゲートキーパー討伐」のミッション発動。
一方、深都側は「ゲートキーパー防衛」とのミッション発動。
ついに決断の時。

01「おい、04!スカしたイケメンといいおんなとどっちがすきだ」
04「きくまでもなかろうよ!」
というわけで荒ぶる魂の導きに従い、海都側ルートを選択。
やってる時は何にも思わなかったけど、協定が受け入れられなかったからといって
いきなり強攻策発動で相手の防衛拠点を叩き潰しにいく海都側が無法者過ぎてヤバい。
冷静に眺めてみると、海都側に一点の理もないね、これ。

ゴンドラ床を越えて、ついにボスの大広間の前に到達。
そこには血まみれになったござるの姿が。

侍さんソロですか^^;

プレイヤーに先んじてゲートキーパーと戦ったものの、逆に深手を負ったらしく
虫の息で力なく笑うクジュラ。
ゲートキーパーは両腕を構えたら気をつけろ、とだけ言い残し崩れ落ちるクジュラ。
クジュラァァァーッ!!
迷惑なんだよ 自分の回りで死なれるのはスゲー迷惑だぜッ! このオレはッ!
俺って奴はいつもそうさ…なくなってから大切なものに気づくんだよな・・・。

後藤圭二は何をしているんだろうか

第三階層ボス「ゲートキーパー」
そういえばこんな名前のアニメがあったなと思いつつ、戦闘開始。
1ターン目にいきなり「天覇の構え」「双覇の構え」を発動し、1ターンチャージ。
もしかしてござるはこの「次のターンで必殺技撃ちますがかまいませんね!?」の構えを見て
「うはwww無防備wwwゲートキーパー殿wwwかたじけのうござるwww」とでも思ったんだろうか…。
深都の技術を集結した防衛兵器という触れ込みですが、全属性が弱点という謎の仕様。
お前のような防衛兵器がいるか!
2ターン目にチャージ攻撃が飛んでくるのは確定的に明らかなので
ファラ子にラインガードさせて、あとは下段ガードで固めた俺に隙はなかった。
そして飛んでくる「天覇活殺」「天地双覇掌」
あっさりバリ子とゾディ子死亡。ヽ(;´Д`)ノ
北斗星の神のこぶしの奥深い意義の日の足が不自由な人は生んで殺しますTUEEEE!!
戦闘開始2ターン目にして既に壊滅状態。

開発者はゲッターロボの見すぎ

慌てふためくPTを尻目に、追撃の分離攻撃で更に混乱は加速した。
やったー!かっこいー!

頭部分と胴体部分に分離して同時攻撃。
頭部分は魔法攻撃主体・魔法攻撃無効で、胴体部分は物理攻撃主体・物理攻撃無効。
どうやら分離時のHPは合体時のHPを半分に割ったものになるらしく
のっけからちょこっとHPが減っている。
とりあえず、こういう場合は一方に集中攻撃して戦力を削ぐのが定石なので
頭部分をターゲットにして、ダークエーテル前陣砲撃で削っていく。
1体でヤバいところが2体になってオワタと思ってましたが、攻撃がショボいので結構余裕がある展開。
絶体絶命の危機と思ったらボーナスステージだったという顔になった。

と思ったら合体キター!ヽ(;´Д`)ノ
合体時は分離時のHPの合計になるらしく半分ほどまで減った状態。
そしてまたもや「双覇の構え」さてここをどう乗り切るか。
前衛・後衛に防御の号令をかけておいて、ファラ子がラインガード。
あとのメンバーは下段ガードで固めたので隙はないはず?

天覇活殺が飛んでくるものの、今度は死亡者0で回避。
即効でPTヒールで回復させて、前陣で削っていくと再び分離モードに。
パターン入った!
つまり3ターンおきに合体・分離を繰り返すわけですね。
聖闘士に同じ技を二度通じない、これはもはや常識。

自爆とか俺のシマじゃノーカンだから

ここまで分かればもう詰みも同然。
頭部分に火力を集中して撃破。
これでもはや合体出来まい!と思ったら「エネルギー暴走」とか言い出す始末。
ゲェー!これは自爆の構え!
次のターンに胴体部分が「臨界点突破」で自爆を敢行。
残HPに依存するのか、下段ガードで耐え切れるダメージだったので辛くも勝利。
ゲートキーパー、貴様は兵器としてはスゴかった…
だが俺にはクジュラという強い味方が最後までついていたのさ。
(アドバイスは役に立たなかったけど)

ゲートキーパーを倒して海都アーモロードに戻るパーティー。
元老院に足を運んでフローディア婆さんにミッション完遂の報告。
快挙の報告を期待して喜びを隠せないフローディアとは裏腹に表情の暗い主人公たち。
確かにゲートキーパーを倒し、深層への道を切り開くことはできた。
しかし、その代わりに俺たちはとてつもない犠牲を払ってしまった。
クジュラはもう笑わない…泣かない…怒らない…
…婆さん、クジュラは…クジュラは…!

「さっきクジュラが帰ってきたけど、あんたらやってくれたそうだね!」


生きてたのかよ!!



*1[恐怖新聞]
73年~76年にかけて連載されたホラー漫画の大家つのだじろうの代表作の一つ。
主人公の鬼形礼はオカルトを一切信じない少年だったが、悪霊ポルターガイストに目をつけられ
未来の事象と霊魂の存在を実証する記事が書かれた「恐怖新聞」を読まされることになる。
ちなみにこの恐怖新聞、書いてあることは事件やら事故やらオカルトやら呪いやら
ネガティブ全開の上に、読むと寿命が100日縮む、とってもありがたくない新聞。
なお、購読は強制的なので、家を締め切っていてもガラス窓を破って投函される。ひでぇ。
2001年には何を血迷ったか、世のタイピングソフトブームに乗っかって「恐怖タイピング新聞」を発売。

※注)タイピングソフトです

丑の刻参りで呪い殺そうと槌を振るう鬼女をタイピングの力で呪い返しするという
全く新しいタイピングソフトが生まれることとなった。誰得。
ちなみに主人公・鬼形礼の声を演じたのは緑川光氏。仕事選べ、グリリバ。
過去にはOVAやゲームも発売されており、その際に鬼形を演じた声優は古谷徹氏(アムロ=レイ)と
堀川りょう氏(コウ=ウラキ)という錚々たるメンバー。
なにこのスーパー鬼形大戦。
スポンサーサイト

tag : ファラ子あいしてる

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

その当時は雨上がりのタケノコの如くキャラクターものタイピングソフトがぽこぽこ出ていて当時バイトで取り扱いしてたときは陳列に頭を悩ませたものだ。
定番のガンダムや北斗の拳、ハローキティやゲーセンにも進出したタイピングオブデッドとかこじつけたとしか思えない頭文字Dとか。
その中でもジャストシステムは我が道を行く如くシンプルイズベストの純粋なタイピング練習ソフトを出していたのは印象深かった。当然ヒットするわけもなく。というかタイピングソフト自体売り上げがさほど良くなかったけど。
恐怖新聞は入荷後全然売れずにどうしたものやらと頭を抱えたり。

No title

恐怖新聞入荷してたのかよ!!!
どうでもいいけど、上の写真はよりによってパッケージ裏に使われていたので
これが一箱あるだけでタイピングコーナーから漂ってくる負のオーラが半端なかった。

タイピングの速さってのは一時期やたらと取り上げられたけど
チャット文化がなくなるにつれて、聞かなくなった気がする。
一時期TODで必死に練習していた身としてはちょっと悲しく思ったり。
時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。