スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

世界樹のリポート ♯8

絶賛ディ・モチベーション中のsigenです。
あれかな、これが五月病ってやつなのかな。
前々エントリの恩田チロがよくなかったのかも知れない。

先日は気分転換にサッカー日本代表の「日本VSイングランド」の親善試合を眺めていました。
野球フリークなので、サッカーはそれほど興味があるわけでもないんですが
野球最高ォォォォッ!!サッカーファァァァァッツ○!!!
というのもなんだか狭量な気がするので、代表戦ぐらいは見ることにしています。

肝心の試合の方は、前半7分にトゥーリオが先制弾を決め、後半27分にトゥーリオが本日二得点目。
更に後半38分には中澤がダメ押しの3点目。
貫禄の3得点で、日本がイングランドに1-2で敗れました。
何を言ってるかわかねーと思うが(ry


     /´ ̄ ̄ ̄`丶-‐z__
    /            ≦、     ちょっと待て…!
   ,'          /ニヽ、ゝ
   |       ,ィ/レ'\_, >``
   |    r=| | ̄=。==~「|        悪いが…
   |    |ニ| | u `二´ U\
   |    ヾ,U    __ノ┌_ \    後半になってもコートは入れ替わらないよな……?
   ,.|    /ヽ /==-┬` ̄
 / \/   ヽ u ⊂ニ.\       ………
'" \   \   `ー┬‐r┘ /
   \   \_/l L_  /      ……念のためだ
      \_ \| |/ |ェェェェ|
       /  |く/|  |
       日本代表

大雨で濡れて最悪のピッチコンディションの中、トゥーリオがグラウンダーで先制点を挙げたまま
前半を超えて、あわや大金星と期待させたところで、後半の27分に同じくトゥーリオが
イングランドの強烈なクロスをクリアしようとして、痛恨のダイビングヘッドオウンゴール。
ちなみにこのゴールはワールドカップで出てたら、大会ベストゴール最右翼になるであろう
完璧な精度のゴール。これが本大会だったなら…いやその前に相手のゴールだったなら…。

更に後半の37分には、同じく相手のクロスをクリアしようとした中澤がオウンゴール。ま た か
ショックの余りに地面に大の字になる中澤だったが、その腕を掴み引き起こしたのは
他でもないイングランドの大エース・ルーニーだった。
涙は流さなかったが無言の詩があった…奇妙な友情があった…。
その時のトゥーリオはしかし

味方がオウンゴールした直後です

この顔である。
トゥーリオ…そんな笑顔されたら惚れてまうやろが。
web拍手 by FC2
さてついに第4階層の海洋神殿にやってきました。
地表→海底→マグマときて、段々地球の中心に近づいてきているといったが
スマン、ありゃ嘘だった。

海底神殿の壁画より

この海底神殿は、かってアーモロードの王族が世界樹と交信するために使っていた施設という設定。
その割には、スイッチで開閉する鉄格子とRPGのお約束のピット(落とし穴)の
複合式のギミックが至る所に仕掛けられていて非常に探索しづらい。
アーモロードの王族は真性のマゾだったんだろうか。


【B13F】
かって世界中と交信するための神聖な場所という設定の海洋神殿。
平たく言えば、人間側の神聖な地のはずなんですが
出てくる敵はフカビトの眷属であるフカなんとかシリーズ。
どう見ても悪魔の巣窟です、本当にありがとうございました。
かっての聖域も今では「魔」によって見る影もなく蹂躙されてしまった、ということでしょうか。

さて、この階のF.O.Eは「解き放たれし凶獣」
名前のとおり、デフォルトでは鉄格子で仕切られた奥にいるドM野郎。
何にもしなければ当然戦闘する必要もないんですが
先に進むためには当然スイッチを押して鉄格子を開けていく必要があるので
結果的には当然戦う必要があるわけで。
移動タイプは追尾型(強)なので、扉で経路を塞がないと基本的にはどこまでも
追跡してくる粘着系F.O.E。

見た目通りの高い攻撃力も厄介ですが、メンドイのはスタン属性の激しい地響き。
発生がかなり早めなので、攻撃を潰されまくる。
チャージ・エーテル圧縮の次のターンで潰されると俺の怒りが有頂天。
がしかし、炎属性が弱点と言うこのゲームにおいては致命的過ぎる弱点を持ってるので
エーテル圧縮業火で秒殺が可能。もうゾディ様一人でいいんじゃないかな。

雑魚MOBの中で厄介なのは巨大ライギョ。
電気ウナギとかシビレエイみたいな「電気魚」と違って実際のライギョは
別に放電したりはしないんですが、この迷宮に出てくるライギョはそんな事情は
おかまいなしに、ネーミング通りにライン攻撃で電気ビームを放ってくるので困る。
巨大ライギョはライギョではない、もっとおぞましい何かだ。
ダメージ設定を1桁間違ってるんじゃないかってぐらいおアホ威力なので
HP満タンからバリ子が即死とか日常茶飯事。バリ子は犠牲になったのだ。

【B14F】
4階層に来たところで、元老院から新しいミッションが発布されました。
「不凋花アマラントスを探せ!」
アマラントスとは迷宮の奥にひっそり咲いている幻の花で、強力な薬効を秘めているらしい。
アーモーロードの主である、グートルーネ様は病弱な身なので
昔から色んな薬を服用し続けて健康を保持していたんですが、いつの間にか耐性が出来てしまったらしく
普通の薬では効き目が無いので、強力な薬効のあるアマラントスを探してきてくれないか
というのが今回のミッションの趣旨らしい。
どう見ても麻薬中毒の暗喩です、本当にありがとうございました。
今までのミッションはというと
「魔魚ナルメルを倒せ」「ゲートキーパーを倒せ」
どちらも階層ボスを倒せと内容だったわけで、今回も簡単なおつかいミッションと見せかけて
結局は4階層のボスを倒さないといけない臭いがぷんぷんだねー。

【B15F】
落とし穴のフロア。
正確に言うと、B15FはB16Fとの複合構造のフロア。
B15Fのピット(↓)とB16Fの上り階段(↑)を活用して、先に進んでいく仕様。
ピットで下の階に落ちた場合、必ず同一座標に落ちるようになっているので
マッピングさえきっちりしていけば、そんなに難解ではないはず。
この辺はフェアでいいですよね。世界樹の迷宮らしい楽しみ方と言える。

やや余談になりますが、RPGにおける落とし穴には大きく分けて二種類あります。
それは支配する者と支配される者下の階層に落ちるタイプ(ワープタイプ)と
その場でダメージを受けるタイプ(ダメージ床タイプ)の二種類と言えます。
Wizユーザーとしては、前者のタイプを「シュート」後者のタイプを「ピット」と呼ぶと
しっくりくるんですが、シュートという言い方は一般的ではない気がするので敢えてピットに。
おそらく、世界一有名なシュートは「Wizardry♯1」のB9F(E8-N2)にあるB10Fに繋がる
通称「4歩でいけるシュート」でしょう。
ちなみにこのシュートで落ちた先はなぜかB10F(N0-E0)である。
さすが名にし負うワードナの地下迷宮。時空のひずみが発生しています。
(フォローすると、シュートは斜め下方向に走るトンネル状のものがあるので
座標のズレはそれが原因である可能性もある)

さて、B15FとB16Fを行ったり来たりしながら先に進み
フロアの中央上部付近の広間にたどり着くと、目的のアマラントスをあっさり発見。
階層ボスを倒して「ならば冒険者らしく…アマラントスは頂いていく!」みたいな展開だとばかり
思っていただけに少々意外というか腰砕けな展開。
摘み取った瞬間に「逃がさん…お前だけは…」みたいなメッセージが出てボス出てくるんじゃ、とも
思ったけどそれもなし。無料でもらっちゃっていいんすか!?
ククク…いいのかよ…!俺が逃げるとなったら…遊びじゃなくなる・・・!
逃げさせてもらうぜ…アリアドネの糸で…!

元老院に届けにいくと、婆さんが出てきたのでアマラントスの花を渡して任務完了。
今回はいつにもまして楽な任務だったと思って外に出ようとしたらそこに
絶賛療養中のグートルーネ様が現れて…

【B16F】
さて、結論から言うとグートルーネの話はなかなか衝撃的のものだった。
この世界の根幹…今回の争いの火種がどこにあるのか。そんな話だった。

予想外のヤンデレ

お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!

アマラントスの花で健康を維持している、というのは半分が本当で半分が嘘。
アマラントスの効果は不死性の維持。彼女は様々な延命処置を施した末に
グートルーネは100年以上も生き続けているというわけだ。ロリババァだと…!?まぁそれはいい。
100年前とはつまり…大異変が起き深海の底から「魔」が蘇り、当時の王が世界樹の導きに従い
海都を二つに分けて海の底に沈めたその日のことであって
グートルーネの言う王とは勿論、深王ことヴィンセントのこと。
ヴィンセントは世界樹に魅入られ、記憶と共に自分との思い出をも失い
今も海の底で孤独に戦っている。自分はただ優しかった兄に会いたい、それだけである。
それがグートルーネの主張らしい。

うーむ。
林先生なら「まさかとは思いますが、この「兄」とは、あなたの想像上の存在に
すぎないのではないでしょうか」と尋ねているとことだ。
そんなに都合よく記憶喪失になんかなるもんだろうか。
そもそもヴィンセントの記憶を奪って世界樹に何の得があるんだろうか。
色々と不可解で、そして怪しい。

まぁとりあえず

ヒストリエは面白すぎてズルい

ヒロイン面して出てきて若作りババアとか絶対に許されざるよ。

さて、尺の都合で一気に道中を端折って第4階層のボスはキリン。
4階層の奥で、ヴィンセントとオリンピアに遭遇して、オリンピアガ召喚した
モンスターなんですが、まぁそんなことは大した問題じゃない。

ゾウさんの方がもっと好きです

ここに来て弱点属性が一切ないボスが登場。
まぁ、前回のゲートキーパーの「全属性弱点」とかがおかしかっただけであって
普通のボスはこんなもんでしょう。
攻撃は主に「報いの炎」「各種縛り攻撃」とこっちの攻撃にカウンターで縛りを付与する「帝王の怒り」
そして「神罰」の4種類。
縛り攻撃系はそれほどダメージが無いんですが、「神罰」は縛りパーツの数にあわせてダメージが
跳ね上がる全体攻撃となってるので、「帝王の怒り」で全員縛りをつけられた直後に
「神罰」が炸裂すると確実に全滅。このコンボを回避するのがまず第一。
そして「報いの炎」はHP残量が少なくなるほどダメージが跳ね上がる蓄積カウンター技。
ゲージが赤くなったところで「報いの炎」を食らうと、一気に壊滅級のダメージを
食らうので注意が必要。発動は5ターンに一度なので、14ターン目又は19ターン目あたりが
正念場になりそう…と延々と書いてきましたが、実際に戦ってみるとかなり弱い。
今回も初見であっさり倒したので特に印象なし。

深都の刺客を打倒して、次は最終階層「白亜の迷宮」
こうしてエントリを書くためにSSを見ていると、ヴィンセントの意外な常識人っぷりと
グートルーネの非常識っぷりに驚かされる。
スポンサーサイト

tag : ファラ子あいしてる

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。