スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

踏みこみ見れば後は極楽



こんなコラを作ってたらいつの間にか連休が過ぎていたsigenです。

僕の連休(やすみ)を守って。



先日のコメント欄で話をしていた「ねんどろいどナオ」が届きました。





見て貰えれば分かると思うんですが、意外とでけェ!!

購入前はてっきり右の人形に毛が生えたくらいの大きさだとばかり思っていたんですが

カタログを見てみると全長10cm。

大体チョコレートのGABA缶くらいの大きさでした。

造形的には他のねんどろいどシリーズと同じく綺麗にデフォルメ処理してあって

不満はないんですが、税込み3,500円のプライスはやや考えざるを得ない。

何より、ナオフィギュアなのにエロくないのはどういうことだ、ゴルァ!!



とまぁ、こんな色気の欠片もない人形ですがカタログを見て貰えば分かるとおり

アタッチメント機能が豊富で、部品が大雑把手軽にパーツを分解できるので

工夫次第ではいろいろな楽しみが出来るかもしれません。

しかし、ツインテールが360度旋回&脱着可能になってるのは

造形師は一体どんな遊び方を想定していたんだろうか。





こういう遊び方ではないのは間違いない。





■連絡■

PCの入れ替え作業をして以来、調子がヤバイです。

マビやってるとポコポコ落ちます。

急にいなくなってる時があるかも知れないですが、ご了承下さい。

ASUSのP5Eと8600GTSのファンレスグラボのどちらかが問題と思われ・・・ていたけど

どうもエアフローとかの問題らしい。

週末マシンのメンテで慌ただしいと思うので、ドラジェクトは来週に延期で。

上の話とは一切関係なく、「モノノ怪」にハマり中。

久しぶりにすごく面白いアニメです。興味があったら前作の「怪 ?Ayakashi?」からどうぞ。
web拍手 by FC2
「史上最強打線」に匹敵…史上最巨額打線の愛称は!?

ストーブリーグも一段落し、2月のキャンプに備えて自主トレのシーズンに入りました。

セ・リーグの大本命はなんと言っても巨人。パワプロで小学生が作った

アレンジチームのような節操のない打線は、早くも歴代最強の冠を付けられています。



自前の戦力の育成を二の次にして、同リーグから大物選手を金で釣ってくる巨人の手法は

今に始まったものでもないし、それを世間が「金で買った優勝」と非難するのも

見飽きた光景なので今更どうこういうつもりはないんですが

個人的に不思議に思うのは、巨人憎しの声の割に移籍した本人への言及が少ないこと。

別にポスティングシステムみたく一番高い金額で入札した球団に必ず入らないと

いけないルールがあるわけではなく、どの球団を選ぶのかはあくまで「当人の自由意志」に

依るはずです。ファンとの距離、球場の設備、チームの雰囲気、監督の采配

フロントの姿勢、チームの戦力、ポジションの確保、そして優勝できるチームか。

チームを選ぶパラメータはいくらでもあります。

それでもなお、FA宣言した選手巨人に入団するわけで。

つまり何が言いたいかと言えば





・・・とまで言いませんが、ええ。

年俸の額が自分に対する評価の基準、と言うのはプロアスリートとしては決して

間違った考えではないですし。ただそれはあくまで基準の一つでしかなく

そして、年俸を一番出したところ=一番評価してくれるところ、とは限らないわけで。

なので個人的にはFAで巨人に来て飼い殺しにされた歴代4番達に対して

可哀想だと思う気持ちは全くないです。自分で選んだ新天地ですしね。

どうでもいいけど「銭闘モード」という言葉を考えた奴は只者ではないと思う。



岡田監督「メチャクチャな球団」倒す

ちなみに阪神タイガースのFA戦績は



94年・・・山沖之彦

98年・・・星野伸之

01年・・・片岡篤志

02年・・・金本知憲

07年・・・新井貴浩



ダイエー/ソフトバンクホークスに並んで堂々2位の5名獲得。

(巨人から出戻った06年の小久保裕紀は数に含めず)

広島東洋牧場の経営力には定評があります。

更に付け加えると、ちゃっかり福留獲得レースにも参加してました。

こんな「お前が言うな」は久しぶりに見た気がする。

ちなみに、我らがヤクルトスワローズのFA戦績は



94年・・・広澤克実(流出:巨人)

97年・・・吉井理人(流出:NYメッツ)

00年・・・川崎憲次郎(流出:中日)

03年・・・高津臣吾(流出:ホワイトソックス)

04年・・・稲葉篤紀(流出:日本ハム)

07年・・・石井一久(流出:西武)



獲得0人、流出6人。差し引き(-6)は13球団ワーストの戦績を誇っています。

なんて慎ましい球団か!他球団はヤクルトの爪の垢を煎じて飲むべき。

ちなみにFAには出てないですが「自由契約」名義で

ペタジーニ・ラミレス・グライシンガーを巨人に引っこ抜かれてます。

巨人の大型補強を非難する権利が一番あるのはヤクルトだと思うんですけどね。

とはいえ、今年の監督はV9ナインの高田繁だからそれはないか。

いやだなぁー、大人の世界って。



落合監督「巨人補強、いいじゃねえか」

そんな世間の喧噪をよそに、昨シーズン優勝チームの器の大きさを見せる落合監督。カコイイ!!

「うちは補強をしなくてもいいと思ったからしなかっただけ」とは流石、落合。

こういうハッタリをかまして監督はなんぼのもんじゃないかと。

現役時代は文句なしの天才バッターだった落合。監督になってこの4シーズンの成績は

優勝2回、2位2回、日本一1回というこれまた文句なしの成績。

名選手にして名伯楽という希有な例です。

落合のこの反骨精神と優れた観察眼とは、決して順風満帆とは言えない人生だからこそ

培われたんだろうなと思う。落合の人生についてはwikipedia参照。非常に面白いです。

ちなみに日本球界初の一億円プレーヤーは87年の落合。

82年・85年・86年の三度に渡り三冠王を獲得し、1:4のトレードで中日に抜かれて

勝ち得た年俸額です。なんという厨性能。

この頃はまだ選手会の力が弱く、年俸の額も会社の言いなりの状態だったので

選手の地位向上の意味も込めて、強行に「年俸は選手の評価」と宣言したのが落合。

これを銭ゲバと呼ぶか正当な主張と呼ぶかは個々の判断ですが

87年と言えばバブル真っ盛り。日本が一番景気の良かった時代に3度三冠王取って

ようやく一億円だったわけです。どんだけ渋チンなんだよ。

あれから20年。この不景気の時代に5年目くらいの若手が2億とか貰ってるのを見ると

そりゃ球団経営も傾くわけだと思います。



オリックス宮内オーナー、優勝争いを期待

就任2年目を迎えるコリンズ政権に関し「いい補強が出来ていると思うし、投手陣に

若手が出てきている。もうビリはないでしょう。優勝争い? 当然、当然」と言った。





オリックスに最下位以外の目があるとは思えないんですが。





■追記■

記事中でスケッチブックの少女がたびたびコラの犠牲になっていますが

これはアフタヌーンで連載している「しおんの王」という漫画。今期アニメ化をしました。





ストーリーを説明すると、主人公は幼少期に両親を殺害されたショックで

失語症になった少女「安岡紫音」。殺害現場には「王将の駒」が残されており

これがただ一つの手掛かりであったが、事件はあえなく迷宮入りする。

それから8年。養父の手ほどきにより女流棋士の道を歩み出した紫音だったが

目の前に過去の事件を知る者が現れたことで、再び8年前の事件と

向き合うことになる、というお話。将棋+ミステリー仕立ての作品ですね。

間違っても上のような台詞を書くキャラではないので安心してください。



上の通り、主人公の紫音は声が出せないので会話は全て筆談です。

そして対局中は必ずセーラー服姿です。

脇を固めるサブヒロインも深窓の令嬢と女装した美少年です。

ライバルはイケメンの若手実業家とその兄貴の若手名人です。

宇宙が何巡してもそんなあざとい棋界が成立するとは思えませんが

しおんワールドではそれが本流です。

ちなみに原作者のかとりまさるとは元女流棋士の林葉直子氏のペンネーム。

元祖「セーラー服の棋士」の林葉女流王将ですね。

現役時代は女流棋界に彗星の如く現れた実力派アイドルとして人気を博しましたが

「インドのサイババに会いに行く」と行って失踪し、帰ってきたのち

中原永世十段との長年にわたる不倫関係をぶちまけ、ヘアヌード写真集を出し

自己破産して実家差し止めを食らった偉人です。

紫音が成長してあんなアバ禁則事項ですになったらどうしようと

視聴者にドキドキ感に演出する見事な仕掛けと言えます。



紫音コラを使うと多少暴言を吐いても許されるような気がしたのでやってみた。







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。