スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ギャザラーsigenの種籾日記(後編)

裏社会に拉致られて、常時アヘ顔になる薬の実験台にされていたので
更新が滞っていました。ごめんなさい。

さてFF14も9/22でついに正式サービスを開始しました。
正式サービス後も初期のメンストーリーぐらいまでは継続したいと言ったが…。
スマン、ありゃウソだった。



異常なまでのレスポンスの悪さに加えて不親切なUIにも辟易しましたが
それにもましてゲーム内のネーミングがやばい。
メインウェポンが”主器”でサブウェポンが”副器”
指輪が装備できる部位が”右食指”ってなに?
なんでクリスタルじゃなくてエーテライトなの?と疑問におもってましたが
どうも中華仕様という噂がちらほら。
そう考えると、ファンタジー世界なのに姓名表記必須という不自然さも納得か。

 日本語版     英語版       日本語版の有るべき姿
 盾備       Guard         ガード
 搦槍       Heavy Thrust     ヘヴィスラスト
 奥儀:早詠    Fastcast      ファストキャスト
 霊銀鉱      Mythril Ore     ミスリル鉱
 主器        Main           メインウェポン
 馬鳥       Chocobo       チョコボ
 溝鼠の粗皮    Rat Pelt      ラットの粗皮     
 獄猟狗の牙    Hellhound Fang   ヘルハウンドの牙
 馬鳥の羽根   Chocobo Feather   チョコボの羽根   
 蛸草のつる   Morbol Vine     モルボルのつる
 透明硝子板   Clear Glass Lens   ガラス板      
 冥鬼の翼    Ahriman Wing    アーリマンの翼
 走王樹の針   Cactuar Needle   サボテンダーの針

日本製だけど中国ユーザーを意識して作っているのか、はたまた
中国の安い下請けに丸投げして、上がってきたブツのローカライズチェック漏れなのか。
そのどちらかはよくわかりませんがFF11の8年間のMMO運営経験とノウハウが
生かされているとは到底思えないインターフェイス全般を見るに
国はともかく安価な外注スタッフが値段相応の仕事をした可能性は高そうです。
(スクウェアはFFシリーズ以外外注のはずだけどオンライン系はどういう棲み分けをしてるんだろうね)

既に国内ユーザー数も頭打ちになって、他運営とパイの奪い合いになってる日本の顧客よりも
海外ユーザーを焦点にするのは経営的に正しいんでしょう。が、チョコボもクリスタルも黒魔道士も
存在しない外国ユーザー向けの作品にFFのナンバリングを冠することが
国内ユーザーにどれだけ失望を与えるのか。そしてそのユーザーが同時にスクエニの他タイトルの
購買層でもあるということをもう少し経営者は考えてもいいような気がしますが。

かなり愚痴っぽい前置きになりましたが、オープニングイベント「碧海の宝」の続きでも一つ。
しかし、ネトゲはオープンβ一番面白いというけど別な意味で確かに面白かったね。

タンブラーは炭酸飲料・乳製品・ジュース不可

そういえば、先日キャンプピアデロックの付近できこりの真似事をしてたら
殺意の波動に目覚めたドーモ君みたいなのを発見。うわ、こえぇ。
マビでいうところのフィールドボスみたいなもんだろうか。
とはいえマビノギのフィールドMOBと一緒で、基本的にはこっちが攻撃するまでは
向こうから攻撃をしてこない、いわゆるノンアクティブタイプ仕様。
しかも通行不可の崖を挟んでいるので、攻撃できまいて。

10日死んでお釣りが来る

なんか唾を飛ばしてきた。 ダメージ3,490
んほぉ!(アヘ顔で

しかしこのゲーム、こっちの攻撃は武器毎の射程範囲内に入らないと攻撃できないのに
向こうの攻撃はレンジ無視の遠隔操作型スタンド仕様なのはどうにかならんだろうか。
一昔前のSFバトルみたいなシュールな光景が繰り広げられて笑えるんですが。
web拍手 by FC2
さて、前回はバラクーダ騎士団への入隊を断られたところまでやりましたが
(そもそもなんで入隊しようとしたかは定かではない)
一旦、冒険者ギルドに戻ると今度は漁師ギルドの”網倉”はどうだと薦められました。
こいつは100%思いつきで提案してるんじゃないかと、今更ながらに思えてきた。
しかし”網倉”とかとてもじゃないけどファンタジー世界の名称じゃないよな。どこの割烹かと思ったよ。

テ ン シ ョ ン あ が っ て き た

早速、漁師ギルドに行って見ると、バラクーダ騎士団のスカした対応とは一転して
コケティッシュな格好をした受付嬢のミコッテが、身をくねらせてお願いしてきました。
これですよ、これ!これが冒険者のあるべき姿ですよ!
しかし、頭に「ン」がついてる名前なんてン・ドゥール以来だ。

ンムリカ:リムサ・ロミンサの南にある、オシュオン灯台に用があるのです。
けど。けど。あの辺りはよく、サハギン族に襲われるのです。

この前も、バラクーダ騎士団と「海蛇の舌」たちが、どかん。ばすん。
でも。でも。どうしても、あの灯台の様子を見に行かねばならないって…。

相当頭の悪そうな受付嬢ですが、管理人的にはむしろアリだな。ミコッテ可愛いよミコッテ!
とか言ってると入り口の方からタルタルが二匹やってきました。

左:ワワラゴ 右:シシプ

”網倉”所属のワワラゴとシシプの両名。
ヒゲの生えたタルタルきめぇwwww

ワワラゴ:おおっ、まだ新米の冒険者クンのようじゃな?
ここは、いつも楽しく賑やか
ルンルンムチムチなる楽園なのぢやが、申し訳ない。
今はちょっと、人が出払っていてなぁ。

楽園は、青い海と青い空あってのこと。
それなのにサハギン族のやつらが、美しい海を汚す。
サハギン族に味方する「海蛇の舌」どもめ。
リムサ・ロミンサ近くの海岸まで姿を現すようになりおって。
南のイシュオン灯台の付近一帯が、荒らされてしまったのぢや。

そういうわけで腕の立つ冒険者をたくさん雇って、灯台に向かってもらった。
だがそのあと、ちょっとした理由から、このシシプちゃんも灯台に向かわなければならなくなってなぁ。
「海蛇の舌」を追い払ってしばらく経つし、オシュオン灯台も、ここらかそんなに遠くないのぢやが。

こいつもこいつで相当頭の悪そうなやつですが、ともかく。
平たく言うと今回の依頼は、ここから南にある”オシュオン灯台”というところに
シシプを護衛してやってくれということらしい。
付近にはサハギン族と、それに協力している”海蛇の舌”という海賊団がいて
ちょっと危険な道中になるらしい。

まぁ、女一人の道中も危険だし、ここは信頼できる冒険者の協力を仰ぎたくなる気持ちは
分からなくもないな。

あんま調子乗ってっと”ヒキ肉”にしちゃうよ ”!?”

と思っていたら、生贄にする気満々だったでござる。
このドチビが…!

準備が整ったら、リムサ・ロミンサの東門にあたる”ゼファー陸門”に集合と言われたので
リムサの中にある銃剣屋「サンダースコール」で武器を購入することに。
鎌でも伐採斧でも麺棒でも、掴めるものはなんでも武器にするミレシアンと違って
FF14の住人は武器を装備しないと投石(ダメージ1固定)でしか攻撃できない貧弱一般人なので
クエスト用に一つ武器を買っておくことにする。
ちなみに屋号を”銃剣屋”といいつつ、普通に斧とか杖とか売っていて、逆に銃は置いてないです。
何がなんだか分からないんだぜ。

伏見の農民百万年無税

タルタルは元来種族特性が魔力特化の非力仕様の上、レベルアップ時のステ振りもINT極振りの
墨タル仕様にしているので、剣だの斧だの物騒な得物を抱えるのも似合わない。
なので今回は槍を選択。
槍の長さは白兵戦の恐怖感を薄れさせるから
三間半槍を持てば農民も武者を殺すとドリフターズで信長が言ってた。

待ち合わせ場所のゼファー陸門にいくとシシプがやってきました。
「冒険者さん、忘れずにきてくれたのね!」とはまたご挨拶だな。 (ビキビキ

リムサの南にあるオシュオン灯台を目指して草原を走る二人。
するとアンクルバイターというデカイ蚊みたいなモンスターが出てきました。きめぇwwww
虫に襲われているのに棒立ちのシシプ。
それじゃまるで“ゴリラ”の“お人形”だぜ・・・ “!?”
すかさず側面に回り、必殺の一撃を賭して槍を構える。

こいつが4匹ぐらい出るだけ

やばい、紫電の槍(ライトニングスピア)だ!

鮮やかな槍さばきでアンクルバイターを一刺し。キャーシゲサーン
「紫電の槍のおかげだ」「助かった、終わったと思ったよ」とオシュオン灯台に向かうのも忘れて
シシプがおれのまわりに集まってきた忘れられてるアンクルバイターがかわいそうだった。

紆余曲折の末、目的地のオシュオン灯台に到着。
が、シシプの様子がおかしい。(道中でも十分に挙動不審だったが)
どうやら待ち人のはずの灯台守がいないらしい。

当惑の表情を浮かべ、付近をうろうろするシシプを放置して付近を探索してみると
倒れている冒険者を何名か発見。…し、死んでる!
どうやら、彼らはワワラガが言っていた「先に出発した腕利きの冒険者たち」らしい。
何か大変なことが起こっているようだが…?

センスがありすぎるアイマスク

すると断崖の下に二人の人影を発見。
何やら今回の事件に関する秘密の相談をしているようだ。めちゃくちゃ大声だけど。
エメリック:いいか、これは海賊同士の取引だ。
海に…いや、空に誓おう。
そちらが協力してくれるならば、戦闘が有利になるようにする。

トラヴァンシェー:当然だ。思ってもみない申し出だからな。

エメリック:ただ、メロドランという奴には気をつけろよ。かなりの腕前のようだ。
戦いを避けたほうが無難だ。必要ない血は流さないでくれ。

トラヴァンシェー;サハギン族には、よく言い含めておこう。

格好いいアイマスクをした方が「百鬼夜行」のエメリック。
もう一人がワワラガの話に出てきた「海蛇の舌」のトラヴァンシェー。
どうやら彼らが今回の事件の首謀者らしい。
しかし、このコントのような流れは「バリカンの旧友が訪ねて来た」を思い出すな。


(名シーンは1:58~ )

するとそこにシシプがいかつい爺さんを登場。
灯台守はがいなかったのは、ちょうど付近の巡回に出かけていたからだったそうな。
よかった、病気の灯台守はいなかったんだね。

これが磁力の力だ

    \やるじゃん/
.       ∧ 
    へ.∧/ |/|∧/|//
 _ |\.\|  .| |../ / ./7/7
 \.\ .\|  |/ / ././ ./|_
 ._|\ \.ヽ ./ / ././ ///
 ヽ\.\ヘΛΛΛ/へ//フ
.\\| ̄ ⌒ - ⌒ ::: ̄7/7
.. \|=(  )=(  )= |/
   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
   |   ト‐=‐ァ'   .::::|
   \  `ニニ´  .:::/
   /`ー‐--‐‐―´´\

(;゚ Д゚) …!?
テイガーさん!第七機関のテイガーさんじゃないか!
マジ、パネっす!

護衛任務も終了したので網倉に帰還。
今回の報酬として20,000G貰えました。うめぇwwwwwwww
こんな楽な仕事で20,000wwww労働厨の方々wwwすいませんwwwww

やっぱり思いつきらしい

さて、網倉の任務も無事終わったことを冒険者ギルドに報告すると今度は
「鍛冶や甲冑作りの腕前があれば食うには困らないから」という意味不明な理由で
今度は甲冑ギルドにいくことになりました。

振り返れば奴がいる

甲冑ギルドに挨拶にいくと、ハ・ナンザ嬢に認められないといけないと言われました。
ハ・ナンザ嬢って誰だろう、と思って店の外に出ると、格好いいゴーグルを着けたエロボディの
ハ・ナンザさんとバラクーダ騎士団長のスタルヒンが密談しているのに”偶然”出くわしました。
スタルヒン:良い出来だな。
シールロック調査には間に合わなかったのが残念だ。

ナンザ:エンジンの調子がわるいんですよ。
「ガーランド・アイアンワークス」の人に手を借りてるんですがね
なかなかうまくいかんもんで。

スタルヒン:こればっかりは仕方ないな。
今回こそは、私も調査につきあいたいと思っていたのだが…。

ナンザ:ところでスタルマンの旦那。
どうして突然、シールロックが海の真中にぽっかり浮きだしてきたかわかりました?

スタルマン:それを今、我々が調査しているんだろうが。
野暮用が多くて、私は現地に向かえん。

ナンザ:ああ、船員になりすまして、客船に乗り込んでいたんですってね。

スタルヒン:客船を装った密輸船だ。
今度こそ、あの野郎を吊るしてやれると見込んで船員を全員、引っ張ったんだが上手くいかん。

ナンザ:その船ですが、本当ですか?
大海蛇が現れたとかなんとか…。

スタルヒン:なんだと?
そんな事実はない、そのようなことは言いふらすな。

ナンザ:す、すいません。

スタルヒン:そこのお前もだ、他言するなよ。大海蛇なぞ、夢物語だ。

ここに来てオープニングイベントと繋がることになるとはね。
どうやらプレイヤーがオープニングムービーで乗っていたのは客船を装った密輸船で
スタルヒンは船員を装って潜り込んでいたようです。
しかし、一緒にPT組んでクラゲと戦ったのに全く覚えられてないってのも切ないねぇ ヽ(´A`)ノ

この直後に、シールロック調査隊かサハギンに襲われたという報告が入り
スタルヒンはどっか行っちゃいました。
こっちもやることがなくなったし、一度冒険者ギルドに戻ることに。

ヒャー!クエ終了だー!

バデロンに報告(甲冑ギルドの件は何を報告したんだろう?)したところで
オープニングイベント「碧海の宝」コンプリート。
いやぁ、長い戦いでした。

こうしてイベントだけ見ると、興味をそそる話の筋をしてるし、伏線もしっかり張っていて
今後の展開が楽しみではあるんですが…。まぁ、今のFF14の諸所の問題が解決した頃に
続きが出来ればいいね~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。