スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

組み立てるまでが遠足です

人間だけが神を持つ、可能性という内なる云々。
可能性の獣こと、sigenです。
UCはマリーダさんの尻が8割で、ディフェンスが2割。
そらあ 批判もあるけどな…そんでええのや
その方が…ガンダムを好きになってくれる。

局地的にリバイバルブームが起こっているのか
月刊ヤンマガで「特攻の拓」のスピンオフ作品が先月から始まりました。
「特攻の拓」といえば、出てくる不良どもがイケメンなのは当たり前として
レーサー並のバイクテクやら、プロ顔負けのカスタムテクを持ってたり
大企業の御曹司だったり、イングヴェイ並みのギターテクを持ってたり
一声掛けるだけで1000人動員できたり、異常にハイスペックなスーパーヤンキー漫画。
不良漫画ってのは、そもそももたざる者のための漫画なんじゃなかろうか…。
逆にチャンピオンで連載している「シュガーレス」を読んでいると、その素朴さに涙が出てくる。
チャンピオンといえば「弱虫ペダル」の御堂筋君が自転車をしてるのは
子供の頃亡くなったお母さんとの約束だったことが唐突に判明。何でやねん。

さて、先日新PCを組み立てました。
今回はIntel6チップシリーズ+SandyBridgeで組んでみました。

548×236×578mm

web拍手 by FC2
5年くらい使ってきたPCケースがさすがにみすぼらしくなってきたので、心機一転新しいケースを購入。
前の「ALTIUM S10」もいいケースでしたが、さすがにがたついてきた。
今回チョイスしたのはAbeeの「AS Enclosuer900」
アルミ+スチールの複合構造で各種に防振・防音対策が施されたフルタワーケース。
サイドパネルはもとより、フロントパネル・トップパネルも取り外し可能という自作に優しいケース。
ネックは重量。普通に20kgとかあるので、マンション床面には余り優しくない。

CPUはIntelの「i-2600k」M/BはGIGABYTEの「GA-P67A-UD7-B3」
本来なら今頃PC市場を席巻していたであろうSandyBridge。
2月頭に起こったIntel6チップシリーズ不具合問題さえなければねぇ・・・。
…まぁ、何はともあれメモリとCPUを据え付けていく。
CPUクーラーは前モデルから引き続きCorsairの「H50」を使用。
前のPCからそのまま使おうと思ってましたが、引き抜いてみると…。

たった1年でこんなに汚くなるもんだ

たった一年でなんかすごいことになってたので、新品を購入。
言葉にすれば2文字だが、人が腐るには十分な時間のようだ(キリッ
Mach Xtreme Technologyの「DDR3-2133」2GB×2。
まぁ4GBあれば十分ですしね。
8GBなんかどうやって消費すればいいのか検討つかえねぇ。

バックパネル+特殊金具で固定するタイプですが
直感的に分かりやすい良質設計。密着度・固定度高し。
LGA1155は未対応ですが、LGA1156の金具で代用できるので問題なし。
ちなみのこのH50Cは後継モデルに「H60」と「H70」が出てますが
H50が一番性能がいいという不具合。
結局ポテトチップスはうすしおが一番美味い、みたいなもんです。

あらかた部品を取り付けたマザーを今度はケースに固定。
毎度毎度思うが、なんでインターフェイスパネルは歪みなく
取り付けることが出来ないのだろう。いやがらせか。
いざ取り付けてみると、ケースの大きさに驚かされる。
ATXマザーなのにmicroにしか見えない。

遠近感がおかしい大きさ

次はグラボの取り付け。
今回チョイスしたのは「SAPPHIRE HD6950」
でかぁぁぁい!説明不要!
最近のハイスペックグラボは2スロ占用が当たり前ですが、まさか横にまで長いとはね。
SATAスロットに接触するんじゃないかとビクビクでしたが、まぁさすがにそんなこともなく。
電源は6pin×2。消費電力が最大200Wとかsyれにならんしょ・・・。
ちなみにアイドル時の音はとっても静か。さすがサファイア製。

ちなみに電源は通常のトップ格納ではなく、下に格納するという珍しい設計。
重いものは下に置くのが基本だし、どこもおかしくないな。

SSDはCrucialの「RealSSD C300」
購入した時は現行最速SSDという触れ込みだったんですが、買った途端に各社から新作SSDが
発売されて、挙句Crucialからも後継モデルの「RealSSD C400」が出るあるさま。
ちなみに、今回のケースは一風変わっていて、プライマリディスク格納用に
防震・防音対策の施された特別な格納スペースが用意されています。
とはいえSSDは元々、発熱も騒音も限りなく0に近いような。意味あるのかこれ。

HDDは今は無き日立製のSATA3.0対応の2GBモデル×2。
そのままだと騒音の原因になるので「SMART DRIVE NEO」に入れて、5インチベイに格納。
このスマド。性能はいいんですがお値段がとっても高い。そして重い。
HDD入れた状態で足に落としたら間違いなく大惨事。
あと、中の配線の格納がちょっとしづらい気がする。うーむ…。
まぁ、以前のモデルは隙間からぴょろっと線をひっぱるタイプだったから
それに比べればはるかにマシなんですが。

さて3.5インチにFDDを入れようと思ったら、M/Bにフロッピードライブ用のピンがねぇ!!
これも時代の流れなんやな・・・悲劇なんやな・・・。
BD/DVDドライブもATA133接続ではなくて、SATA接続に。
もうSATAだけでいいんじゃないかな。

グラボでかすぎwwww

あらたか作業が終わったので、細かいピンやケーブルの接続作業。
なんでCPU補助電源の8pinはこんな接続しにくいところにあるのか。
毎回組むたびに疑問に思ってしまう。
ケースが小さいと地獄のような作業を強いられること請け合い。
フロントパネル用のケーブルを接続しようと思ったところ・・・
POWERLEDケーブルの穴が潰れてピンにさせねぇ!!
…しばらく粘った後、修復不可能ということで諦める。
LEDが光らなくてもPCは動くし。今のがSWでなくて良かったな、SWだったらお前はもう死んでるぞ。

ハードはとりあえず完成したので、ソフトウェアに。
Homepremiam64をインスコして各種設定を進めていく。
PC名は「silver-acute360」

エクスペリエンスインデックスではこんな感じ。

メモリ7.9とかどんなメモリだ

SSD/HDDのR/Wスピードはこんな感じ。

Crucial「RealSSD C300」
日立製SATA3.0対応HDD

SSDの方はカタログスペックに及ばない数値。
えでもまぁ実際はこんなもんですかね、
一方、SATA3.0が2.0の約2倍のスピード。
SATA2.0と値段も同じだし、これは想像以上にお得な規格ですね。

スコアはかなり普通

FF14ベンチマークでの数値。
この画像を見ると涙が止まらないのはなぜだろう。
ヤ・シュトラェ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。