スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

Fate/EXTRAプレイしました

Fate/EXTRAクリアしました。やったーッ。
マゾいマゾいと言われていたキャス狐ノーマルで1週目終了。
想像を絶するマゾさでしたが、キャス狐への愛だけでどうにかゴールに辿りつけました!
…とでも書くと盛り上がるところなんでしょうが、別にそこまでマゾくもなかったです。
無計画に進んだたらあっという間に死ぬけど、メモを取って戦術を練りながら
計画的にダンジョンを攻略していけば確実に攻略できるレベル。
この辺はさすが世界樹の迷宮作った新納さんだけあって絶妙な難易度調整だなと感心です。
”マゾい”けど”理不尽”ではないってことでしょうか。
本当の理不尽ってのは、ポイゾンジャイアントのサプライズアタックブレスみたいなのを
指すんじゃないかと思います。

キャス狐は後半無双出来ると聞かされて育ちましたが、異常な難易度の前半と比べれば
多少はマシというだけで、後半も相変わらずの弱さでした。まぁそこが魅力なんですけどね!
とりあえず1週目終わったので、サーヴァントを変えて補完プレイを開始。
キャス狐に勝るパートナーなどいるはずもないと思いつつ「クリアが楽そうだから」という
身も蓋もない理由で、スカートが透けてる痴女セイバーで2週目プレイ。

セイバー可愛すぎる天使か

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

…すいまセーン… ボクウソついてまーした…
キャスターとか ヘドが出るほど嫌いデース…
ボクの国ではみんな… 赤セイバーしか使いませーん…
水天日光天照八野鎮石…こんな長い名前の石コロいりまセーン…
ボクの国では宝具を使う時は… エリクサー使って童女連発って決まってマース…
駄狐のスキル頼みのチキン戦法も気が滅入りマース…
MP管理? クソくらえでーす…
ボクの国では敵を倒したかったら筋力極振りで天幕連打しマース
あ! あとそこのアナタ!! ひとつだけ推理まちがってマース!!
スキル×6でずっと俺のターンしたとか言ってましたね…
そんな姑息な戦法使いまセーン その代わり
ボクの国ではみんな… 枕元にコイツ(洛陽)が無いと… 安眠できまセーン…
でも日本のコトワザでひとつだけ好きなのありマース…
「勝てぬなら 煮込んでしまえ 狐鍋」
あの駄狐はもちろんおまえらも… ボクの前では狐鍋でーす…


セイバー最高や!キャス狐なんか最初からいらんかったんや!
やはり恥らいのない痴女狐より、恥じらう乙女セイバーだな…今回のでそれが良くわかったよ>>2週目感謝

そんなわけでFate/EXTRAクリア記念で感想をつらつらと。
ネタバレ”しか”ないので、少しでもプレイする予定の人は見ないほうがいいです。



主人公サーヴァントの雰囲気はこんな感じです。
ちなみに桜は今回NPCなー。
web拍手 by FC2


【第一回戦】
間桐慎二&ライダー

セイバーさんのワカメ評

聖杯戦争最初のイケニエ相手はワカメ。
本編に続いてまた噛ませ犬とかどんだけ不憫なワカメですか。
カリバリン砲をぶっ放すいなせな女海賊の正体はスペインの無敵艦隊を破った
ドレイク船長ことフランシス=ドレイク。
まさかの女性化と言いたいところですが、Fateでは稀によくあることなのでまさかでもなんでもない。
秀吉がスク水を穿いて、関羽がメイド服を着る昨今、軍服でビシッと決めたライダー姐さんは
むしろ女性化なのにこれでいいのかと違和感を覚えるレベル。
パジャマパーティーにタキシードで来た時の空気嫁的なそれ。

史実のドレイク船長は、世界でで初めて生きたままの世界一周を成し遂げた英雄…なんですが
一般的な知名度って全くありませんよねぇ~。
まぁ世界一有名な航海者は世界一周どころかインドまでも到達出来ず
やってたことは虐殺と略奪の繰り返しだったので、海賊枠は華のあるドレイク船長になるのも致し方なし。
世界史の授業では、世界一周の達成者としてマゼラン船長の名前が載ってましたが
こっちは本人が途中で死んで、部下の乗組員が引き継いで達成してるので団体戦枠になります。
英霊化したら「戦闘続行:A++」とかになりそうだ。

間桐慎二との関係はヤンキー上がりの肝っ玉母さんとクソガキのそれ。
ワカメがどんな手前勝手な理屈をこねても、大らかにスルーするライダーには
全身からかもしだすエネルギー量がお母さんオーラになって見えそうになる。
ドレイク船長の英霊としての格はかなり高いはずですが、本編ではあんまり強くないのは
個人戦向きではない+マスターがへっぽこで実力が出せなかったからですかね。

最初のボスだけあって、攻撃パターンは少なめで単調な攻撃。
宝具は「黄金の鹿と嵐の夜(ゴールデンワイルドハント)」
ドレイク船長がスペインの無敵艦隊を破ったときの陣形を再現してるらしい。
単純な大ダメージ物理攻撃であるものの、それだけに紙のキャス狐には防ぎ辛い。
キャス狐だとHPフルでガードしても即死だったので、実質発動させたら負けという有様。
いきなり無理ゲーかよ!と壁パンしつつも、宝具は6ターン目確定なので5ターン目に
炎天・氷天をぶつければスタンさせられることに気付き、この脅威の綱渡り戦法の方向で。
しかし、5ターン目ガードがくると詰み。やっぱり無理ゲーじゃないですか、ヤダーッ!
結局宝具をスタンで完封して3回目で撃破。
ワカメは「8歳なのに死ぬなんてありえないだろ!」という名言を残して消滅。
間桐慎二 享年8歳。




セイバーさんのアーチャー評



【第二回戦】
ダン・ブラックモア&アーチャー(緑)

世界でもっとも有名なアーチャーといえば、やはりこの人。
その正体はシャーウッドの森の番人ことロビンフッド。
弓の英霊が満を持して登場・・・と思いきや、このロビンフッドはかのロビンフッドにあらず。
元々、ロビンフッド伝説が史実のロビンフッドの生涯、圧制者に対する人々の怨嗟と願い
ドルイド伝説、そして民間伝承などをごちゃまぜにしたファンタジックなものらしい。
結果としてロビンフッド“の元になった”人物は複数名おり、このアーチャーはその一人という設定。
まぁ、本編でいう偽アサシンと同じ扱いですね。

このアーチャーは史実のそれと違って、圧制者の軍勢を、森に罠を仕掛け、食事に毒を盛り
徹底した奇襲・奇策で退けた、弓よりもトラップの方が得意なレンジャータイプ。
英霊としての格はあまり高くなさそうなんですが、かなりの強敵なのはマスターの強さか。
正真正銘の弓の英霊の登場は与一か為朝か李広あたりを待たないといかんのでしょうか。
どうも与一は今回の聖杯戦争に参加してたみたいだけど。

チュートリアルに毛が生えたレベルだったライダーとはうって変わってかなりの壁ボス。
宝具は「祈りの弓(イー・バウ)」
相手が毒状態の時に発動し、毒のスリップダメージを二倍にするという効果。( ゚д゚)…
内容もしょぼいが、ダメージを受ける前に治療薬で毒を解除すれば
ノーダメージで済むという空前絶後のクソ宝具。
祈りの弓(笑)。森の恵みよ、圧制者への毒となれ(爆)
しかしアーチャーの真に恐ろしいスキルは死にそうになってくると使ってくる「顔のない王」
使用すると「それ以後の攻撃が全て必中」というゲームの根底を覆す壊れスキル。
このスキルで何匹の狐が鍋にされたことか…(´;ω;`)ブワッ

緑茶さんマジかっけーっす!!

奇襲・奇策が本領のアーチャーと、騎士の戦いを厳命するダンとでは
パートナーとしては最悪の相性だったものの、決戦後はダンはアーチャーに自分の理想を
押し付けたことを謝罪し、アーチャーは「俺だって一回くらい騎士様の真似事がしてみたかったのさ」
と嘯いて共に消滅。なんとも男前な二人でした。新納氏一押しらしい。




【第三回戦】
ありす&キャスター(黒)

セイバーさんのキャスター評

こっちにキャスターがいるのに向こうにもキャスターがいるの?と思ったあなた。
今回の聖杯戦争inムーンセルは都合128人のマスターによるトーナメント戦なので
滅茶苦茶重複してます。というかむしろ1クラス20人ぐらいの英霊がいる計算。
作中では主人公の初期サーヴァント3人+トナメ7戦(ルート分岐+2)で12人しか明示されませんが
残る118人のサーヴァントについて想いを馳せてみるのも面白いかも知れません。

さて今回のサーヴァントはキャスター・アリス。不思議の国のアリス・・・ではなく
御伽噺(ナーサリー・ライム)の具現化。
何を言ってるかわからねーと思うが、桃太郎が本の中から飛び出してきたようなもんだと
思ってくれれば6割方合ってると思う。
マスターはありす。サーヴァントはアリス。何を言ってるかわからねー(ry
このマスターとサーヴァントの存在は相当イレギュラーなのでいまいちよく分からないのですが
要するにマスターのありすが「不思議の国のアリス」とかを読んで「こんな友達が実際にいたらいいな~」と
思って生まれたのがアリスというのが乱暴な理解。
しかも実際のマスターのありすは既に死亡していて、実はサイバーゴーストだったというから更に混乱。
まぁ深く考えずにDon't Think. Feel!の精神で行きましょう。
性格は「お兄ちゃん、一緒にあそぼ!」で始まり「お兄ちゃん、死んでくれる?」で終わる典型的なロリ電波。
この辺は幼女は無邪気で残酷でなければならないという、きのこ先生のポリシーなんでしょうかね。

初見で倒したので気付かなかったけど、戦法は完全パターン制。
戦闘経験のない少女+サイバーゴーストなのでロボットみたいな動きってところか。
魔法攻撃中心なのでキャス狐からすると楽な相手だと思っていたけど、セイバーだと更に楽だったので
相性関係なく弱いボスだったらしい。HPもあんまり高くないので倒しやすい相手。
宝具は「永久機関・少女帝国(クイーンズ・グラスゲーム)」
文字通り、HPが少なくなると完全回復して最初のパターンに戻るという反則宝具…のはずなんですが
2週とも発動させず勝ったので、ただのロリ電波のまま生涯を終える。
最後は「ごめんね、アリス×2」と呟きながら消滅。ワカメ(8)とどっちが年上なんだろう…。

白ありす(マスター)&黒アリス(サーヴァント)



4回戦の前にルート分岐が入り、遠坂凛とオリキャラのラニのどっちかを選ぶことになります。
二人が対戦してるのを眺める → 敗色の濃いラニが自爆しそう → どっちも巻き込みそうだ、という展開。
やったねタエちゃん、手強いライバルが二人も減るよ!と思っていたら

→ラニを助ける
 凛を助ける

の謎選択肢が出現。二者択一かよ!?
てか両方助けないって選択肢が普通じゃね?
そんなこんなで友達どころか、ロクに会話もしたことすらない彼女らを
貴重な令呪を2つも使って救出するイケメン過ぎる主人公。ウワー、イイハナシダナー。( ゚д゚)
まぁゲームだから、仲間になった女の子は主人公にベタボレして役にたってくれるんですがね。( ゚д゚)
ラニを救出すると4回戦がバーサーカー、6回戦がランサー(&凛)
凛を救出すると4回戦がランサー、6回戦がバーサーカー(&ラニ)になります。
露骨な周回プレイ仕様…いやらしい…。

8分のツンと2分のデレ

ヤキモチを焼いちゃうセイバー可愛過ぎる女神か。



【第四回戦A】
ガトー&バーサーカー(白)

アルクェイド式格好いいポーズ!

白のタートルネックと紫のロングスカートという壊滅的なファッションセンスの
金髪美女といえば、その正体は当然、月の真祖ことアルクェイド=ブリュンスタッド。
本来なら100の英霊を一蹴するほどの規格外ユニットのはずなんですが
クラスがバーサーカーのため本来の技能が使えず
マスターとの相性が最悪のため、極限まで全能力が落ちているという設定。
型月ユーザーのためにアルクを出したい、しかしアルクの格を下げるわけにはいかない、という
開発者の苦悩が透けて見えるようです。
しかし、聖杯戦争の中でバーサーカーって完全にハンディキャップ用クラスだよな・・・。
4次聖杯戦争のバーサーカーみたいなチートじゃないとムリゲクラス。

さすがにRPGでスキルや宝具が使えないと華がないからか、このゲームのバーサーカー共はは普通に
必殺技を連発してきますが、代わりに6ターン中で2ターンWAIT(無行動)という
致命的なハンディを抱えています。
でもアルクの攻撃力は破壊力ばつ牛ンなので2、3発で軽く死亡。
例え2ターンのハンディがあっても「どのターンか分からなければ不用意に動けない」のが
このゲームの恐ろしいところ。

宝具は「ブルート・ディ・シヴェスタァ」
原作は途中までしかやってないので意味はよく分からないけど、当たると痛いのだけは分かった。
ラニルートはキャス狐でプレイ。安心と信頼の紙装甲なので直撃すると即死なのはお約束。
しかし新スキル「呪層・黒天洞」で防げばMP100美味しいです。
相手のターンを炎天・氷天で潰しつつ、吸精で殴りつつMPを吸収し
宝具・スキルは黒天洞でシャッタアウトという黄金パターンを確立。
うまくはまれば相手を封殺することが可能。

スキル×6で封殺

キャス狐「そこでアルクェイド!きさまが何秒動けようと関係のない処刑を思いついた……」
アルク「あの野郎ッ!!なんてこと考えやがるッ!!!」


ガトーさん…

戦いが終わると、正気に戻ったアルクさんは
消滅するマスターを尻目に笑顔で会場から外に出てしまったのでした。
ガトーさんカワイソス…。




【第四回戦B】
ランルーくん&ランサー(黒)

マジキチコンビ

凛ルートで出てくるのはピエロのランルーと血染めの黒鎧を来たランサーという
見るからに近づいてはいけないマッドなコンビ。
ランルーくんは「愛したものしか食べられない」体質なのでので美味しい物を食べに聖杯戦争に来たと
豪語するイカレポンチで、ランサーはそんなランルーくんを奇跡だ女神だと崇拝するイカレポンチ。
ちなみにランサーさんは結婚初夜に花嫁を縊り殺したらしい。なんなんだアンタら。

ランサーの正体はかの「串刺し公」ことヴラド・ツェペシュ。
やったねヒラコー!旦那がFateに出演したよ!
ルーマニアの英雄であり、ドラキュラ伝説の元になった人物でもある人ですね。
平野耕太郎の「HELLSING」のアーカードその人だったりもします。
旦那が出てきたら大変なことになってましたが、空気を読んで比較的人間に近い姿で出てきてくれました。

本人はキリスト教に深く帰依し、トルコ軍(イスラム勢力)から、卓越した戦術で弱国ルーマニアを守りぬいた
紛れも無い救国の英雄である彼がドラキュラにまで貶められたのか。
当時弱国であったルーマニアが強国イスマントルコに勝つためには真っ当な手段では勝てません。
そこで彼がとった手段が焦土作戦・ゲリラ戦術。
要するに自国の田畑や建物などの生産拠点を焼き払って、相手の利便性を失わせるわけですね。
余談ですが、企業買収の用語でも買取される前に資産を全部売り払って無価値にすることを
焦土作戦(スコーチド・アース・ディフェンス)って言うそうです。Cってアニメで知りました。
そして最後に、あまりにも有名な串刺し。
なんでも焦土と化した城内にトルコ軍の捕虜2万人を串刺しにして並べたそうな。3km×1km程。
それを見たトルコ軍は戦意喪失して退却。そりゃそうですよね。
有効だと分かってても、常人の精神では絶対にできない究極の威嚇戦術です。
のちにルーマニアは占領されて、救国の英雄でなくなったヴラドに残ったのは串刺し公という悪名のみ。
それが創作によって誇張された結果が今の串刺し公ヴラドと吸血鬼ドラキュラというわけみたいです。
悲劇なんやな…。

さて肝心の強さですが、どうも世間の評価的には最強のサーヴァントの一人みたいです。
セイバーだと多少楽らしいので、どうも運が良かったらしい。
宝具は「串刺城塞(カズィクル・ベイ)」
周囲に串刺し槍を無数展開して、一気に頭上から降り注ぐというダークパワーに目覚めたUBW。
当たると相当痛い上に、イケニエ状態になってHPを吸い取られるので一粒で二度痛い。
その他にも自分を串刺しにしてあふれる鮮血で攻撃する技もあり、異常な言動も相まって
その姿はまさしく怪物そのもの。しかし怪物を倒すのはいつの時代も…

”怪物”を倒すのは”英雄”

セイバーさん、それなんてHELLSING。




【第五回戦】
ユリウス&アサシン

書文先生イケメン過ぎる、どうなってんだ

ラスボス(?)の兄にしてイケメン暗殺者のユリウスと赤毛の豪放磊落な中国拳法の暗殺者コンビ。
英霊の器に耐えられる高名な中国拳法の達人って時点で一人しかいない気もする上
固有キーワードは「二の打ち要らず」
そんなの神槍・李書文しかいないじゃないですか、ヤダーッ!!
というわけでアサシンの正体は最強の中国拳法家であり李氏八極拳の祖でもある李書文先生。
書文先生最高や!ハサンなんか最初からいらんかったんや!
あんまり強すぎて、フェイントのつもりで繰り出した一打がそのまま致命傷になってしまうという
あるさまからついた二つ名が「二の打ち要らず」
HP調節が下手なタイプですね。

EXTRAのモデルそのまんま

李書文の知名度を日本で一気に広めたのはなんといっても原作:松田隆智、作画:藤原芳秀の「拳児」。
祖父から八極拳の手ほどきを受けた主人公・剛拳児が様々な武術家と出会い
真の拳法を目指していく正統派拳法漫画です。
この漫画に出てくる実在した高名な拳法家はみんな徳の高い顔をした人格者なんですが
李書文だけはなぜか全身から負のオーラが溢れ出ていて、目があっただけでぶち殺されそうな
雰囲気を醸し出しています。
例えば他の拳法家は、仮に自分の拳法をバカにされても「剛君、本当に強い人は
無闇に暴力を奮ったりしないものだ」とたしなめるのに
書文先生はむしろこっちから相手に因縁をつけて、試合形式にしてから合法的にぶち殺す狂犬。
しかしその実力は群を抜いていて、リアル志向の強い漫画の中にあって、軽く小突いただけで人が死に
頭を抑えただけで首が胴体に埋まって即死するという無法な強さ。ファンタジーを越えて
もはやホラーの領域に達していました。
ちなみに「刃牙」にも中国連合チームに龍書文というキャラがいましたが
なぜかモデルは李書文というより雀鬼・桜井章一。本当になぜだ。

さてこの書文先生の性格ですが、世間でいうところの”善悪”に対し興味がない人物と言えます。
かといって殺人鬼というわけではなく、必要があれば躊躇い無く殺すし
必要がなければ一切殺さないという極めて合理的な考えの持ち主。
陰気なところがなく、カカカカと笑うのが癖な豪放磊落な人物。
まぁ笑って殺すのがある意味一番怖いんですが…。
同じ暗殺者でも陰気で冷徹で寡黙なユリウスとは正反対な性格です。

アサシンといえば基本スキルに「気配遮断」がありますが、書文先生はその域を遙かに超えて
自然と気を合一させることで、姿はもとより音も気配も匂いさえも遮断する完全な透明化「圏境」を使い
背後からサーヴァントに北斗残悔拳を決めます。
こんなルールに沿った閉鎖空間じゃなくて、普通の形式の聖杯戦争で書文先生がいたら
一日で終わるんじゃなかろうか。

つ、釣られたクマー

残悔拳によりマスター・サーヴァント間魔力のパスが切れたことにより、サーヴァントの魔力がガス欠に。
魔力供給イベントじゃないですか、やったーッ!!
早速保健室に覗きに行ったら扉の隙間から、ちょっと生足が見えただけで終わりじゃないですか、ヤダーッ!!

絶対だぞ!約束だからな!

よしすぐに電源を切ろう。

さて長々と書きましたが、肝心のバトルの方は初戦撃破。書文先生よっわーい。
攻撃力こそ高いものの、攻撃スキルがないので炎天・氷天で完封。
宝具「无二打」は黒天洞でシャッタアウト。
しかも仮に直撃してもなぜか死なない程度のダメージ(現HPの9割)しか食らわない謎仕様。
やる気あるんですか書文先生・・・。
一方、セイバーで対戦したら相当苦労する羽目に。やっぱ相性ゲーなのなー。
このバトルからようやく宝具が解禁。
キャス狐の宝具「水天日光天照八野鎮石」のあまりのクソっぷりに卒倒しかけたのもこの時が最初。
宝具ってみんなこんなものなのかと思って2週目のセイバーで「招き蕩う黄金劇場」を使ったら
余りの格好良さと高性能っぷりに滂沱したのもここが最初。
【慢心】セイバーとキャス狐、どうして差がついた【環境の差】

倒すと「ユリウス、侘びは言わんぞ。しかし礼は言おう。久々の娑婆。お主のお陰で存分に闘えた」と
満足して消滅。書文先生は楽しかったからいいんだろうけど、取り残されたユリウスさんカワイソス・・・。
やっぱりハサンにしとけばよかったね。



【第六回戦A】
遠坂凛&ランサー(青)

人気のある人は違うなー、憧れちゃうなー

我々はこの英霊を知っている! いや! この赤槍とこの全身タイツを知っている!
Fate本編に引き続きクーフーリンが登場。
全く意外性のないキャスティングに逆にびっくりである。

しかし凛が徹底して盤外戦術を駆使してきて俺のストレスがマッハなんだが・・・。
対戦者相手の名前を消すわ、偽の壁を作って足止めするわ、外野からルーン魔法の砲撃で暗殺狙ってくるわ
身代わり人形立てるわで、風紀委員仕事しろと言いたくなる。
Fate本編では、昔のラブコメみたく学校の中を追い掛け回して「絶対殺すゥ!」とか言ってたような。
ああいうカラッとしたイメージだったんだけどな~・・・。
まぁ、凛ルート選ぶとラニが全く同じことをしてくるので仕方ない。

これまでだと、猶予期間の間に相手のサーヴァントと接触があって色々とイベントが起きるんですが
今回は相手が正体隠して戦うというコンセプトなので、一回も会わないまま最終日のランサー戦。
せっかくの人気サーヴァント続投なのに、イベントがないのはちょっと勿体無いかも?
しかし、こいつがまた強い。キャスターとの相性も多分最悪に近い。
打撃属性スキルの「初の槌」「中つ槍」を連打してくるので「HP少ないし安全策で炎天連打でー♪」とか
日和ってるとあっさり狐鍋にされる。マジ恐怖。多分、10回くらいは死んでる。

一度行動を見直して、礼装は「赤原礼装」
ランサーは初ターンで「赤枝の車輪」死にそうになると「四枝の浅瀬(アトゴウラ)」を使ってくるので
これは全て「悪魔の黒衣」で消す。特にアトゴウラはSTRup+DEFup+リレイズという
狂ったスキルなので、速攻で解除しないと永遠に終わらない。
凛が「call_gandor」でスタンを狙ってきますが、とりあえず運を天に任せて黒天。
相手のATTACK・BREAKには的確に氷天・炎天をぶつけてスタンさせて、BREAKでMP吸収。
スキルには黒天洞、特にゲイボルグは確実に黒天いれておかないと当たると原作通り即死の反則技。
なんなんだアンタ。二の打ちいらず涙目である。李書文(笑)
おい書文、パン買ってこいよ。




【第六回戦B】
ラニ=Ⅷ&バーサーカー

疑問を差し挟む余地なく呂布

凛をパートナーにするとラニと対戦。
サーヴァントは中華風の甲冑に身を包んだ2m以上はありそうな偉丈夫。
頭にはゴキブリの触覚のような大冠を被り、手には巨大な方天画戟を…
ってこれ呂布じゃん!なんの疑いようもなく呂布じゃん!

というわけで今回のサーヴァントは呂奉先。
中国は後漢末期の武将にして、三国志最強の”飛将軍”と讃えられるも
余りにも節操のない裏切りの人生の末に最後は曹操に敗れ縊り殺された蛮勇として余りにも有名ですね。
一昔前まではそれこそ、その時その時の欲望だけで行動する脳足らずな野獣のように評されてましたが
近年三国無双とか蒼天航路とか北方三国志とか各種メディアの影響で
いつのまにか「既存の中華思想に迎合せず、己の信念に従い生きる最強にして孤高の英雄」みたいな扱いに
なっていて毀誉褒貶の激しい人物と言えます。
まぁどのメディアでも共通して言えることは「三国志最強の武将」ってところですね。
三国志演義では虎牢関で劉備三兄弟を一人で相手にしたのがあまりにも有名。
(一騎打ちしてるところに、3人で挑みかかるってどうなのよ?とはなぜか論議にされない)
蒼天航路ではドレッドヘアの呂布が方天画戟を振るうと衝撃波が走り
周囲20mぐらいの敵兵が吹き飛んでました(実話)
北方三国志ではほとんど原型を留めないくらい美化されて、お前誰だよ状態でした。

姫宮アンジーではありません

ラニはルートを選択して仲間になってくれると、主人を慕う愛され上手な仔犬系ヒロインなんですが
仲間にしないとアトラス院でプリインストールされたそのままの性格なので萌えないことこの上ない。

ランサーと同じくほとんど接触がないまま試合に移るんですが、こっちの方もランサーに劣らずの強敵。
バーサーカーの特性として2手WAITが入るものの、尋常じゃない攻撃力と各種スキルに加えて
通常攻撃にスタン属性があるため「読み間違い→あとの攻撃全部スタン→タコ殴り→死亡」という理不尽さ。
まさに一瞬の油断が命取り。
HPも30000以上あるのでとにかく死なない。さすがは呂布。ゴキブリ並の生命力です。
宝具は「軍神五兵(ゴッドフォース)」
方天画戟のように見えますが、実は軍師陳宮が創りだした可変型兵器という設定で
戦況に合わせて5形態に変形する、万能の武人たる呂布に相応しいオーパーツ。
しかし今回は狂化してるため矛と弓形態しか使えないという設定。バサカの悲劇再び。
矛を鏃にして弓で撃ち出すという「偽・螺旋剣」みたいな技で
使用ターンは他の手が全てWAITになるもののいつ飛んで来るか分からない上
直撃すると即死確定というまさに巨大砲台。
セイバーだと「三度、洛陽を迎えても」をかけておけば気にせず6回殴れる。セイバーさん最高っすわー。



【第七回戦(決勝戦)】
レオナルド&セイバー

精神までイケメン

冒頭部分でラスボスであることを示唆されていたレオナルドとついに決勝戦で激突。
聖杯戦争では本名晒しは即、死に繋がりますが、レオはむしろサーヴァントに自己紹介とかさせてるので
真名は最初から判明済みという珍しい例。ゲームをプレイしていれば分かりますが
これはレオが天然とか油断体質というわけではなく「この世の全てを統べる王として当然の行為」という
自信の表れです。まぁ結局はそれが仇になって負けるんですが。(´;ω;`)ブワッ

セイバーの正体は円卓の騎士の一員であり、理想の騎士と称されたサー・ガウェイン卿。
「ガウェイン卿と緑の騎士」の逸話とかで有名ですよね。え、有名じゃない。そうかー。
眉目秀麗で頭脳明晰、性格は忠義の騎士そのもの、実力は円卓の騎士随一という完璧超人。
マスターのレオナルド・ハーウェイも、将来世界の6割を支配する西欧財閥群を統べることを約束された
「生まれついての王」であり幼い頃から王として育てられた完璧超人という完璧タッグ。
型月世界のヘル・ミッショネルズですね。

2戦目はけっこう攻撃的だったけど挑発に軽々と乗ってくる馬鹿には確実な死が待っていた

しかし7回戦が始まってアリーナに向かうと、前々回倒したユリウス&書文コンビが地獄の底から復活。
厳密に管理されたムーンセルのルールの中でどうやったらそんな無法がまかりとおるのかと思ったら
執念で何とかしたらしいです。執念なら仕方ないな。
本来ならマスターの資格を剥奪されているユリウスですが、そこは暗殺者らしく
これまでの対戦相手の腕を移植する外法を使ってサーヴァントを操ります。
その腕の持ち主がバーサーカー持ちだったので今回はバーサーカー書文と対戦することに。
手負いの獣と化した書文にいかに処するかと思ったら
これが想像を絶する弱さ。どんだけ不幸なんだユリウス…。

【恥知らずなバーサーカー使いがいた!】

俺はキャス狐を使い手なんだがユリウスが残念な事に書文をバーサーカーにして再戦してきたので
「お前それで良いのか?」と言うと「何いきなり話かけて来てるわけ?」と言われた。
俺の愛人(ラニ)がバーサーカーの熟練者なのだがおれはいつも勝つから相手が気の毒になったので聞いただけなんだがむかついたので「お前大殺界でボコるわ・・」と言って開始直後に魔力を溜めて祝奉したら多分リアルでビビったんだろうな、、ガード固めてたからキャンセルしてカカッっと魔力UPしながら密天したらかなり青ざめてた
おれは一気に空中にとんだんだけど書文が硬直してておれの動きを見失ったのか動いてなかったから
炎天でスタンさせた上についげきのBREAKでさらにダメージは加速した。
わざと距離をとり「俺はこのままスキル連打でもいいんだが?」というとようやく必死な顔してなんか拳のはしっこから猛虎硬爬山出してきた。
おれは黒天洞で回避、これは一手間違えるとMPを無駄に消費する隠し技なので後ろのラニが拍手し出した。
俺は「うるさい、気が散る。一瞬の油断でDEAD END」というとラニは黙った
ユリウスは必死にやってくるが、時既に時間切れ、下段ガードを固めた俺にスキはなかった
たまに来る通常ガードでは防げないスキルも黒天洞で撃退、終わる頃にはズタズタにされた赤髪の雑魚がいた。

倒すと「お前のような友に会えて俺は満足だった」みたいなことを口走って消滅。
誰が友やねん。

正しい暴君系デレ

7回戦はラストだけあってイベント目白押し。
これまで悪態ばっかりついてたヒロインが急に優しくなって、唐突に昔語りを始めたりして
最終決戦前らしい空気が各所で醸しだされています。

この辺でサーヴァントとの好感度が高いとイベント発生。
サーヴァントはムーンセル第一じゃないといけないのに、マスターに恋しちゃったみたいなんです(ポッ
みたいなことを突然言い出す発情サーヴァント達。セイバー可愛すぎる天使か。
しかしムーンセル内は恋愛絶対禁止令が敷かれているため、セラフのリア充アンチプログラムが作動。
ペンタゴンみたいなMOBが二人の愛を引き裂こうとして登場してきます。

良い子の諸君!裏があるから”おもてなし”だ。気をつけよう!


      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l 信じるものがすくわれるのは
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒) 足元だけなのだという事を肝に銘じておけ!
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入  |


がそれを愛のパウアーで撃退。
二人の愛を阻むものはどこにもいないのでした。まる。

男前すぎるセイバーさん

寄り道しすぎて忘れかけてましたが、今回の対戦者のガウェインについて。
ガウェインと言えば有名なのが、正午までの3時間と日没までの3時間は通常の3倍の力が発揮出来るという
赤い彗星のような特殊体質。(聖者の数字:EX)
伝承においてもこの時間のガウェインはムテキング状態なので、ランスロットは時間稼ぎをして
3時間が過ぎたところを攻撃して勝利を収めたとされています。
ゲーム中でもこの特殊能力がいかんなく発揮されており、当初はダメージを与えることが出来ません。
どうやらこれまでの6回戦は全部無敵コマンドを使って一方的に倒していたみたいです。
お前の言う騎士道はそれでいいのか…?
タネさえバレてしまえばこっちのもので、アリーナの照明を落とすことで
ようやくダメージを与えられるようになります。

キャス狐によるガウェイン評

ラスボスのはずのガウェインは先のランサーとは対照的に初見で撃破。最優のサーヴァント(笑)
HPも攻撃力もそれなりに高いけど、他のサーヴァントと違って正攻法一本なので対策を打ちやすい。
もしもこの特殊能力が無かったらこいつらって案外早い段階で負けてたかも知れない。
宝具は「ライジングインパクト」「転輪する勝利の剣(エクスカリバー・ガラティーン)」
当たると即死の大打撃技ですが、その程度の特性ならいくらでも対処出来るので問題なし。
今までの苦労が嘘のように楽な相手でした。

レオもいいキャラ

レオナルドに欠けていたのは完璧であるが故に敗北を知らなかったこと。
ガウェインはそれに気づきながらも、今度こそ己の騎士道を貫き通すため敢えて沈黙を守り通しました。
人生初の敗北を喫することで、敗北を学び、敗者の気持ちを知ることで名実共に真の王になりますが
セラフで敗北することはイコール死。
ガウェインは真の王の誕生に立ち会えたことを誇りに思いながら消えていき
レオは自分が真に為すべきことにようやく気付きながら、何も為すことが出来ずに消えていくことを
残念に思いつつ、消滅していったのでした。
冒頭から張り続けてきた伏線が回収されてカタルシス爆発です。



【最終戦】
トワイス&セイヴァー

聖杯を壊すまでが戦争です。
というわけで最終決戦はイレギュラーのトワイス&セイヴァーコンビ。
トワイスの目的は何だったのか。ものすごい長口舌で、半分くらいしか分かりませんでしたが
超乱暴に訳すと「戦いは人間を成長させるから、お前ら全員戦争しろ」ということ。
どこのシャドウミラーですか。

トワイスが探し求めていた聖杯戦争の勝利者は、レオのような「最初から持つ」者ではなく
「最初は持たざる者だったのが、戦いの中で成長しついには最強になった」者。
まさしく主人公こそがトワイスが提唱する成長理論の体現者だったので
「お前みたいになんの取り柄もない凡才なら俺の言ってることの正しさが分かるよねッ!?」と
嬉しそうに言ってきます。イラッ☆
主人公もこれまで10数年生きてきて、これほど失礼なことを言われた経験はあるまい。

型月的平和主義者の主人公が、万人の万人に対する闘争状態みたいなカオスな世界を望むはずもなく
当然交渉は決裂して、最終バトルに突入。
最後に出てくるサーヴァントは…。

この一杯のために苦行してるって感じ?

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

聖☆おにいさんじゃないですか、やったーッ!!

ラスボスはSABER(剣士)ならぬSAVER(救済者)
ここまで来て駄洒落爆発とか。
名前は似てますが、アーチャーとアーチくらい差があります。



ちなみに強さのほどは最弱レベル。
どのくらい弱いかというと、第二形態があると思って待ってたらそのままエンディングが始まって
唖然とするぐらい弱い。
怖いのは3ターン目に使う反射攻撃だけで、初見ではこれで念能力が使えなくなっていい・・・
だからありったけの覚悟で放ったMGI32+祝奉+炎天をマカラカーンされて即死。
殺されるのが・・・僕でよかった・・・。
2回目はそこだけ気をつけて、4ターン目で撃破。

この発想はなかったわー

しかし千の英雄を破り、世界の支配者になる権利を得た最強の英霊と
この世でただ一人生の苦しみから解脱した現人神とが最終的にやってるのが
じゃんけん大会ってのもかなりシュールな絵面です。



【セイバー】

青とは違うんです青とは

赤セイバー、それは小動物系萌えと暴君デレを組み合わせた全く新しいヒロインである。
真名はネロ・クラウディウス・アトトニウス・ゲルマニクス。
広く敷衍している通称でいうとローマ帝国第5代皇帝「暴君ネロ」ですね。
キリスト教徒を迫害し、ローマ帝国が蓄えてきた財を使い果たした放蕩家として有名です。

性格は女性版の我様という感じ。
派手好き、散財好き、可愛いもの好き、美しいもの好きの両刀使い。
人生を極限までエンジョイしてるリア充サーヴァント。
口調は尊大な割りに、性格はなんか小動物系で愛され上手なタイプ。
キャラデザの人曰くペット系らしい。たしかにそんな漢字かも。
我様と違うのは、同じ金持ちでもあっちが貯蓄好きなのに対して、こっちは浪費好きというところ。
生まれつき金運がすごいので、アイテムをバシバシ拾ってくれます。

たま…?

恥の多い人生を送っているわりには、青セイバーと違って生前の行いについて全く後悔していない。
さすが赤セイバーだ(周囲の苦労など)なんともないぜ!
まぁ旅中に延々と懺悔を聞かされても湿っぽい気分になるだけなので、このぐらいスッキリしていた方が
パートナーとしては楽しいですよね。
ちなみにCVは丹下桜。暴君なのに舌っ足らずな喋り方がたまらんですたい。

まさに脳KING

能力の方はまさに最優のサーヴァントの名に相応しい高性能さ。
筋力さえあればどうとでもなる脳筋礼賛仕様の、このゲームにおいて
筋力の伸びが一番高いイコール最強の証明と同義。
コスパの高い打撃技・攻撃力UP技があるのでガンガン押していける。
唯一の弱点は防御技がないこと?その代わりに主人公サーヴァント勢唯一のリレイズ技
「三度、落陽を迎えても」があるので逆に優遇されているとも言える。

宝具は「招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)」
発動時にダメージを与えつつ、3ターンの間相手の攻撃力と防御力を下げる黄金劇場空間を形成。
通称へブン状態。
「regnum caelorum et gehenna…築かれよ、我が摩天! ここに至高の光を示せ!」の声と共に
「エクスカリバー」のアレンジ曲が掛かり、背景が黄金劇場にチェンジするので
とっても格好いい。キャス狐とは違うんですキャス狐とは。
宝具展開時に限り、最強技「童女謳う華の帝政(ラウス・セント・クラウディウス)」が使えるので
4ターン耐える⇒黄金劇場⇒童女連打で隠しボスも余裕。童帝最強伝説。
さすが暴君は格が違った!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

それでもキャス狐は可愛いいんです・・・故郷の両親に、そう伝えて下さい


劉備たちの、虎牢関における呂布への割り込みは、やっぱ主人公補正が入っていたのか
それとも、呂布の無双ぶりを際立たせる為に、あの3人(実質2人)相手にしても死なないヴァケモノ として
当事既に(武力限定で)認められていたのか・・・

アーカードって確か、綴りを逆から読むと、ドラキュラ になるんでしたっけ?(うろ覚え)

No title

キャス狐は可愛いけど、あの果てない愛情がたまに恐ろしく感じるとか感じないとか。

正義の味方が大人数で一人の悪を討つのは許されるが
その逆は許されない。戦隊物の基本ですよね。
というかそもそも劉備達って虎牢関に参加してないしナー。

逆さに読むと実は真実の名が明かされる!って古き良き時代の
ファンタジーっぽくていいですよね。
ランダム=ハジルとかもっと評価されるべき。
時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。