スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

スカイリム読み物 ♯02

スカイリムの柱になっているメインクエストと内戦クエストをついにクリア。
今のところプレイ時間120時間。
多分、これでも全コンテンツの2割くらいしか終わらせてないというから恐ろしい。
1000回遊べるRPGってレベルじゃない。

紳士の正装

メインクエストはドラゴンボーンの末裔として不死の竜「アルドウィン」を倒すという
海外物の割に今時珍しいぐらい正統派なストーリー。
冒頭でいきなり処刑台に立たされているの主人公としてどうなの?という問題はさておき
首を落とされる寸前でドラゴンが妨害に入って、脱出行が始まるという展開はなんとも正統派。
その後、街を襲撃した野良ドラゴンを退治したところで、自分が伝説のドラゴンボーンであることに気付き
「声の道」の探求者であるグレイビアードに教えを乞うために、天を衝くような山頂を目指すという展開も
ジャンプ漫画的で王道展開。
海外ゲーなのに、和ゲーよりよほど日本人の琴線に触れる展開ってのも不思議な話である。

ちなみに、今作の重要なポイントとして「声(シャウト)」というのがあります。
まぁ文字通り、叫び声のことを指すんですが、ただの叫び声と違うのは
この世界ではシャウトの素質のある人間だと、例えば叫ぶだけで敵が吹っ飛んだりする。
言葉に魔術的な要素を載せることで物理的な属性を持たせる。いわゆる「言霊」的なものですかね。
ドラゴンボーンは竜の言語でシャウトを操ることで様シャウトに様々な効果を持たせることが出来て
最初は敵を吹っ飛ばすとか、火炎ブレスを吹くとか可愛いもんですが
果てはドラゴンを召喚したり、天候を変えたり、雷を降らせたり、時間を止めることすら可能。
もはや人間辞めてる。

ちなみにグレイビアードというのはハイ・フロスガーというクソ高い山の上で
シャウトの研究をしてる仙人みたいな人達。下界に降りないのは、うっかり喋っただけで
人を殺してしまうのを恐れているからとかなんとか。
見た目は完全にジェダイ・マスター。

この辺で前作で登場した帝国親衛隊「ブレイズ」の生き残りと再会。
皇帝が暗殺されたおかげで、ブレイズも崩壊状態になって今では2名を残すばかり。
前作をプレイした人間には嬉しいサプライズだぜ!と思いきや
このブレイズ二人が困り者で、当たるを幸いに会ったNPCみんなに喧嘩を売りまくる狂犬野郎。
ついた仇名が「無礼ズ」
うざったいくせに弱いので戦力として全くあてにならない上に、隠密プレイしてると
勝手に敵に見つかってスクランブル状態になるので、むしろ邪魔。
いっそ後ろから刺し殺してやろうかとおもったら、不死属性というおまけ付き。
当然のように刃物を振り回して、こっちに襲いかかってきやがった。
俺が死んだら世界は破滅なんですよ!?
無礼ズ、マジ無礼ズ。

ムザークの塔

その後、ドラゴン族の長で不死のドラゴン「アルドウィン」を倒すには
伝説のシャウト「ドラゴンレイド」が必要という話になったんですが、今は失われた技術。
なのでそれを知るために「星霜の書」を取って来ることに。
「星霜の書」とは英語でいうと「エルダースクロール」
このゲームのタイトルになってる言葉ですね。
この星霜の書というのは、世界の始まりから終わりまでのすべての出来事が記されているという書物。
神学でいうところの「アカシック・レコード」ってやつですね。
これを手に入れた人間が今後永遠に世界を統べると言ってもいいぐらいの途方も無い遺産のはずなんですが
「星霜の書取ってこいや」「おう、取ってくるわ」と当事者たちは結構軽い。
お前それでいいのか…。
星霜の書が眠ってるムザークの塔はFF7の「忘らるる都」を彷彿とさせる美しいデザイン。
忘らるる都をフルCGで再現するのはスクウェアだと思ってたのに…。

アルドウィンとのファーストバトル

1時間くらいの探索の末に星霜の書をGET。
過去のノルドの英雄たちととアルドウィンの戦いを星霜の書で閲覧することでドラゴンレイドを習得。
ドラゴンレイドの本質は「致命的」「一時的」「有限」の言霊を対象に植え付けることで
不死のドラゴンを定命属性を付与するというもの。
まぁ実際のゲームでは飛んでるドラゴンを地上に落とすだけの技なんですけど。
ドラゴンはその気になると延々と空を飛び回って、こっちのレンジ外からのブレスだけで
ハメ殺しにくるので、ドラゴンレンドはかなり便利な技。

ドヴァキンさんマジドヴァキン

ドラゴンレンドをGETして一度はアルドウィンと戦うものの、途中で逃げられてしまう。
アルドウィンが逃げた場所を聞き出すために、他のドラゴンを捕まえる罠を張ろうとするんですが
ちょうど帝国とストームクロークが内戦しているさなか、そんなことをしている余裕が無い。
じゃあ、両者を一時停戦させればいいじゃん!てことでさっそく講和会議を開催する主人公。
帝国とストームクロークの重鎮が集まる中、当たり前のように議長の座に座る主人公マジ大物。
スカイリムの主人公(ドヴァキン)は行動力がありすぎてヤバい。

ドラゴンのNo.2「オダハヴィーング」を捕縛して、事情聴取してみたところ
アルドウィンは傷ついた身体を癒すために、死者の楽園「ソブンガルデ」に逃げて
人間の魂を食べてるということ。
このソブンガルデというのは勇敢な戦士が死後にいく世界。
北欧神話でいうところの「ヴァルハラ」的な意味合いですね。
あんまり関係ないけどマガジンで連載してた「ゴッドハント輝」という医療漫画では
よりによって舞台になってる病院の名前がヴァルハラでした。
絶対病院につけちゃいけないネーミングだろ、それ…。

この構図格好いい

オダハーディングの背に乗って、最終決戦の地「ソブンガルデ」に。
海外ゲーのくせになかなか燃える展開である。
さすがに死者の楽園だけあって、出てくるモンスターはスケルトンばっかり。嫌過ぎる。
ソブンガルデへの転移門に「太古のスカイリムを支配し、不死となって今も生き続ける
魔人ドラゴンプリースト」なんていう仰々しいのがいたけど、透明化+不意打ちダガーで一撃。
このゲーム隠密ダガーが強すぐる。ラスボス以外全員一撃である。

迷宮の奥に過去のノルドの英雄たちが30人くらいたむろってて、そのうちのリーダーみたいな人が
ついに俺たちの宿願であるアルドウィンを倒す勇者が来たぜ!と気炎万丈。
なんかよく分からないけど盛り上がる一行。
俺たちの中でアルドウィン退治についていきたい奴が3人いるから、そいつらと一緒に戦ってくれ!
あとは任せたぜ!と格好良く決めるリーダー。

…って、3人だけかよ!ノルドの英雄全体の宿願じゃないのかよ!?
というかお前は来ないのかよ!
なんかもう色々突っ込みどころありすぎの最終決戦。
「古きフェルデル」「隻眼のハコン」「黄金の柄のゴルムレイス」という中二くさいネーミングの
勇者様(笑)が金魚の糞のごとくぞろぞろついてくる。てかお前ら誰だよ。

オマエが誰だ

あと迷宮の途中でいきなり上半身裸のおっさんが出てきて名前が「ツン」
名前わろすwwwww
じきにデレるのかと思ったら「オマエの力を試してやる!」とか言って斧で切りかかってきました。
ツンデレというよりヤンデレである。

攻撃力は高いけど紙

そしてラスボス・アルドウィンが登場。
とりあえずドラゴンレンドで撃ち落として、地上に落ちたところを二刀流で切り刻むいつもの戦法。
3英雄(笑)が果敢に挑むけど、盾役ぐらいにしかならないのでスルー。
大体1分くらい切り刻んだところで撃破。よえぇ!
アルドウィンを倒したことで、ソブンガルデを覆っていた深い霧は晴れ
美しい自然が目の前に広がる。そして間髪入れずに謎のコーラス(♪アーアーアー)

かくして一人の勇者の活躍によって世界は救われたのであった…。

ペルソナ4のEDみたい

花京院!イギー!アヴドゥル!終わったよ…。

しかし、人とドラゴンの人類の存亡をかけた英雄譚が終わったと思ったら
すぐさま人間同士の私利私欲入り混じる内戦が再開されるところが何とも生々しい。
ゲームの世界では魔王を倒したら、世界中のみんなが手をとりあって平和な世界が始まるけど
現実はそうイージーには進まない。綺麗事じゃ終わりませんね。
巨大な悪が滅んだら、小さな悪同士の戦いが始まるだけ。
人がいる限り、戦争・戦争また戦争なのである。
そう考えると、世界を本当に滅ぼすのは不死のドラゴンなんかじゃないのかも知れませんね。



内戦クエストは帝国側についてクリア。
メインクエストと違って、基本的に将軍の命令を受ける→敵の城を占領するの繰り返し。
メインクエクリア後の能力だったので、こっちの攻撃一撃で壁まで吹っ飛び
敵の攻撃を食らってもほぼノーダメージの無双状態。
おまけにシャウトも大体開放してるので、嵐を読んで城ごとふっ飛ばしたり
時間を止めて、一瞬で敵兵を皆殺しにしたりやりたい放題。
この全能感、たまらねぇな!

まさに外道!

ラストは敵の本拠地に乗り込んで、玉座に座るウルフリック・ストームクロークを処刑してクリア。
死体は身ぐるみはがして全力で辱める。それが俺のやり方。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

tag : スカイリム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。