スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

世界樹の迷宮Ⅳ プレイリポート#02

「世界樹の迷宮Ⅳ」プレイリポート待望の第2回!
…ええっと、待望でしたよね?

●前回までのあらすじ
採集を狙うF.O.Eは雑魚狩り専門

さて、世界樹の迷宮シリーズをやるには、自分設定がないとダメだと言われたので
こんな感じで作ってみました。
リポートにこの設定が生きるかどうかは不明。

【ギルド名】ドリームクラブ
「ピュアな心の持ち主しか入会できない大人のギルド」が売り文句。
他のギルドに入れなかったあぶれ者を集めているので基本的にクズの集まり。
冒険者だけでなく町の人間からも恐れ蔑まれている。

ふぉーちゃん

●ふぉーちゃん(フォートレス♀)
本名:フォウ・デ・ロシェ
公式サイトで絶賛世界周遊中の「星巡りのフォウ」ことフォウ=デ=ロシェ嬢の
従姉妹の親戚の友人のクラスメイト。世界には同じ顔の人間が3人いるというアレ。
両親が大豆の先物取引に失敗して蒸発したので、借金を背負わされる前にさっさと夜逃げ。
冒険者として稼いだ財産を元に綿花の先物取引で一発当てようと企んでいる。真性のダメ人間。
両親の血が濃いのは間違いない。
口癖は「大豆と綿花は違うんだよ!」

ソド子

●したっぱ(ソードマン♀)
本名:シンシア・エリンシア・アンダルシア
アンダルシア王家の次期王位継承者だったが、頭が悪すぎたので
国の将来を不安視した両親に、遊園地に遊びに来た時に捨てられた。
冒険者になるべく色んなギルドにあたったが、どこも入れてくれなかったので
酒場で暴れていたところを、通りすがりのルーンマスターに拾われて
「誰も入れてくれないなら自分で作ればいいじゃん!」というのび太的発想でギルド結成。
夢は宇宙最強の剣士。

ダンサー

●エロ担当(ダンサー♀)
本名:不明
10歳の頃に銀貨30枚で娼館に売られたが、初めてあてがわれた客の這い寄る混沌を噛んで逃走。
場末の酒場でダンサーをして日銭を稼いたが、タルカスの街に世界樹の迷宮が現れたと聞き
一攫千金を求めて冒険者にジョブチェンジ。
冒険者の名声を踏み台に玉の輿。果ては貴族デビューを虎視眈々と狙っている。
肉食系女子の見本みたいな人。
好きな漫画は「賭博黙示録カイジ」「花より男子」

ルーンマスター

●アリス(ルーンマスター♀)
本名:アリス・マーガレット・トロイド
かって「星海の迷宮」を踏破した伝説のギルド「スカーレット」の一員。
攻略後ギルドが解散してメンバーが散り散りになったので、タルシスに流れ着いてきた。
タルシスには骨休めのつもりで来ていたが、ある時酒場で暴れていたソードマン♀に
旧友の面影を見て、面倒を見ているうちに
いつの間にかギルド結成の手伝いをして、ついでに冒険者復帰していた。
レベルが下がっている(99→1)のは果てしなき休養の結果。
趣味は文通。

メディ子

●きちくメガネ(メディック♀)
本名:鬼畜・キートン・太一
彼女がメディックになったのは、奉仕精神からではなく患者が苦痛に悶える様を観察したかったからである。
彼女が人の苦痛を観察する時、その好奇心は至上の幸福に満たされ、
彼女は全ての人間の優位に立つと感じる事ができ、人生の真理まで理解できたと思っている。
師事していた先生(とその付き人)がイタリアのコロッセウムで消息を絶ったので
これを自立のチャンス(試練)と受け取り、タルシスに流れ着き冒険者デビューを果たす。
特技は角砂糖の投擲。

web拍手 by FC2


彷徨う狒々

アフロヘアーのマントヒヒこと「彷徨う狒々」はシリーズ伝統のF.O.E。
F.O.Eというのは「フィールド・オン・エネミー」の略。(多分)
要するにフィールドに見えている敵、いわゆるシンボルエンカウント形式の敵ってことです。
見えている分、ランダムエンカウントよりも遥かに強い。

この彷徨う狒々は最初だけあって典型的な単体攻撃のみの脳筋ボス。
ふぉーちゃんの防御陣形+ソド子のパワーブレイク+ダンサーのガードタンゴで
ダメージを軽減させれば、メディ子のヒールでイーブンに戻すことが出来るので
決して強敵ではないんですが、物理攻撃があんまり通らないので
ダメージ源はルーン子の属性魔法だけ。これは厳しい。
案の定、ルーンのTPが尽きたところでまだ相手の体力は半分以上。どうすんのこれwww
まだメディのTPが残ってるので粘ることができるがこのままではジリ貧。
この圧倒的窮地をドリームクラブはどう乗り切るか!?

ふぉーちゃん「いや!策はあるぜ。たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ。
ロシェ家には伝統的な戦いの発想法があってな… ひとつだけ残された戦法があったぜそれは…
鬼畜「それは?」
ふぉーちゃん「逃げるんだよォォォ----------ッ!!」
エロ担当「うわぁ、やっぱりコイツだめだ!」


ソド子が殴り殺されましたが、なんとか逃げ切ることに成功。
いやぁー、娑婆の空気はうまいな!(死体を担ぎながら)

ソド子の尊い犠牲のおかげで「虹翼の欠片」を入手できたので
統治院に持って行くとミッションクリアして500G貰えました。
ちなみにソド子の復活料金は20G。安いな、オイッ!
まぁ、この世界における冒険者の命の値段なんてこんなもんというメタファーなのかも知れない。

胡散臭いおっさん

しかし何度見てもこの統治院のおっさんは胡散臭い。
これは間違いなくあとで裏切るフラグ。
怒首領蜂の大佐みたく「ご苦労だった…と言いたいところだが、君等には消えてもらう」とか。

このミッションをクリアしたことで、統治院から正式に冒険者として認めて貰うこととなり
ついでにタルシスの冒険者達にもれなく与えられるプレゼントがあるらしい。
意外、それは気球!
前作までの世界樹の迷宮はひたすら地下に潜って、新しい階層目指して突き進んでいくだけでしたが
今作はこの「気球」でフィールドマップを開拓しつつ、新しい迷宮を捜索していく模様。
「森の廃鉱」は1階層のミニダンジョンなので、次の迷宮を探す必要がある。

希望の船

ちなみに気球の名前は「エスポワール」
これは間違いなく墜落する名前。

前作の「大航海」と似ていますが、気球に歩数制限はなし。
代わりに大航海にはいなかったF.O.Eがうろついているので、油断ができない。
最初の気球マップ「風馳の草原」のF.O.E「うろつく跳獣」は体験版最強の敵なので
エンカウントしたら死亡確定。死ぬ気で逃げましょう。

気球に乗ってタルシスの北に行くと、最初の大迷宮「碧照の樹海」に到着。
「森の廃鉱」に出てきたアルマジロとバッタMOBの他に
ネズミとマントヒヒと蝶々いる以外は、前のダンジョンとほぼ同じ。
蝶々といってもシリーズ伝統の毒アゲハではなく、せいぜい盲目鱗粉程度なので楽勝。

少し戦っては宿屋で休みつつ、少しづつ攻略して先に進んでいくと
大木で塞がれた通路に出くわします。大木くらい跨いで進めばいいし
竜王の城くらいラダドームからイカダを漕げばいいんですが、そこをを敢えて迂回するのがRPGのお約束。
迂回しつつ先に進んでいくとF.O.E「森の破壊者」が登場。
こんなやつです↓

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

いつものごとく、クマから逃げまわってると、その丸太のような両腕で
頼んでもないのに通路を塞いでいた大木をバシバシ壊してくれる。なんていいクマだ。

クマをうまく誘導しつつ、障害物がなくなった通路を先を進んでいくと地下に進む階段を発見。
さて先に進むぜ!というところでイベント発生。
「森の廃鉱」の入り口で出会った自称「ワールウインド」なる冒険者にまたも遭遇。
なんか傷だらけの兵士を背負っている。
なんでもこの下には異変が起きており、この兵士もやられてしまったらしい。
なぜかここで選択肢が出てきたので「一緒に手伝う」と言うと

胡散臭いおっさん

死亡フラグビンビンな台詞を吐きました。
世界樹シリーズにおけるNPCの死亡率は異常なので、こいつもどっかで非業の死を遂げて
「オレが生まれ育ったのは貧しい漁村だった…」とかなんとか、頼んでもないのに昔話を始める気がする。
毎回貧しい貧しい言われる漁村の人は怒っていいと思う。
いざ、地下2Fへ!というところで体験版が終了。
体験版の「碧照の樹海」1Fまでとなっている模様。ちなみに制限LVは10まで。
7/5の本編発売に乞うご期待なのよさ!

体験版クリア

現在のステータス


せっかくなので体験版で戦える3体のF.O.E解説

●彷徨う狒々
HP742 /攻撃力16 /防御力15

「森の廃鉱」に出てくるアフロヘアーが素敵なマントヒヒ。
F.O.Eの中では最弱。がしかしこっちも弱いので相対的に強敵。
推奨レベルは6以上らしい。
攻撃パターンは「通常攻撃」とちょっと強力な「打ち下ろし」の2種類だけなので
防御バフで守りを固めて、属性魔法をぶつければ普通に勝てる。
息切れに注意。

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

●森の破壊者
HP883 /攻撃力19 /防御力16
弱点 炎・氷・雷

「碧照の樹海」に出てくるシリーズ伝統のクマ型F.O.E。
彷徨う狒々のマイナーチェンジ版と見せかけて、実は属性に弱い分こっちの方が楽。
通路の大木をガンガン壊していた怪力はなんだったんだという見掛け倒しっぷり。
攻撃方法は「通常攻撃」とやや威力の高い「ベアクロー」
前衛が防御を固めて、ルーンマスターが属性魔法を当てれば楽勝。

許されざる角度

●うろつく跳獣
HP1289 /攻撃力24 /防御力18
弱点 炎・氷・雷

体験版最強の敵。
通称「うろつき童子カンガルー」
どう考えてもこの階層で登場してはいけない許されない強さの獣。
気球を入手したばかりの幾百もの新米冒険者たちを、ジェットアッパーで地獄に送った。
色々とありえないHPと攻撃力の上、特技がやばい。

・ジェットアッパー・・・単体高威力+麻痺属性
・ブーメランフック・・・横一列中威力+足縛り

素早さが高いので、防御バフで守りを固める前に、先制ジェットアッパーで
メディが麻痺るとゲームオーバー。かなりの運ゲー。
バフってないと一撃即死レベルなので、とにかく前衛はガードを固めて護身開眼。
防御陣形+パワーブレイク+ガードタンゴでふぉーちゃんが半分持っていかれる脅威の威力。
HP半分くらいまで削ると、今度はブーメランフックで横一列をぶん殴ってくる。
更に手が付けられなくなる。なんなんだこのカンガルーは。

対応策としては、物理攻撃は諦めてソド子はパワーブレイク、ふぉーちゃんは防御陣形に専念。
ダンサーを外して、ルーンマスターを追加。
最初の3ターンを使ってルーンの加護で属性威力を上げておいて、ひたすら属性魔法ぶっぱ。
メディはヒールを生む機械。これで何とか勝てました。
物理がほぼ無意味なので、ルーンマスター1人じゃ厳しい気がする。
事前に「黒檀にんじん」を食わせて毒状態にしておくと
5ターンくらいで200くらい奪えるのでぐっと楽になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。