スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

1200万の迷い星

キリトさんのFA乞食っぷりに頭が下がるsigenです。
あんだけヌッスしておいて、なお露骨にボスドロ狙いに行くキリトさんのメンタルは主人公の鑑。



さて、今回紹介するのは「428 〜封鎖された渋谷で〜」
プレイしたはいいけど、ぶっちゃけコメントに困るゲーム。
普通に良作でお値段以上の価値があるけどねー…。
例えるなら、ステータスオール70代の堀秀政のような存在。
まぁ、名人久ちゃんは創造ではパワーアップしましたが。

このゲームのジャンルはいわゆるサウンドノベルなんですが、他の同ジャンルと違うのは
主人公が複数(主要5人)いて、それぞれが同じ時間軸で行動しつつ、それぞれの選択が
(意識的・無意識的問わず)他のキャラクターの未来に干渉し合いながら
話が進んでいくという、並列的なシステムを取っています。
例えば…普通のサウンドノベルだと、主人公は一人なので選択肢で間違えてバッドエンドに進んだら
選択肢前に戻って違う選択肢をやり直せばいいだけですが、このゲームの場合だと
本人に取っては正しい選択肢で物語は進んでも、他の主人公にとっては間違った選択肢であったため
そいつのルートはバッドエンドに直行というのが起こりえるわけですね。
なので、神の視点を持つプレイヤーは5人の主人公の人生を俯瞰的な位置から眺めて
全員がバッドエンドにならない選択肢を選び、ストーリーの結末まで誘導していけばいいわけです。
このシステムを考えた人は本当すごいな!

さて、この428の前身に当たるのが98年に発売された「街 〜運命の交差点〜」
システム的にはほぼ一緒で、違うのは主人公が8人なこととぐらいなもんです。
(操作性は10年後の428のほうが圧倒的にいいですが)


このEDがまた感動的なんだよなぁ…。

当初はセガサターンで発売され、知る人ぞ知る名作という扱いでした。
かくいう自分も発売後しばらくして中古で購入しましたが、確か3,980円だったかな?
あんまり値が下がってなくて高かったような記憶があります。
ちなみに「街」は当初セガサターンで発売されて、のちにPSに移植。
続編の「428」は当初Wiiで発売されて、のちにPS3、PSPに移植。
この勝ち組に対する嗅覚の無さはさすがチュンソフトと感心します。
というかセガサターンはまだしも、Wiiはないだろ、Wiiは。

そうして前作の「街」をプレイしたわけですが、これがまた面白くて面白くて。
セガサターンの名作ソフトを3つ挙げろと言われればこれは間違いなく入る傑作。
残りの2つは「バーチャロン」「ソウルハッカーズ」でしょうか。
3DS版でもメアリを仲魔にしなかった開発陣は絶許。
それはさておき、文句なしの名作に関わらずセールス的には振るわなかった「街」
確か20万本くらいだったかな?今の時代でノベルゲーがそんだけ売れれば快挙ですが
当時はPS全盛期でミリオンヒットが立て続けに出ていた時代なので、相対的には微妙売上。
そうでなくても、ゲーム自体がロケ組んで実写取り込み方式なので開発費莫大だろうし。

そんなわけで、プレイヤーからの評価は高くても、セールス的な要件で凍結されていたシリーズですが
熱烈なファンの後押しもあったのか、10年の沈黙を破って出した続編が今作の「428」というわけです。
まぁ、背景としてはこんなところです。
開発陣が採算がとれると思って販売に踏み切ったなら、単なる見込み違いで別にいいんですが
ネットの声に後押しされていけると思ったなら、色々と危うい。
声の大きい人間は金を落とさない。これは金言ですね。

さて話は戻って「428」ですが、冒頭の通り、普通に良いゲーム。
個々のシナリオは水準以上のクオリティがありますし、キャラクターも魅力がある。
「街」にはなかった渋谷爆破テロの阻止という目的に向かって、物語が収束していく展開は熱いですし
最終盤のどんでん返しも見事。特に最終タームで一回渋谷爆破の結末を見せておいて
そこから時計を巻き戻して、生還への道を探しなおす展開は明らかに「街」を越えたと言えます。
でもやっぱり個人的には「街」の方がオススメだと思うのですよね~。

これは完全に個人的な意見なんですが、428はバラバラだった主人公たちが
爆破テロ阻止という目的のため、立場の垣根を越えて協力しあって、遂には目的を成し遂げて
感動のエンディングへと至る現代の英雄譚なんですが、「街」は最初から最後まで
8人の主人公がバラバラに行動して、気づかない間に他人の未来に干渉して
やがてバラバラに去っていく形のないストーリーなんですよね。
「街」というタイトルにも「渋谷」という街にも相応しい孤独な物語だと思うのですよ。
ざっと見て、428の方が好きな人と街の方が好きな人は半々ぐらいですかね。
ゲームのクオリティが同一なら、あとはゲームの方向性の問題であって。
そしてそれは個人の感性の違いであって。両方共いい作品だけど、僕は街の雰囲気のが好きだな。

黒歴史

さて、そんな428の中で満場一致で非難を浴びているものがあります。
それが隠しシナリオの「カナン編」
全キャラクリア後に特定の選択肢を選ぶことで到達できる真のエンディング的ルートなんですが
このシナリオが空前絶後の大不評。曰く「汚点」「黒歴史」
そしてシナリオを執筆したのは何を隠そう我らが奈須きのこ。やったぜ。

さてこのシナリオですが、実際にプレイしてみて世評が嘘ではないと実感。
本当にやばい。クオリティが低いからやばいのではなく、問題はもっと他のところにある。
まず先立って428というゲームがどんなゲームかというと、上記の通り、渋谷在住の
ごく普通の登場人物たちが、力を合わせて爆破テロを防ぐという話。
5人の主人公の交差する人生を追っていくという都合上、飽きさせないように
極力深い内面描写は避けて、スピード感のある簡潔な文章となっています。
凡人代表みたいな登場人物たちの群像劇をさらっと追っていくコンセプトなわけですね。

がしかし、我らが奈須きのこは一味違った。
カナン編はそれまでの牧歌的な群像劇とは真逆の超展開。
まず主人公が中東紛争で家族をなくして半死半生になったところを
フリーの傭兵に救出されて、天才的破壊工作員に成長した女の子という
純度100%の型月設定。この時点で何かがおかしいプレイヤーは思います。

そこから続く主人公の回想の語り口は、428のコンセプトとは真逆のきのこ節全開。
当然、実写取り込みだった本編とは違い、全編が武内氏キャラデザによるアニメ絵描写。
主人公の声は沢城みゆき、ライバルの声は坂本真綾、師匠の声は大塚明夫という隙のない布陣。
そして肝心のシナリオは、ハイパーセンス覚醒で目視出来ない位置の敵を把握し
相手の殺意を読み取り銃弾を回避しまくる超人祭り開催。
ロープマジックからのマシンガン乱射コンボで敵兵7人を瞬殺する様はカナン無双の一言。
その展開たるや全く容赦というものがありません。敵に、ではなくゲーム本作にな。
428を30時間プレイしてきたプレイヤーたちはこの超展開に例外なく呆然としています。

そして長い長い回想が終わって、ついに日本に到着するカナン。
その目的は、師匠の仇にして、ゲーム本編で主人公たちが取り逃がした
ラスボスを追い詰め決着をつけるためです。
長い長いきのこ節を見せつけられたけど、ここでようやく本編ラストに繋がった!
ようやくラスボスとの最終決戦が始まる…!とプレイヤーが思ったところで…

ゲーム画面に浮かび上がる「NEVER END」の文字

は?
まさかのまさか。カナンの物語はここで終了。
カナンとラスボスの戦いの続きは、来年始まるアニメ「CANNAN」を見てね!



428のコンセプトを根底から覆す奈須きのこのカンフー祭りは
実は来期アニメの壮大な番宣だったことが判明。ひえーwwwwwwww
初めてですよ…ここまで私をコケにしたおバカさん達は…
ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!








頭を冷静にして考えなおしてみましたが、やはり「カナン編はない」が結論。
上記の通り、シナリオのクオリティが低いわけではなく、単体でみたら
「いつものきのこだなぁ」「アルファルドかわええ」で済む話なんですが
いくらなんでも「428」と「CANNAN」は合体事故過ぎるだろ…。
フランス料理は美味しい、蜂蜜も美味しい。でもフランス料理に蜂蜜をぶちまけたら
範馬勇次郎も怒るってもんです。428にとってのカナン編はそれに尽きる。

というわけで、なんとも言えない微妙な感想でしたが、トータルとしては買って損のない作品なので
良かったらどうぞ。今買うならVitaを購入してDLするといいかも?
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。