スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

プロスポーツはお金がかかる

先日、DeNaベイスターズが横浜スタジアムを100億で買収する方針で
動いているというニュースが発表されました。

大ちゃん

■DeNA:横浜スタジアム運営会社を100億円買収方針
http://mainichi.jp/select/news/20151014k0000e020216000c.html
ソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)が、傘下のプロ野球チームの本拠地球場である横浜スタジアム(横浜市中区)の運営会社を買収する方針であることが14日、関係者の話で分かった。
 順調に進めば、4年前に買収した球団「横浜DeNAベイスターズ」が11月から株式の公開買い付け(TOB)を始め、来年1月までに過半数の発行済み株式取得を目指すという。買収額は100億円前後の見通し。

野球に興味のある人とない人とで全く反応が違うニュースじゃないかと思います。

近年のプロ野球界において「自前の球場を持つ」というのは大きな意味を持ちます。
1つは自前なので、修繕や改修がノータイムで出来るということ。
所有してるのが官公庁とかだと、いざ手を入れるにもやれ稟議だ説明だ、1ヶ月待って
費用負担だ、計画書だと、面倒なことが重なった挙句にやっとパスしたと思ったら
市議会で否決されましたー、みたいなそういうしがらみがまぁあるわけです。
その点、自前だとホームラン増やしたいからホームランテラス作ろうぜ。
観客が増えてきたなら席の増設もすぐに出来る。
チームの戦略・事情に合わせて即座に箱物に手を加えられるって話です。

そしてもう一つは収入。いわゆるお金の問題ですね。
現在プロ野球の球場経営には3つのパターンが有ります。

●自前の球場を持っている
 ・阪神タイガース(甲子園球場)
 ・オリックス・バファローズ(京セラドーム)
 ・埼玉西武ライオンズ(西武ドーム)
 ・福岡SBホークス(福岡ドーム)

この4球団は球場を自社で管理してるので、当然球場使用料は0円。(維持費は掛かるけど)
加えて、球場内の飲食物販や広告料金が全部球団の懐に入ってきます。
借り物の球場だと、球場内の物販や広告収入も全部球場保有側のものになっちゃうんですね。
かって福岡ドームが年間50億という破格の使用料だったのも有名です。

●自前の球場ではないが、営業権は保持している
 ・広島東洋カープ(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)
 ・東北楽天ゴールデンイーグルス(宮城球場)
 ・千葉ロッテマリーンズ(千葉マリンスタジアム)

自前の球場ではないけど、球場内の物販や広告収入は球団の懐に入り
かつ球場使用料も便宜を図って貰えることが多いケース。
これは「指定管理者制度」という制度に基いていて、本来は広島市・宮城県・千葉市の所有物ですが
球場の改修に多額の負担をしたとか、地域の発展に球団の利用が不可欠であると認められた場合等に
特例措置として、外部団体に運営の一部権限を代行させる仕組みです。
要するに、カープがないと広島が盛り上がらないから特別に便宜を図るということです。
楽天の使用料が5,000万というのは有名ですが、他2つはよく分かりませんね…。
球場は安く借りられて、球場内の物販収入や広告料金も入ってくるので美味しいケースです。

●自前の球場ではなく、かつ営業権も保持してない
 ・読売ジャイアンツ(東京ドーム)
 ・東京ヤクルトスワローズ(明治神宮球場)
 ・中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム)
 ・北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム)
 ・横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム)

高額の球場使用料を支払い、かつ球場内の飲食物販・広告収入は
球場所有者の手元に入るという最悪のケース。俗にいう奴隷契約。
(球団によっては物販は球団で、飲食は球場みたいなケースもあるそうです)
有名なところでは、札幌ドームが年間13億ですね。
札幌ドームの使用料については毎年の如く、球団と市が鍔迫り合いをしてますね…。
ナゴヤドームは40億の使用料となってますが、中日ドラゴンズのグループ会社で
金を右から左に流してるだけなので、実質的には自前球場と同じ扱いです。

横浜の場合、飲食物販が球場の懐に入るのはもとより、チケット代金の13%まで球場のものという
球団が圧倒的に不利な契約を結んでいました。
これを改めて、自前球場で売上を出す方向にシフトしたのが今回の球場買収というわけですね。
親会社の景気が良くて、かつ放映権ビジネス(詳しくは後述)がうまくいってた頃はこれでも良かったんですが
親会社の補填・放映権がなくなった昨今、球団独自で黒字を出すことが急務になり
経営の健全化を迫られている、というのが今のプロ野球界の現状です。

前置きが長くなりましたが、今回のテーマはプロスポーツ経営にはどのくらいお金が掛かるの?という話です。
庶民が大好きな他人の懐事情です。

web拍手 by FC2


前述のとおり、プロ野球は今まで売上規模とか収支とかあまり取沙汰されてなかったんですが
最近重要視されるようになってきたので、ついでに他のプロスポーツと一緒に調べてみました。

ちくぺん

まずはプロ野球からと行きたいところですが、NPBは秘密主義なので正確なデータが転がってないんですよね…。
そもそもプロ野球自体が4万人しか収容できない球場に、連日観客数5万5千満員発表を許していた
アホな伝統がある組織なので、何の数字を信じていいのやら。

一応、楽天イーグルスは当初会計情報を公開して健全アピールしてましたが、平成22年度になって
赤字が出るようになってからピタリと公開しなくなりました。お前は旧FF14か。
それによると、大体77億円くらいの売上(営業利益▼1億3千万円)ですね。
2012年の情報なので、マー君がフィーバーした2013年はもっと良かったんじゃないかと思いますがね。

他の球団を探してみると、SBホークスの記事がみつかりました。

■「ホークス」が最高益 13年2月期、ドーム買収が寄与
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO56307770X10C13A6LX0000/
プロ野球球団「福岡ソフトバンクホークス」の2013年2月期の営業利益が、前の期比2倍超の58億円だったことが17日分かった。ソフトバンクが球団運営を始めた06年2月期以降で最高額。昨年3月に本拠地の福岡ヤフージャパンドーム(現・福岡ヤフオクドーム)を買収し、年間約50億円のドーム使用料の支出がなくなったのが寄与した。

2013年の記事ですが、SBホークスは総売上270億円。営業利益が58億円。ひえええ!!
そりゃぶっちぎりで優勝するわ。

■セ・パ各球団の傾向と対策/セントラル・リーグ
http://globe.asahi.com/feature/110904/03_1.html

他の球団ですが、はっきりとしたデータがないので朝日新聞ポータルサイトによる推定記事を使用。
2010年の記事なので現在とは齟齬がありますが参考として。

ともかく、記事によると収入トップはSBホークスの240億で、最下位はヤクルトスワローズの60億。
巨人は2位で218億という結果。あとの球団は80~100億前後。
阪神が非公開ですが、巨人の規模から察するに大体150~180億くらいでしょうね。
大体プロ野球の経営規模は60億~270億くらいと言えますね。
さすが日本最大のプロスポーツリーグです。



うーん

Jリーグはどうなのか。
プロ野球の帳簿が未公開なのに対して、Jリーグは経営情報の開示が義務付けられてます。
プロ野球チームが旧式のオーナー企業による占有物的な考えであるのに対して
Jリーグチームはサポーターの共有物という観点からスタートしてるので、情報の開示は当たり前。
こういうところは素晴らしいですね。プロ野球にも是非見習って欲しい。
補足すると、Jリーグの場合は過去に経営破綻発覚から主催試合の開催も出来なくなり
リーグの供託金に手を付けるチームもあったことから、経営の健全化には厳しいスタンスになってます。

■2013年度(平成25年度)Jクラブ個別情報開示資料
http://www.jleague.jp/aboutj/management/club-h25kaiji.html

2015年データを見ると、J1トップが浦和レッズで当期の収入は58億。純利益が約1億です。
対する最安値は大分トリニータの14億。その割に純利益2億って効率いい商売してます。
J1平均だと、大体30億ちょっと稼いで、7千万くらい手元に残るってとこですね。
その30億の収入のうち、ほぼ半分の14億は広告収入なので
市民球団だなんだといっても、やっぱスポンサー様あってのプロスポーツですねぇ…。
Jリーグ分配金が平均2億千万円となってますが…分配金ってなんでしょう?

オプーナ

Jリーグ分配金というのは、主に放映権料の分配のことを指します。
放映権料、要するに試合中継をTVで放映する権利料ってことですね。放映する権利をやろう
90年台の巨人のナイター中継が1試合1億とか言われてました。
TV局が1億で球団から放映権を買って、その中継でスポンサーを募って1億以上稼ぐという商売ですね。
プロ野球では各球団が独自にTV局と放映権契約を結んでいたので
前述のとおり、巨人みたいな人気球団は破格の放映権料が貰えるのに対して
不人気球団だととても少ない。00年台のロッテとか1試合15万とか聞いたことあるけどこれマジ!?

近年、プロ野球中継の視聴率の急激な低下に伴い、このビジネスモデルが崩れつつあるのは
たびたびニュースで取り上げられてますね。
毎試合20%越えしていた90年代に比べて、今は3、4%しかとれないのだから
単純に試合中継の資産価値が1/5~1/6くらいってことですからね。
比較的数字の取れる土日、阪神戦、CSぐらいしか中継しなくなっちゃいましたね。

対して、Jリーグの場合は、リーグ統括組織が放映権契約を一括管理して
その収入をJリーグチーム全体に、概ね均等に配分するという形式を取ってます。これがJリーグ分配金です。
プロ野球の一チーム独裁に対し、Jリーグは戦力の均衡と下位チームに対する
救済措置という観点からこういう形式になってます。
この放映権料の分配という方式は、健全経営と戦力均衡によるリーグ共存を謳うNFLを参考にしていて
世界のトッププロスポーツのほとんどで実施されています。
MLBみたく、リーグ統括組織がキー放送局一括契約して、その契約権料を分配しつつ
チームがそれぞれローカル局と独自に契約を結ぶハイブリッド形式が多いようですが。
Jリーグの場合は、全体で放映権料が40億ぐらい。
試合数が306試合(34節*18チーム/2)+チャンピオンシップなので、大体1試合あたり1,300万ぐらいですね。

■Jリーグ、分配金制度見直しへ…スカパー新規加入数などが影響することに
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?157690-157690-fl
 Jリーグの村井満チェアマンは23日に行われた理事会後に会見を行い、分配金制度を見直すことを明かした。
 Jリーグはこれまで、放映権料などを元手にした分配金をJリーグ各クラブに支給してきた。今回はそれをより明確化。リーグ上位クラブにより多くの分配金が渡るようにして、世界に通用するクラブの育成を目的としている。

なんか次年度から分配金に序列をつけるみたいですね。どうなることやら…。

全体的な収入を見てみると、一番金持ちな浦和レッズが傑出してるのは入場料収入の項目。
平均が7億程度。2位の横浜Fマリノスが11億というところに、浦和一チームだけ21億。
やっぱり金持ち球団と貧乏球団の明暗を分けるのは、実際に足を運んでるファンということです。
平均からの余剰分の14億あれば、大分が1チーム作れるんですもんね。
…と、ここまでがJ1リーグです。

J2リーグを見てみると、がくっと下がります。
平均すると、11億稼いで1千万くらい赤字が出る…って、平均赤字かい!
と言っても、ほとんどのチームは黒字経営なのにヴィッセル神戸が1人4億の赤字だして
平均値をぐっと下げてますね。ファッキュー三木谷。
最安値はザスパクサツ群馬が、5億稼いで5億支出して2千万の赤字ですね。
大体J1リーグの半分ぐらいの金額に収まってます。
リーグ分配金も半分になって約1億。そりゃみんなJ1を目指しますね。

J3リーグになると、J2の更に半分。
大体2億前後くらいで収まっていて、トップの町田ゼルビアでも運営費3億6千万。
最安値だとグルージャ盛岡が運営費8千4百万。ほんと市民球団って規模ですね。
YS横浜はチーム人件費2百万ってなってるけど、どういうことなの…。
分配金はなんと6百万円…。ケツを拭く紙にもなりゃしないぜ!
でもこれって3億くらいお金があれば、グルージャ盛岡をしばらく運営できちゃうってことですよね。
自分がオーナーになってサッカーチームを経営って素敵やん?

ちなみにグルージャ盛岡はその県民性からかどうか知りませんが、途中で内部分裂起こして
「FCガンジュ岩手」が出来て、そのガンジュ岩手が更に内部分裂起こして
「アンソメット岩手・八幡平」が生まれて、それとは別に「盛岡ゼブラ」がある。プロレス団体かよ。
しかもそのアンメソット岩手は僅か3年で解散して、元監督が保険金詐欺で捕まってます。面白すぎるだろ。
こういうパイの少ない地方チームは少ないリソースをなるたけ1チームに絞るべきだと思うんですが…。



スラムダンク

プロ野球・サッカーときたら、残る一つはバスケット。
あんまり知られてませんが、日本では2005年からbjリーグなるプロリーグがスタートしています。

さてその懐事情ですが、メディア露出が極端に少ないのではっきり言ってよく分かりません。

■エクスパンション、新規加入申込み数のご報告
http://bjleague.livedoor.biz/archives/51536374.html
 bjリーグでは、2011-2012シーズンへ向けた新規加入チームの申込受付を3月31日(水)に終了いたしました。
この度の公募では、10件以上の新規参入の打診をいただき、その中から6件(千葉県、神奈川県、長野県、鹿児島県、その他2件/ホームタウン予定地を調整中)の正式申込がありましたのでご報告いたします。
 選考では、 250~300百万円(チーム・年)の収支に対応できる「事業性」と、リーグ全体の発展を考慮した「地域性」を重視します。bjリーグでは、事業規模のさらなる拡大を目指し、10thシーズンにあたる2014-2015シーズンには24チーム、長期展望として全国各地に47チームまで拡大できるよう努めて参ります。

公式ページのリーグ参加条件によると「年間2億5千万~3億円ぐらい収支に対応できること」が
参加条件になってるので、大体J3ぐらいの規模感ってことですかね。
2005年開幕当初は6チームでスタートしましたが、10年経った2015年現在では24チームに拡大。
順調に拡大してきましたが、諸事情から来年からはJBL(バスケットボール日本リーグ機構)と統合して
Bリーグ(ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)として出発することになってます。
何を言ってるか分からないと思うので、詳しく知りたい人はこちらのサイトをどうぞ。

■やらない子と学ぶバスケ分裂問題 前編
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-6420.html

bjリーグの放映権管理はJリーグと同じく共存共栄型のリーグ分配方式ですが
金額は雀の涙程度なので余り収入源として期待できないみたいです。
まぁ、TVでbjリーグの中継なんか地上波で見たことないですし。
調べてみると、契約してるのはGAORA(スポーツ専門チャンネル)とBSフジだけみたい。

となると、頼みの綱はスポンサー収入と入場料ということになります。
bjリーグの観客数の平均は1,500人程度。J3の下位チームぐらいですかね。
かなり少ないと思うけど、バスケットは年間試合数がJリーグより20試合近く多いし
支出的にも1チーム15人以下という少数精鋭体制なので、人件費も抑えられるのかな?
(ちなみにプロ野球は70人、Jリーグは25人枠です)

ちなみにbjリーグで一番人気があるのは、なんと沖縄のチーム「琉球ゴールデンキングス」
確かに沖縄の子どもたちはみんなストバスやってる印象ありますね(偏見
ハーレムビートに出てきた喜屋武水産高校の比嘉くん上手かったしな。



つばくろう

こうして並べてみると、やはりプロ野球の経営規模はずば抜けていると言えますが同時に赤字も多い。
景気のいい時代は放映権料頼りの放漫経営に加えて、球団が赤字を垂れ流しても親会社が
ドンと補填して終わりでしたが、景気が悪くなった昨今はそうもいかない。
現代は球団単体での黒字経営を目指して、球場内の飲食物販を強化し、ファンサービスを向上させ
魅力あるチーム作りをして、一人でも多くのファンに球場に足を運んでもらうように努力することが
急務となりつつあります。そのためのスタジアム買収なわけですね。

しかしこういう世間の動きに対して、本来もっとも機敏に動かないといけないマスメディア側の
読売新聞・中日新聞は相変わらず動きが悪いですね…。
ただでさえ本業が右肩下がりなのになぜか余裕ぶっこいてます。

中日なんか落合GMの大規模なコストカットに始まり、谷繁プレイングマネージャーという奇策に
世代交代の致命的な失敗も重なり、今年は開幕から最下位に低迷して
シーズン終わりになってようやく横浜の自滅のおかげで5位という体たらく。
今年はチーム年俸25億5千万で7位につけてたけど、ベテランの引退が重なって
しかも岩瀬の大幅ダウンまできたら、12球団最低年俸(横浜:22億6千万)も充分ありえますね…。

ヤクルトファンとしては中日が低迷すること自体はありがたいけど、今回の記事の趣旨からすると
リーグ全体に活気が無いと結局はリーグが先細りして共倒れになるんですよね。
今回の横浜みたいに、それぞれが球団経営に力を注ぐ方向に動いて
プロ野球全体が活気づいていけばいいんですけどね~、というお話でした。



アメフト

余談ですが、国外のプロスポーツの懐事情について、簡単に補足。

■【サッカーニュース】 世界一裕福なクラブチームはビッグスターが集うあのチーム?!
http://matome.naver.jp/odai/2142211162286068201

世界で最も金持ちなプロチームと言われてパッと思いつくのは、リーガ・エスパニョーラのレアルマドリードとか
MLBのニューヨーク・ヤンキースあたりじゃないかと思います。
とりあえずサッカー界隈を見ていくと、ちょうど都合よくプロサッカーリーグの収支情報サイトを発見。
これによると、2013-2014シーズンにおける最高額はレアルマドリードで
総売上高はなんと752億円!グルージャ盛岡が895チーム運営出来るやん!
利益は他サイトをみると3,850万ユーロとなってるので、日本円にして大体52億円くらいですかね。
総収入752億円って、J1リーグ全体(554億円)より多いんだよなぁ…。
放映権料が204百万£なので、日本円にすると大体375億円…。一体どうなってんのって感じです。
まぁ、プレミアリーグなんか放映権料を3年1.3兆円で売って、最下位でも分配金だけで60億貰えるらしいですし
やっぱ向こうのサッカーは経営の規模が違いますね。

■スポーツチームの資産価値順リスト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E8%B3%87%E7%94%A3%E4%BE%A1%E5%80%A4%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88#cite_note-1

かっては世界一の金持ち球団と言われたMBLのヤンキースはと言うと…
米フォーブズ社が2015年にまとめたデータで、世界のトップスポーツチームの資産価値及び
収入と利益が公開されています。
それによると、ヤンキースは総収入が約600億円で、利益が約10億円。ってあれ?
あんまり手元には残ってないですが、これはMLBにはチーム総年俸がリーグ規定額を超えると贅沢税として
超過分の50%を余分に取られる規則があるので、その影響なんじゃないかと思います。
その贅沢税を分配金として他のチームに配る。放映権と同じく戦力の均衡策ですね。
ライバルなくして名勝負なし。1チームが独走してもつまらないだけなのにNPBは頑なに
戦力の均衡に目を向けませんね。自己責任と言えば聞こえはいいけど、見てる方は白けるだけですし。
V9時代の栄光が30年たっても忘れられないんですかねぇ…。

さて「世界一の金持ち」を収入ベースで考えるならレアルマドリードがトップですが
利益ベースとして考えると、世界で一番金持ちなチームはNFLのダラス・カウボーイズです。
総収入こそレアルに譲りますが、総利益はなんと321億円。収入の約半分が利益とか効率良すぎです。
というか、資産価値トップ10のうち6チームがNFL。さすが世界で最も健全な運営を行うリーグです。
NFLって年間16試合+ポストシーズンでMAX4試合の20試合しかないのにこれはもうすごすぎるな。
人気がありすぎて、グリーンベイ・パッカーズとか40年先までチケットが埋まってるとか。
まさに一生に一度の贅沢。これほとんど江戸時代のお伊勢参りの感覚ですね…。



【略称補足】

[NPB]
日本野球機構の略。日本プロ野球を統括している団体。
正式名称は「Nippon Professional Baseball Organization」
"Japan"ではなく"Nippon"なのがミソ。

[Jリーグ]
日本プロサッカーリーグの略。JFA(日本サッカー協会)が統括している。
正式名称は「Japan Professional Football League」
こちらは"Japan"

[J1]
Jリーグ ディビジョン1(J. League Division 1)の略。divisionとは部の意味。
つまりJリーグ1部を意味する。

[J2]
Jリーグ ディビジョン2(J. League Division 2)の略。

[J3]
J3リーグ(J3 League)の略。Jリーグ ディビジョン3の略ではない。
字面的にはJリーグではない別のリーグということになる。ロゴもJ1・J2とは違う。

[FC]
フットボールクラブ(football club)の略。地名+FCにするだけでそれっぽく聞こえる。

[bjリーグ]
Basketball Japan Leagueの略。2005年に発足した日本初のプロバスケリーグ。
株式会社日本プロバスケットボールリーグが統括している。

[JBL]
日本バスケットボールリーグ(Japan Basketball League)の略。プロ・アマ合同リーグ。
バスケットボール日本リーグ機構(Japan Basketball League Organization)が統括している。
統括組織も略称もJBLなので非常に紛らわしいが、13年からNBLに名称変更した…が、16年にまた変わる。

[Bリーグ]
ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグの略。JPBLリーグを更に略してBリーグ。
bjリーグとNBLが統合して2016年からスタートする予定。

[GM]
ゼネラル・マネージャーの略。監督が現場指揮官なら、GMは総指揮官。
トレード・ドラフト含む中期的なチーム戦略を統括する重要職。量産型ガンダムの略ではない。

[£]
スターリング・ポンドの略。日本では英ポンドで知られる通貨。主にイギリス連邦で使用されている。
2015年10月20日現在、185.139852円。

[MLB]
メジャーリーグベースボール(Major League Baseball)の略。いわゆるメジャーのこと。
日本人選手が多数活躍してるので、日本人にも馴染みの深いリーグ。

[NFL]
ナショナル・フットボール・リーグ(National Football League)の略。
世界最大のアメリカン・フットボールリーグ。北米四大スポーツの中でもっとも人気があるとされている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

詳しい話は知りませんでしたが
札幌ドームって、日ハムの持ち物じゃなかったんですねぇ
更に今回のでいえば、カープとかの様な形態ですらなかったのは驚き
札幌ドームで日ハムの試合以外に、稼げるものなんてあるんですか?

つば九郎は、燕市のRP大使だったりと、新潟になじみ深いキャラですし
何かとヤクルトとは縁が深いと、改めて思った
(ベイスターズを新潟に誘致しようとしていたことがありますけれど)

しかし、これだけ難しそうな話を
ここまで分かり易くまとめられるsigenさんの才能が恐ろしい

No title

>札幌ドームって、日ハムの持ち物じゃなかったんですねぇ
自分も福岡ドームってホークスの持ち物じゃなかったの!?って思いましたし
この辺の事情ってあまり知られてないですよね~。
MLBなんかは市が多額の費用をかけて球場作って、球団に無料同然で貸してるケース(楽天みたいな)が
多いみたいなので、それだけ日本はスポーツ誘致に対する自治体の理解が乏しいとも言えますね。
札幌ドームは冬期中心に各種イベントもやってますが、基本的には日ハムとコンサドーレですね。
コンサドーレファンもドーム使用料(1試合800万円)ふざけんなと思ってるみたいです。

>つば九郎は、燕市のRP大使だったりと、新潟になじみ深いキャラですし
これは知らなかった。というかつば九郎はペンギンのイメージが…。
ベイスターズは今回の件で、横浜に根を下ろしてやっていく覚悟みたいですね。
頑張って欲しいですが…監督ラミちゃんか…うーむ

No title

>コンサドーレファンもドーム使用料(1試合800万円)ふざけんなと思ってるみたいです
そういやコンサドーレもありましたね、忘れていましたわ(失礼

>これは知らなかった。というかつば九郎はペンギンのイメージが
いわれて改めて見てみると、確かに見えなくもない
ところでこの脅迫? の写真はいったい

>監督ラミちゃんか…うーむ
でも、ドラフトで某監督みたいな失敗しませんでしたよ?
まぁ、自分もどうかと思います

No title

>でも、ドラフトで某監督みたいな失敗しませんでしたよ?
それ以上はいけない
でも初仕事のドラフトは大成功でしたねー
ドラ2の熊原くんの家族の沈痛な面持ちは気の毒でしたが…。
時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。