スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ドラフト会議2015 悲喜こもごも

先日(10/22)にプロ野球ドラフト会議2015が行われました。
最初に断っておきますが、ドラフトの出来不出来みたいな話ではないです。
うなカッスとオコエぐらいしか知らなかったニワカなので、指名選手を取り巻く現段階の世評的なものを中心に
ふんわりとした視点で今回のドラフトを総括してみようと思います。

リポビタンD
画像に他意はないです(大嘘



そもそもドラフト会議とは何か?
ドラフト【draft】とは”選抜”の意味。イメージそのまんまですね。
正式名称を新人選手選択会議とする、毎年10月頃に行われるNPB主催の次年度の新戦力獲得システムです。
歴史を紐解いてみると、第1回ドラフト会議が行われたのは1965年。
その意図は戦力の均衡と契約金の高騰防止。それまでの選手獲得は各球団が自由に選手とコンタクトを取って
金を積んで任意のタイミングで獲得できました。
が、当然それだと金持ち球団に戦力が集まり、一人勝ちになってしまう。
加えて、有望選手の取り合いは札束の叩き合いになるので、ますます金持ちの有利になってしまう。
そういう格差是正のために導入されたのがドラフト制なわけです。
1936年にNFLで導入されたのが世界初で、MLBが導入したのも日本と同じ1965年みたいですね。
ちょっと意外。いつものようにMLBに倣って導入したんだと思ってました。

指名システムは時代に合わせて変遷してますが、現行制度は以下のとおり。
 ●1巡目 …入札抽選
 ●2巡目 …ウェーバー方式(優先順位は同年のセ・パ交流戦の優勝リーグ)
 ●3巡目以降 …逆ウェーバー方式。4巡以降はウェーバーと逆ウェーバーの交互方式。

…何言ってるか分かりませんね。
まず1巡目は入札抽選制度。これは分かりやすいですね。
要するに各球団が欲しい選手を宣言して、重なったらくじ引きして当たりが指名権獲得。
重ならなかった場合は無条件で指名権を獲得。
くじで外した球団は再度入札抽選を行うというシステムです。
当たれば大きいけど外すと致命傷の競合指名か、それとも確実に指名できる独自路線か?という
駆け引きが見どころです。

2巡目のウェーバー方式とは、同年のペナントレースの”低い順位の球団”から
順番に指名していくシステム。
今年の場合は、セパ交流戦でホークスが優勝してるので

【2巡目】
1.楽天(パ6位)→2.横浜(セ6位)→3.オリックス(パ5位)→4.中日(セ5位)→5.西武(パ4位)→6.広島(セ4位)→7.ロッテ(パ3位)→8.阪神(セ3位)→9.日ハム(パ2位)→10.巨人(セ2位)→11.ホークス(パ1位)→12.ヤクルト(セ1位)

という順番で指名することになります。
要するに弱いチームから優先的に良い選手を獲得して、戦力の均衡を図るシステムなわけです。
なので、楽天の場合は言ってみればドラ1レベルの選手が2名獲れることになり
対してヤクルトはドラフト1位を外すと、次はほぼドラ3レベルの選手ということになります。

【3巡目】
1.ヤクルト(セ1位)→2.ホークス(パ1位)→3..巨人(セ2位)→4.日ハム(パ2位)→5.阪神(セ3位)→6.ロッテ(パ3位)→7.広島(セ4位)→8.西武(パ4位)→9.中日(セ5位)→10.オリックス(パ5位)→11.横浜(セ5位)→12.楽天(パ6位)

3巡目は逆ウェーバーなので、今度はヤクルトから始まって、次はホークス。
要するに2巡目と逆に順番になります。4巡目はまたウェーバー方式になって2巡目と同じ順番です。
以降は逆ウェーバーとウェーバーを交互に繰り返していきます。
つづら折りみたいなのをイメージをしてもらえばわかりやすいと思います。

ウェーバー制
ウェーバー方式のイメージ

なのでプロ野球の現行ドラフト制度は「入札抽選含む半ウェーバー方式」なわけですね。
完全ウェーバー制に、という声もありますが、くじ引きはやっぱ面白いんだよなぁ。





■福岡ソフトバンクホークス
世評的には一番評価の高いドラフト。
ドラフト1位で、高校No.1の誉れ高い立岐阜商の高橋純平を中日・日ハムとの3球団競合の末に獲得。
なんか今シーズンは工藤の一人勝ちみたいなシーズンでしたね…。まだ日本シリーズ始まってないけど。
結局ホークスは指名した6人が全員高校生という王者のドラフト。
2年目くらいに半端に芽が伸びても逆に困るレベルで選手層が厚いので
3、4年くらい2軍でガッツリ塩漬けにする方針なんでしょう。羨ましいこって。
あと、3位~5位までが全員健太というネタ要素も見逃せない。
今宮と合わせて1チームに4人健太がいるんですがそれは…。



■東京ヤクルトスワローズ
今ドラフトの最大の笑いどころ。
1位指名に大学No.1野手の明治大学の高山を指名。阪神も指名したので競合になりくじ引きに。
ここで先に封を開けた真中が渾身のガッツポーズ。巻き起こる拍手と、うなだれる阪神金本。
神宮のアイドル高山くんもこの結果にワイプでニッコリ。
真中監督のインタビュー「慣れ親しんだ神宮球場なので一緒にヤクルトでプレーしましょう!(ドヤァ」
悠々と席に帰る真中を見て、へこんでるはずの阪神テーブルがなぜか大爆笑。
なんだなんだと思っていたら、運営のアナウンスが入り真中がひいたのははずれクジと判明。(;゚ Д゚) …!?
まなかwwwなにしとんねんwww
真中が間違えるくらいだから余程紛らわしいデザインなんだろうな…と思ってサンプルみたら

くじ

どこに間違える要素あるんだよこれwww
どうやら真中はロゴマーク(偽造防止のための透かし)を見て、当たりくじだと思ったらしい。
A4一枚の説明書ぐらい読みましょう。
747:風吹けば名無し@\(^o^)/:2015/10/22(木) 18:05:13.67ID:yuPX4uUu0.net
真中は早く開けた方が勝ちだと思っていた説

神速の真中、誕生の瞬間であった。
大学2名と高校4名からバランスよく指名したけど、神速のガッツポしか話題にならなくてカワイソス(´・ω・)
ハズレ1位の原樹理くんが大活躍して、あの時外してよかったと笑い話になればいいなぁ。

■日本ハム
1位指名で岐阜の高橋を指名するも前述のとおり、(よりによって)ホークスに競合負け。
ハズレ1位で甲子園優勝投手の小笠原慎之介(通称うなカッス)を指名するも
またしても中日と競合になり敗北。結局ハズレのハズレで明治大学の上原健太を指名。
くじ運の強さには定評のある日ハムらしからぬ運のないドラフトでした。
8人とって5人大学、1人社会人、2人高校生か…。即戦力型の傾向ですね。
でもド本命に正面からぶつかっていく姿勢はさすが日ハム。これぞドラフトよ。

■読売ジャイアンツ
ある意味今回の一番の問題児。
ヤクルト真中が陽の問題児なら、こっちは陰の問題児。
野球賭博に巨人の少なくとも3選手が関与していることが明らかになり、今球界が大きく揺れています。
そんな中、責任をとって巨人のドラフト辞退という話もありましたが、球団はドラフトに参加することを表明。
まぁ、この判断の是非については諸々ありますが、今回はとりあえず割愛します。
さて、巨人の指名ですが1位は立命館大学の桜井投手。投手王国で貧打に喘いでいるのに投手獲得なのか…。
大学5人、高校2人、社会人1人の即戦力傾向ですが、どうも世評的には「大失敗」「ビジョンが見えない」
「賭博問題で遠慮した」等々、???感が強い謎指名らしい。

察するに、賭博問題で予めネゴってた選手との約束が反故になって
なんとか確約が取れた選手だけを寄せ集めたら、こんなドラフトになっちゃいましたって感じっぽいですね。
超逸材の強行指名のケースは別ですが、基本的には予めネゴってから指名に入るのが通例です。
指名拒否なんかされたら貴重な1枠無駄になっちゃうからね。
特に親御さんの影響力が強い高校生組には敬遠されたんじゃないかと思います。

あと、育成ドラフトがこれまた酷い。
8名中、7名が独立リーグ出身で、しかもそのうち4名が同じチームという。
武蔵ヒートベアーズは中日も含めて5名獲られたけど、これ来年試合出来るんですかね…。

□【巨人】来季3軍創設 育成選手中心に20~25人構成
http://www.hochi.co.jp/giants/20151023-OHT1T50010.html
 巨人は22日、来季から育成選手を中心に「3軍」を編成すると発表した。若手選手の育成と競争を目的として発足するもので、育成選手を中心とし20~25人の規模で構成される見込みだ
(中略)
巨人は1990、91年の2年間、リハビリ組などのために3軍を置いており、名称が復活するのはそれ以来となる。イースタン・リーグが取り組んでいるフューチャーズ戦については今季同様の活動が維持できるよう、選手とスタッフを派遣する方針。3軍の指導体制などは今後調整に入る。

巨人は来年から3軍体制を復活させる方針らしく、それに伴って緊急で20名程度の選手が
必要になったので、巨人と関係が深いヒートベアーズ中心に大量に引き抜いた模様。

まぁこれが独立リーグで無双してる有望株というなら別に構わないですが
巨人が獲得したヒートべアース選手を見てみると、打率1割台の奴とか防御率10点台の奴とか
独立リーグですらまともに活躍出来てないなんじゃこりゃみたいな選手がゴロゴロ。
中日はちゃんとMAX150km/hの高卒セーブ王を獲得してるのに…。
こう言っちゃなんですが、来年から3軍で試合するためにヒートベアーズその他チームに無理をいって
放出しても惜しくない選手をかき集めたようにしか見えないです。
ヒートベアーズは昨年参入したばかりの新設チームなのに、1年目でいきなりプロ5人輩出。
なんだか色々と胡散臭いですねぇ…。
まぁ、ほぼ無給に近い状態でプレーしてる独立リーグの選手にとっては、たとえ育成枠でも
プロになれる最後のチャンスなので断ることは出来ないんでしょうが。人買いみたいでどうなんだろうこれ。



■千葉ロッテマリーンズ
気を取り直して、ロッテのドラフトに。
1位指名でいきなり楽天が指名した仙台育英高校の平沢に被せていく鬼畜っぷり。
そして豪運で鳴る楽天を退け、ロッテが交渉権をゲッツ。伊東やるなぁ。
社会人3人、高校4人というはっきり育成と即戦力が分かれたドラフト。
高卒No.1野手を1位指名とか、西岡以来かな?期待が膨らみますね。
伊東がインタビューしてる時の楽天の立花社長の眼が怖すぎる。

■阪神タイガース
前述のとおり、奇跡(悪夢?)の逆転劇で明治大学の高山を獲得。
他は…特にコメントしようがないですね。
大学4人、社会人1人、高校1人の即戦力型ドラフトですかね。
2位とは思えないぐらいチームの高齢化が進んでガタガタなのでこうなるのは仕方ない。

イチャモンかもしれないけど、金本監督が片手で握手しにいって高山くんに両手で握り返されたり
くじをソファに座ったまま片手で渡して、高山くんがちゃんと立って両手で受け取ったり
どっちが大人なのかよく分からん様子を見て、来年の阪神と高山くんの今後が不安になってくる
てか高山くんはええやっちゃな!阪神行っても応援するで!


■埼玉西武ライオンズ
独自路線をつっぱしり最多の支配下10名を獲得。
(特にコメントは)ないです。
ファン的にも良かったのか悪かったのか評価しづらいドラフトの模様。
6位指名の本田圭佑(國學院大學)はネタ度が高くて高評価。
俺は(西武に)入団する。あえてね。

■広島東洋カープ
大学1人、社会人4人、高校2人という即戦力型ドラフト。
高校生をガッツリとって地獄の特訓で育てる80~90年代のイメージ完全になくなっちゃいましたね。
気になるのは6位指名の仲尾次オスカル。金髪碧眼の男装の麗人みたいな名前をしてるのに
実物はラテン系さかなクンじゃねーか!

■オリックス・バファローズ
西武とタイの一挙10名の大量獲得。
大学2名、社会人6名、高校2名の大型補強ドラフト。
6位指名の佐藤世那は結構話題になってたような気がしたけど、このぐらいの順位なのか。
オリックスの大量指名というと2000年代序盤の契約金0円指名を思い出して、余り成功する気がしない。

■中日ドラゴンズ
1位指名で地元の星・高橋純平を外したものの、ハズレ1位で日ハムと競合して、うなカッスを獲得。
小笠原2軍監督に小笠原2軍投手コーチに加えて、第三の小笠原が誕生するのか…。
甲子園優勝投手という肩書、150km/左腕で高橋純平に次ぐ逸材という触れ込み
しかも小笠原姓ということで中日ファン的にはかなり好評の模様。
線の細いイケメンの高橋より、小笠原の方が中日顔なのも見逃せない。
社会人中心の昨年ドラフトが”即戦力外ドラフト”と揶揄されるひどい出来だったので
やっぱドラフトは甲子園優勝投手を狙ってなんぼやな。
3位の社会人捕手・木下も高評価らしく、久々の当たりドラフトという触れ込み。
2位指名の佐藤優が早くも「中日のラスプーチン」呼ばわりで草が生える。

■東北楽天イーグルス
珍しく競合に負けて地元の星・仙台育英の平沢を取り逃すも、ハズレ1位にオコエ瑠偉を指名。
楽天らしい知名度優先・ミーハー指名という声もあるけど、新生・梨田楽天のカラーとオコエは
結構合ってるんじゃないかなと思う。
少なくとも昨年のデーブ政権に引きぬかれた安楽くんよりはマシじゃないかと。眼、死んでましたからね…。

目が死んでる
無事、安楽死

でも楽天に高卒野手を育ててる余裕あるんかな…。
2位指名はなんで地元の熊原じゃなかったんや!と言われてますが
今の楽天は投手より野手の緊急性が高いからなぁ…。梨田監督の立て直しに期待。

■横浜DeNaベイスターズ
1位指名で駒沢大学の今永を単独指名。
続く2位指名でウェーバー制のメリットを最大限に活かして、ドラ1レベルの仙台大学の熊原を指名。
大学No.1・No.2の左右投手を獲得して、来年は優勝いけるんちゃう?と早くも浜ファンがポジってます。
ポジハメの鑑なんだ!(*^◯^*)
3位指名の戸柱も堅守の遊撃手という触れ込みなので、日替わりショートの横浜にはピッタリ。
ラミちゃん初仕事にして、かなり高評価のドラフトだったみたいです。
まぁ横浜の場合、全て穴だからどこ補強してもピンズドですが

□ラミちゃんDeNA、一本釣りで駒大・今永ゲッツ!/ドラフト
http://www.sanspo.com/baseball/news/20151023/den15102305020001-n1.html

個人的には、会見でゲッツ!をして記者を笑わせるお調子者キャラのドラ1今永くんが
横浜に入ってどこまで曇るかが楽しみでなりません。(暗黒微笑


□横浜DeNAベイスターズへのコメント一覧【クリックで展開】






無事死亡

こうして見ると、今年のドラフトは特に高卒の注目選手が多くて面白かったですね。
会議中継の視聴率も13.9%と過去2年よりも高く成功だった模様。真中とか言う視聴率男。

□ドラフト会議生中継 13・9%の好視聴率 過去2年間上回る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00000086-spnannex-ent

 22日に生中継されたTBS「プロ野球ドラフト会議2015」(後4・53~5・50)の平均視聴率が13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。同時間帯の前4週平均5・5%から8・4ポイントの大幅アップ。占拠率(シェア=該当局の視聴率が放送全体の視聴率に占める割合)は33・2%に達した。

個人的には、育成に時間の掛かりそうなホークスの高橋くんを抜かすと
中日の小笠原くん、阪神の高山くん、横浜の今永くん(の闇堕ち)に期待してます。

しかし、今日から日本シリーズが始まりますが、3競合で引き当てたホークスの工藤と
神速ガッツポーズでドラフト会議の歴史に名を刻んだ真中とで
早くも明暗が分かれてて、ヤクルトファンとして辛いです…。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。