スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

第5回緋蒼劇リザルト

第5回結果

第5回「緋蒼劇」の結果について。

謹啓時下ますますご健勝のことと云々。
今回はエントリー8名+観戦者2名の計10名の参加がありました。
優勝者はグスト参加のはやもどきさん!おめでとうございます!
早苗+うどんげの必勝態勢で臨んできたはやもどきさんに隙はなかった。
準優勝は同じくゲスト参加のTweさん。
パッチェ+ゆゆこの自重しない弾幕コンビすごいですね。
身内大会だと「戦う前からある程度順位が決まってしまうから」という理由もあって
イレギュラー要素としてランダム枠を設けましたが
外から人を入れるなら、きっちりキャラを揃えてガチで勝敗を競うのも面白いかも知れませんね。
とりあえずこれを課題①に。

レギュレーションにもあった通り、7名以上だったのでトーナメント方式に移行。
主催者としては時間的なものが大変気になっていたところですが
12試合を終えたところでちょうど0:00に。
前回は10試合で2時間半。今回は12試合で3時間だったので、スムーズに進めば
1試合15分計算で見積もっていいみたいです。ふむふむ。
途中で運営用メッセが異常に重くなったことがありましたが
MSNを開き直すことで解決。単純なことだけど、こういうのもやってみないと分からないもんですね。
今回の課題として、トナメ戦では運営時間の関係上一人3戦ずつとなってしまい
総当たり戦時と比べて消化不良という声がありました。これについては確かにその通り。
とはいえ仮に8名参加で総当たりをすると単純計算で28試合の7時間マッチ。
ムリwwwwサポシwwww
観戦のため一試合づつ消化という原則を崩すか、それとも2on2にして一試合を短縮するか。
これを課題②としておきましょう。

以下、今大会のリザルト。
web拍手 by FC2
■第一回戦■
 sigen×(1-2)○Twe
 (レミリア ×-○ パチェ)
 (アリス  ×-○ パチェ)
 (咲夜   ○-× ゆゆこ)


オープニングゲームに相応しい好試合・・・になると見せかけてこれだよ(笑
1戦目はストレッチ第七星雲からストレッチの素晴らしさを幻想郷に広めるために
やってきた謎の吸血鬼VS紫もやし(ストレッチは苦手)。
ぶっちゃけもやしにガードされると崩せないでござる。
トリックとかめくりJ2Aの表裏択が強い分、ストレッチマンは画面端の相手を崩すのが難しい。

U☆KE☆TE☆MI☆YO!我が全霊の拳!

天に滅☆SAY!

北斗神拳の前では死あるのみ

北斗拳究極奥義「夢想転生」

極光がダイヤモンドダストだったら・・・そう期待してた時期が(ry

天地を砕く剛拳もこの一握りの愛を砕くことは出来ぬ(キリッ

レミリアよ、あなたが最大の強敵(とも)だった

俺も悲しみを背負うことが出来たわ・・・(泣。

固まっている相手を崩すための手段。これが今後の課題ですね。
次は魔理沙・レミリア・咲夜でいけるかも。

■第二回戦■
 アラ○(2-1)×オレンジ
 (魔理沙  ○-× うどんげ)
 (小町   ×-○ 魔理沙 )
 (空    ○-× 文   )


お互いにブランクのある者同士の一戦。
1戦、2戦とお互いが取り合ってイーブンのまま運命のファイナルラウンドへ。
奇しくも空VS文のカラス対決となりましたが、初心者同士でこの組み合わせだと
火力と判定が鬼強い空が圧倒的有利なんですよねー。
スピードを生かしてJAから切り込んで少しずつダメージを蓄積していくものの
空のAが一発刺さったら2,500とられる予想通りの展開。
文側は空中ステップでうまく攪乱して空の隙を作ってるけど、攻撃に結びつかないのが痛い。
1戦目は文有利のペースで進むも、あと一息のところで空の反撃に遭い制御不能ダイブで滅殺。

初心者殺し

2戦目も均衡した展開で進むも、文が(多分相手のカードを見ていない)
不用意な疾走風靡をしてきたところをきっちりガード。
バウンドしたところに待ってましたとばかりに反確の核反応制御不能ダイブで勝負あり。
スペルカードを有効に使った空の勝利でした。お見事。

■第三回戦■
 K2×(1-2)○はやもどき
 (空    ×-○ 早苗  )
 (レミリア ×-○ アリス )
 (アリス  ○-× うどんげ   )


1戦目は空VS早苗の新キャラ対決。
はやもどきさんはまだ緊張があったのか、やや鈍い滑り出し。
一方、ハナから失うもののないK2は最初からクライマックスランダーズ。
手負いの獣の恐ろしさを彷彿とさせる猛攻です。はやもどきさん、早くトドメを刺しテ!

守矢流戦闘術は、全て隙を生じぬ二段構え

しかし乾神招来・風を使い出してから形勢逆転。
高い空間制圧力をフルに使って、有利に試合を展開。終わる頃にはズタズタにされた鳥頭の雑魚がいた。
しかし、この乾神招来・風はいつみてもスキカとは思えない性能。
これにどう対処するかが対早苗戦のカギでしょうか。
グレイズして突っ込むと早苗側の思うつぼなので、とりあえずガードしておくのが一番いいっぽい。

2戦目もあっさりはやもどきさんが勝利して、勝敗は決したものの続く3戦は本命対決。
さすがにお互いメインキャラだけあって、打って変わったスピーディーな展開。
アリス相手にやや不用意な飛び込みもあって、ワンサイドな展開でしたが
オプティックブラスト>Sオプティックブラストで3800奪ったのを足がかりに一気に肉薄。
負けはしましたが、最後の粘りを見せてくれました。

2セット目も升スペカの異名の高い和蘭人形をDA>符蝕薬で割にいこうとするなど
身内対戦ではあまり見られないテクニカルな動きも見られました。
ここで割れてたら違う展開になったかも知れないところですが、バックジャンプで回避。
そして自重しない和蘭人形でずっとずっと俺のターン!
1セットに二回和蘭人形を使う恥知らずなアリス使いがいた!

金髪の雑魚

和蘭は下手にグレイズしようとするより、ガードして相手の割にくる打撃を結界した方が
いいのかも知れないですね。

■第四回戦■
 ステイ○(3-0)×セアル
 (空    ○-× 小町  )
 (芋    ○-× 小町 )
 (てんこ  ○-× 中国   )


【セアル】 やったぜ小町&圧巻のワンサイドゲーム
2010年2月13日(土) 21時24分 セアルスポーツ

セアルスポーツ1面

セアルスポーツの時間です
今日の先発はサブキャラの小町
普段から戦い慣れているステさんの空相手に堂々の先発
制圧力の高い人魂を軸に老獪な攻めを見せ空の火力を封殺
攻めてはリーチの長い遠Aで空の打撃の先を取り、守ってはメルティングをバックジャンプで回避するなど
攻守共に集中力のある動きを見せました。

先発の責を果たした小町のあとを引き継ぐのはまさかの小町。
ランダムでもサブキャラを引き、運さえも味方につけた盤石の体制で芋香と相対。
芋香の低空射撃に対し、空ガ不能の3Aを巧みに当てるテクニカルな動きで相手を地上に張り付かせておき
さらに相手の隙にはAAAA>川の流れを当てて確実にダメージを奪っていきます。
さらに小町・小町ときて、ストッパーを任されたのは勿論メインキャラの紅美鈴。
文句のつけようのない継投策で試合を決定づけました。

セアルスポーツ2面

なお、試合はセアルさん側が3タテで敗戦しました
第1戦は調子に乗って攻めたてたところを聖帝ダイブ食らってあっけなく逆転されました。
2戦目はハイパーボッ!を食らって即死しました。

■第五回戦■
 常識に○(3-0)×カズさん
 (レミリア ○-× うどんげ)
 (早苗   ○-× イクさん)
 (咲夜   ○-× 文   )


前回負けてしまっただけに否が応でも気合いが入る一戦。
相変わらずレミリアは相手を崩せない崩しにくい!
下段技が3Aと遠Aだけで、射撃の削り量も少ないので
正攻法で割ろうと思ったら溜Cを使うしかないのが厳しいところ。
表裏択で相手のガード方向を迷わせる格闘ゲームらしい攻め方が必要らしい。
この辺のノウハウは咲夜にも流用できそうな気がするんですが。

咲夜戦ではいつものごとく1戦目は様子見っぽく。
起き上がりにHJするタイプかガードを固めるタイプか。
空対空で風靡を多用するか否か。その辺を把握するだけで幸せになれます。

敢えて当てない辺りが謙虚

最後は夜霧で鮮やかに決めようと思ったら、その前に決着。
仕方ないので、試合後に吐き出しておく。特に意味はなし。
文は霊力をそれほど使うキャラでもないから、霊力切れを狙うのが難しいですね。

■第六回戦■
 K2 ○(2-1)×セアル
 (魔理沙  ○-× 小町)
 (てんこ  ×-○ てんこ)
 (アリス  ○-× 中国 )


ランダム魔理沙VS小町の第一戦。
動きにクセがなく、スキカは三種の神器が揃って、スペカも分かりやすい性能の魔理沙を
ランダムで引いたのはかなりの当たり籤。
それでも小町はセアル氏のサブキャラということで、安定した立ち回りと
魔理沙側の何の意味もないところで飛び出す昇竜に助けられて1セット目を先取。

U☆KE☆TE☆MI☆YO!(ry
俺も悲しみを背負うことができたわ

2セット目も前のセットの勢いをそのままに小町優勢の展開。
しかし台風になったところで、小町が不用意に死者選別の鎌で殺しにいったところに
カウンターのファイナルスパークが直撃して驚きの5,200ダメで即死^^;
厳重注意ですよ^^;厳重注意^^;
あの状況で魔理沙が逆転するには台風でFスパを当てるぐらいしか方法がない、と
相手の行動を予測出来るようになると幸せになれます。

■第七回戦■
 Twe ○(3-0)×アラ
 (パチェ  ○-× 魔理沙)
 (中国   ○-× 咲夜 )
 (ゆゆこ  ○-× 空  )


あんまり関係ない話なんですが、先日読んでいたエロ漫画の中に出てくるキャラが
ゆゆこそっくりだったので、最近ゆゆ様を見ると劣情を催してしまいます。
さて、早々と決着が付いた3戦目。ゆゆこVS空のお手軽強キャラ対決です。
ゆゆこはともかくとして、空は貧乳設定なのか巨乳設定なのか。
パワーキャラなので巨乳と信じたいところですが、胸のルビーが外せない外しにくい!グギギギg
ちなみに試合はtweさんの3タテでした。

■第八回戦■
 ステイ ×(1-2)○はやもどき
 (空    ×-○ 早苗  )
 (みょん  ○-× パチェ )
 (てんこ  ×-○ うどんげ  )


久しぶりに勝敗の予測が付かないマッチング。
第一戦は空VS早苗の新キャラ同士の組み合わせ。
空側は早苗戦の立ち回りがよく分かってなかったのか
一度停止してそこから加速するC射が効果的に機能、1セット目は早苗側の一方的な展開に。
2セット目はもう泥仕合に持ち込むしか勝つ手がないと判断したのか
序盤からロケットダイブ連打で猛攻を仕掛けるも、あっさり回避されて画面端から戻ってくるところに
4コス「明るすぎる夜」で3,800くらって即死。

悲しみよ、こんにちは

そりゃまぁ、こうなりますよね。

もう後がないステイ側がここで引いたのは、元メインキャラのみょん。
「もうついたのか!」「はやい!」「きた!ロリきた!」「メインロリきた!」「これで勝つる!」
やっぱロリじゃないとダメかー。土壇場でロリ引ける人あこがれちゃうなー。
自慢じゃないが天則やってる時に「幻想郷の大十字九郎ですね」と言われたこともある。
どこぞのデュエリストを彷彿とさせるインチキくさい引きの強さです。

みょんの顔が結構ヤバげ

ドヨースピアの出掛かりに現世斬を合わせるテクニカルさが光り、試合をイーブンに戻します。
普段もこのくらい集中すればいいのにね。

3戦目ははやもどきさんがメインキャラのうどんげを使うのに対して、ステイさん側は場違いなてんこ。
てんこがセオリー無視の攻撃をして序盤こそ追い詰めるも
終盤は見切られてフルボッコにされるいつもの展開。
見所は途中でてんこが見せた謎の屈伸運動。おそらく22Bを撃とうとして霊力が足りなかったと思われる。
てんこさん、準備体操は試合前にやってくださいますか^^;

■五位決定戦■
 sigen ×(1-2)○K2
 (レミリア ×-○ アリス )
 (イク   ×-○ みょん )
 (咲夜   ○-× アリス )


K2が相手と言うことでここは絶対に負けられない戦い。
最初からクライマックスでやるます!

姉ちゃん、明日って明日さ!

(;゚д゚) ・・・
よし、二戦目から頑張ろう。
というか他の19キャラならまず勝てるのに、よりによってメインとかありえぬだろ。

もう後がないランダムで引いたのはよりによってイクさん。\(^o^)/
そりゃあっちもろくにプレイしたことのなさそうなみょんだけど、基礎性能が違うすぐるでしょう?
遊泳弾も超ドリルもセットしていない初期デッキでどうしろと。
まぁ、初期デッキなのは向こうも同じ。ここは覚悟を決めていくしかない!

奥義・死5秒前

そういえばみょんの初期デッキには成仏得脱と未来永劫が入ってましたーッ!!\(^o^)/
同じだけど同じじゃねぇッ!

■三位決定戦■
 アラ ×(0-3)ステイ
 (魔理沙  ×-○ 空 )
 (早苗   ×-○ イク )
 (空    ×-○ てんこ)


恥知らずな空使いがいた!

ステイさん、負けそうだったからってそれはちょっと^^;

■最下位決定戦■
 セアル ○(2-1)×カズさん
 (小町   ×-○ うどんげ)
 (咲夜   ○-× イク  )
 (中国   ○-× 文   )


天はなぜこの二人を同じ時代に生んだのか。
宿命の竜虎三度相打つ!

というわけで第一戦は小町VSうどんげの元オワタ四天王の一戦。
小町有利の展開と思いきや、思いの外うどんげが丁寧な動きで善戦。
射撃性能はうどんげの方が上だから、J2Aさえ振られなければうどん有利なのかな。

うどん戦の死因の3割はLRE

そして斜め上の位置から飛んでくるLREでトドメ。
何度見てもこの位置からのLREは凶悪過ぎるんだぜ。

二戦目は咲夜VSイクさん。
これは打撃リーチとCの速射性能に秀でたイクさんが有利かと思いきや
今度は逆に咲夜が取り返す展開。なかなか推測が当たらないですね。
ちなみにこの試合で咲夜が壁際のイクさんに空対空でJA>JB>J6C>(6D)>Bクロースというコンボを
やっていましたが、再現不可能でした。むずかしすぎんぞ、これ!

3戦目はお互いにメイン対決。
中国側が最初のセットで見せたAAAA>(白楼剣)>AAAA>5クト拳が見事でした。
実戦で見るのは初めてかも。まぁ、前の仕様だと一回白楼使うと霊力0だったしね。
でもスーパーモード後にスキカ直撃を狙いすぎてガードがおろそかになるのは頂けないです。
狙いたくなる気持ちは分かるけどね。

■決勝戦■
 Twe ×(1-2)○はやもどき
 (パチェ  ×-○ 早苗  )
 (アリス  ×-○ 小町  )
 (ゆゆ   ○-× うどんげ)


決勝戦はゲスト2名による頂上決戦に。
古参の方働いて貰えますか^^;
今までの試合が嘘のようなハイレベルな試合展開。一進一退の攻防が続きます。
ロイフレで勝負あり、と思いきやグレイズで凌ぎきられ、渾身の「明るすぎる夜」が炸裂。
確定じゃないのに何故ロイフレを?と思いましたが、あとあと聞くとその時点では
残り0.5だったそうで。同じ残り0.5でもこれから回復する0.5と、削れた瞬間の0.5では
違うというわけですね。各種確定削り技を持ってるキャラは要注意です。

2戦目のアリスVS小町戦は・・・と思ったらリプレイが同期ズレ。\(^o^)/
メモ用紙に勝敗だけ書き込んでおいたのは不幸中の幸いだったというべきか・・・。

3戦目は、リアルテイムで観戦していた時に同期ズレしてたからムリだなー、と思って
リプレイを見てみたら、こっちはまともに動いていたミステリー。
なにこれ。すごく・・・怖いです・・・。

1戦目ははやもどきさんの速攻が功を制して一気に1セット先取。
このままいくと思いきや、2セット目から怒濤の反撃。
DA>エクスをきっちり前グレイズして回避するあたり、これは身内読みなのか経験なのか。
他にもアンダーセンスブレイク・霊撃の回避など、相手のデッキをきっちり読み切った
冷静な試合運びが目に付きました。
最後は死出の誘蛾灯で退路を塞いで、一気に勝負を決め一矢報いた形となりました。
素晴らしいなさすがTweさん素晴らしい。

サブサン・和蘭・九字といい設置系強すぎだろ・・・

というわけで今回のリザルトはこれで終わり。
かなり手抜きなので、気が向いたら修正いれます。
さて次回はどんな大会にしたものですかねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

8人とかなら4人のリーグ二つに分けてリーグごとの上位二名か1位と最下位選出して二大頂上決戦とか。
ぶっちゃけ練習が足りなさ過ぎて予想以上に対抗できなかったので、次はPS2コンの埃くらい拭って参戦します^^

咲夜さんは俺の嫁

大会参加お疲れ様でした~。
なるほど、ワールドカップ予選みたくリーグ毎の代表を出し合うというのも面白いですね。
まぁ、AリーグとBリーグしかないわけですが。
ダブルイリミネーションとかやったら、この間のWBCみたく
毎回同じ相手とやる羽目になりそうだ。
しかし、WCの日本って毎回毎回死のグループとか言ってますよね。
日本から見れば、他がどこでも死のグループだと思いますが。

No title

今大会初顔合わせな方もいましたが「ぶっぱの帝王」の称号は頂きました。
これからもイキナリぶっぱに精進してまいる所存です。
後ようやくてんこの楽しさを判ってきた俺にとっては場違いではなく必然!。

とりあえずは楽しめたのでそれで満足です。

大会運営お疲れ様です

大会内唯一まともにサブがいない圭圭です どうもこんにちは
他キャラ使うより1/20の確率で嫁引いたほうが勝率よさそうだからな・・・
とりあえずうちの嫁が過労死しそうなので次大会までにはサブ一人は確立させておきますよ(キリッ

前大会でも同じセリフ言った気がするが俺のログにはなにもないな

No title

運営お疲れ様。
トーナメントは前回参加者とそうでない人が固まりすぎて新鮮みが無かったというのが正直な感想。
ランダムだったので仕方ないけど、アラさんやTweさんとやってみたかった。

あとは準備運動じゃないが事前にネット対戦でもしておいたほうがいいと痛感。総当たり戦は対戦である程度なんとかなったがトーナメントだとどうしても対戦回数が少ないし。

>WCの日本って毎回毎回死のグループとか言ってますよね。
まぁいってるのは限られてますがの。

No title

PCの交換でかなり返事が遅れました。
しーましぇーん!!

>ステさん
大会参加お疲れ様でした~。
ぶっぱというとよくない印象がありますが、確定じゃなくても振ってくる、という
選択肢を相手に植え付けることは大きなアドバンテージになりますからね。
そのスタイルを貫くといいと思います。
でも皆殺し引いたらwwww露骨に前ダッシュで接近してくるのはwwwwやめてくださいwwww

>セアさん
大会参加お疲れ様でした~。
時間内のはっきり順位の分かる形で収めるのを優先した結果
対戦会としての達成率はイマイチでしたね。
まぁ、これもやってみないと分からない話。
2試合に限り同時対戦とか、2on2の早稲田式とか色々考えてみます。
というかセアさんの本気具合が怖いでござる。

>K2
( ゚д゚)、ペッ
自分の力で勝ったのではないぞ。
そのキャラ性能のおかげだという事を忘れるな!
次回はランダム対戦なしの方向で。
サブ育成はキャラ対の意味でもやって損はないと思いますよ。

時計
プロフィール

sigen

Author:sigen
理由が無い事に意味など有るわけがない

動画
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


NewsBoard
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
世界樹の迷宮
■世界樹の迷宮Ⅲレポート

世界樹の迷宮Ⅳ ~伝承の巨神~
当サイトは「世界樹の迷宮」シリーズを応援しています
逆引きリンク
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。